虹猫椿

まったり恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。お気軽にどうぞ♪

夜の花 

Making Twilight

 その日。小菊は突然の夕立に往生していた。
 父親の晩酌用の酒を買いに来たので、急ぎ家に戻りたかったがすぐにはやみそうにない。
 走ろうか雨宿りをしようか軒先で立ちすくんでいると、横から傘をさしかけられた。
 驚き振り仰ぐと、知った顔があった。
 名は佐吉。忙しいのか長屋には寝に帰るだけのようで、同じ棟に住んでいる小菊も顔を覚えるまでに二つほど季節を過ぎていた。
「入りやすか? 確か、同じ長屋でしょう」
 反射的に「いいえ」と断ってしまう。
 挨拶はした事がある。生業は知らないが、どこぞの商家に呼ばれて雇われた職人だろうとは、カンザシ職人の父の見立てだった。
 悪い男ではない。けれど、素生のしれない男と肩を並べることは難しかった。
 会釈を残し、そのまま走って逃げようとしたら、雨に足を取られて鼻緒が切れてしまった。あっと思ったときには身体がかしいだ。
 徳利を抱いたまま目をきつく閉じたけれど、小菊が地面に倒れこむことはなかった。
 ふわりと鉄臭い不思議な香りに包まれ、ゆるゆると目を開けると支える腕があった。
 佐吉だった。傘をさしたままで、倒れそうな小菊を抱きとめていた。痩躯に見えていたので、小菊を軽々と抱きとめた力に驚いた。
「持っていておくんなせぇ」
 佐吉は茫然としている小菊に傘を渡し、しゃがみ込むと切れた鼻緒を簡単に直した。
「それじゃぁ、あっしはこれで」
 小菊に傘を持たせたまま去ろうとするので、今度はあわてて佐吉を呼び止める。
「あの! 同じ長屋ですから、やっぱり……」
 最後までうまく言えず足元に視線を落とす小菊に、佐吉は黙ってうなずくと傘を持った。
 戸惑いに震えたのはどちらが先か定かではないが軽く触れた佐吉の手は固く分厚かった。
 肩を並べている間、小菊の口から言葉は何も出てこなかった。
 佐吉もしゃべらなかった。だから佐吉が何を思っていたのか小菊にはわからない。
 ふたりきりの道行きを雨の音が包み込む。
 別れる時も会釈をしただけで、佐吉は簡単に背を向けた。小菊に傘のほとんどをさしかけていたから、着物を絞れば水が滴るほどに重く濡れている後ろ姿が遠ざかっていく。
「生きた小割物に出会っちまった」と雨に溶けそうな声で聞こえた気がするけれど、今でも小菊にはその意味はわからない。
 一年が過ぎても、佐吉はどこか不思議な男のままだった。忙しいのか夏も冬も出ずっぱりで、凍えるような乾いた日は長屋に帰ってこない。そのくせ雨の日や梅雨時期は、日中でもその姿を見せる事があった。
 誰にでも挨拶はするが気さくとは言い難く、どちらかといえば会話は苦手な口で、礼に小鉢に入れたに物を持っていくと「ありがてぇ」の一言ぐらいはくれるがその先はなく、眼差しに潜んだ熱だけが炎のように揺れる。
 もどかしさが慕わしさに変わり、想いが募っていく。思うように会えないのが辛くなる。
 ある夏の日の事である。
 小菊は納涼の花火大会に佐吉から誘われた。
 寝る間も惜しむように仕事に出ていた様子なのにといぶかしく思っていたが、惚れた男からの心弾む誘いには違いなかった。
 ふたり宵闇に歩きだす。人ごみの中、はぐれちゃならねぇからと差し出された手に、そっと手を添えたらしっかりと握られる。
 ただそれだけで、小菊の心臓は踊りだした。
 河川敷で花火を待つ間、佐吉が言った。
「今日の尺玉はあっしが作りやした」
 いつも火薬臭いでしょうと苦笑する。
 花火職人と明かし、花火について語りだした佐吉は饒舌だった。
 割物が大きく丸く開く花火。
 小割物は小さな玉を放出して、多数の小花を一斉に咲かせる花火。
 花火がどれほど素晴らしいか流れるように語っても、佐吉の話には終わりが見えない。
「夜を照らす星や花を作ると言えば聞こえはいいが、あっしの仕事は危ねぇもんです」
 神経をとがらせていても、火薬をあつかっている限り、いつ何が起こるかわからない。
 それでも花火師をやめられないと苦笑する。
「とんだ花火狂いと笑われますがね……小菊さんを初めて見た時……小割物だと思いやした。触れちゃならねぇ綺麗な花だ」
 つないだままの手に、強く力が込められた。
 意を決したのか、ひたと見つめてくる真剣な眼差しに、小菊は息が止まった。
「でも小菊さんは一瞬の夢じゃねぇ」
 周りの人たちの歓声も、打ち上げられ始めた花火の音も、小菊には聞こえなくなる。
「一生、あっしの側で咲いておくんなせぇ」
 ドンとひときわ大きな音がした。佐吉の眼差しで、彼が作った最高の尺玉だと知る。
 夜空に咲いた大輪の花の下。
 小割物よりも鮮やかな微笑みを浮かべ、小菊はゆっくりとうなずいた。

PageTop▲

なんだかなぁ(愚痴注意 

未分類

すっかり冬ですね。
みなさまもお身体に気をつけてお過ごしください。
ここから先は愚痴なので、レッツ・Uターンで。

PageTop▲

ブラック・サンタ 

Making Twilight

窓から黒い服を着た男が入ってきた。
幽閉された私のところには、赤い服のサンタクロースはやっぱりこない。
先日処刑された父様よりも、もっともっと若い気がする。
黒いサンタクロースは、白いひげのあるおじいちゃんではなかった。

「お静かに」と男は言って私を抱きあげる。
どこに行くのだろう?
このままここに居たいわけではないけれど。
同じ場所で処刑されたら両親と天国で会えたかもしれないのに、それも叶わない。
それがとても悲しい。

「私が悪い子だから連れて行くんでしょう?」
思わずそんな言葉がこぼれ出た。
悪い子のところにしか、黒いサンタクロースは来ないのだ。

少し驚いた顔をした後で、男は薄く笑った。
何かを思いついた顔で、サイドテーブルの上にあったメモに、サラリとペンを走らせる。メリークリスマスの文字がチラリと見えた。
明日の朝、このメッセージを看守が見つけたら、さぞ驚くだろう。

「今の王様を滅ぼす悪い奴らの国に、仲間として貴女を連れて行きます」
黒服のサンタクロースは窓から抜けだした。
スルリと細いロープを伝って私を抱えたまま闇の中を素早く動く。
建物から離れた森の中、隠していた馬に飛び乗ると疾走を始める。
赤鼻のトナカイはいなかったのが、残念だった。

夜風が冷たく頬をなでてすぎる。
今夜から私も、黒服のサンタの仲間になるのだ。




あおさんは黒とクリスマスをお題に140字小説を書いてもらえます。
#140字小説が読みたい
https://shindanmaker.com/759560

PageTop▲

邪眼は月輪に飛ぶ 

小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

作品名  邪眼は月輪に飛ぶ
作者名  藤田 和日郎
出版社  小学館

「むかしむかし あるところに おそろしい鳥がおった」

 昔々からはじまる物語は多いけれど、藤田先生の描く物語は「むかしむかし」の想定を超えていると思う。
 あらすじをチョロチョロッと抜きだすけれど。

 東京湾で座礁した米軍の空母から一羽の鳥が逃げた。
 そのことで多くの死者を出す。
 逃げたのは邪眼を持つ恐ろしい鳥だった。
 CIAのエージェントやデルタフォースが出てくるのですが、根底にあるのは日本の「むかしむかし」の物語。

 始まりはディープだけど、読後は胸があったかくなるのです。
 これ、藤田さんのすごいところだと思うのだけど、GPSや文明機器を駆使したり、スナイパーが勢ぞろいしたり、ハリアーが月に向かって飛んでも、戦うのは人間自身で、山の拝み屋さんや科学では説明できない不思議も息をしながら光を放っている。

 物語のキーを握るのは、猟師の鵜平とその娘・輪なのですが、この鵜平さんが、とにかくいい。
 不器用で、昔堅気で、情に厚くて、とにかくかっこいいのですよ。
 渋いジジイって最高! かっこいいを百連発しても足りない!
 強さも潔さも弱さも秘めて、背中で語れるジジイは良い。
 娘の輪ちゃんもけなげで可愛いのです。
 個人的にデルタフォースのマイクが推しだったり!(おい!
 CIAのケビンさんもなかなかの喰わせ者で良い。
 邪眼との戦いがメインなのですが、家族ってなんだろう? って問いかけに対する一つの答えが見えるような……うん、うまくは言えないけど。
 立ち向かっている宿敵なのに、邪眼の持つ悲哀もいい。
 うん、鳥だけど! 鳥だけどね!

 結局のところ、全部が良い!(笑
 こういうお話好き。いつか書いてみたい。
 書けるものなら、書いてみたい。
 かっこよいしジワジワと萌ゆる。
 何が言いたいのか、自分でもわからないけど!
 良いんだ、良いモノはどこまでも良いって言うのが正解なのだ。

 藤田さんの本は読み切りって少ないと思うけど、この作品は一冊で完結しています。
 かっこよくて、戦いもあって、心の交流やほっこりもあって、ギュッと凝縮された大満足の一冊なのです。

PageTop▲

リンゴ♪ リンゴ♪ 

腹ペコのその時に

リンゴの季節ですね♪
そろそろ紅玉も終わりになるかしら……見かけるのはふじやシナノスイーツがメインで、千秋もあるけど、紅玉は見なくなりました。
紅玉を見なくなったら、みかんを買おうかな~と毎年思います。

紅玉、好きなのです。
ギュッとつまった身のしっかりしたところも、酸味のある甘酸っぱさも。
小振りだけど香りもいいし、アップルパイやジャムに最適♡
加熱してもリンゴらしさを主張していて、愛しい。

ふじもいいですね♪
果肉がしっかりとしていて、糖度も高いうえに酸味もキチンとある。
安定して栽培されているのか手に入れやすいし、蜜入りのふじの売り出しがはじまると飛びついてしまいます。
生で食べるのもいいですが、薄くスライスしてバターで軽くソテーするのもいいですね。
アイスを乗っけたりするとたまりません♪

今年食べた可愛いリンゴといえば、恋空。
軽い食感と爽やかな甘みがあって、これはそのまま食べるのが一番おいしいと思いました。
わりと小ぶりでサクサクした歯触りも思春期っぽくて、酸味が少ない優しい感じのリンゴでした。
やわらかくって爽やかで、これは加工しちゃいかんでしょ!
良いネーミングだな、恋空。

あと、最近よく見かけるのが千秋、
実を言うと今年はまだ食べていません。
でも、去年の記憶を引っ張り出してくるとリンゴらしいリンゴだった気がするので、次の買いだしで狙っています。

色々品種ごとに語ってみたけど、食べ比べで品種あてできるほどは詳しくないです。
でも、リンゴは美味しい。リンゴは尊い。
夏祭りのリンゴ飴も、普段スーパーで買うリンゴも、大好き。
艶々とした赤いリンゴを見るとなんだか嬉しくなります。

PageTop▲

万能塩コンブ・豚コマ肉とゴーヤ炒め 

腹ペコのその時に

秋、ですね。
冬の匂いもしはじめている気がするけど、まだ秋ですね。
夏はいつ終わったかわからないけど、今年は秋が長くて嬉しいです。
前回の更新は、暑い暑いさなかだった気がするけれど、いつの間に時間が過ぎていたのやら……内心プルプル震えながらも、素知らぬふりをして続けます。

今年の夏のヒット・食材と言えば!
ゴーヤと塩コンブのベスト・コラボでした~♪
うん、もうゴーヤを見なくなったけど、そこは気にしない。
季節にピッタリは大事なことですが、今年の夏はまったものを書いておかないと、来年の夏に思い出せそうにないのでポチポチッと書きとめておきます。

夏の終盤、豚コマ肉とゴーヤの炒め物にはまりました。
フライパンで豚肉を先にカリッと香ばしいぐらい炒めて、ゴーヤの薄切りを加えて、味付けがわりに塩コンブを投入して炒め合わせると出来上がり♪
本当に簡単! 暑さで頭がぼーっとしていても、失敗しない♪
しっとり感が欲しい人は、塩コンブの投入と同時に、ほんの少しお酒をふってもいいですね。

良いですよ、塩コンブ。
面倒くさい計量がいらないし、分量を気にしなくても味が決まる。
少ないとちょっと薄味すぎるかもしれないれど昆布のうまみでそれほど気にならないし、ドーンとたっぷり好きなだけ入れてもおいしい。
塩分過多になるので入れすぎ注意ですが。
豚コマ肉の炒め物とビールと豆腐があれば、食欲不振とは無縁で夏なんて怖くない♪
怖いのは体重計だけだよ。うん。
ほんと、夏バテ知らずは体重計との戦いだった……負けない。
マッスル鍛えて健康になるのだ☆

PageTop▲

ツルンと水晶鶏♪ 

腹ペコのその時に

 夏も終わりが近づいてきましたね!
 と、見せかけて体温より高い気温を記録し、溶けそうな西日本からお届けしております。
 油断していた訳ではないけれど、さすがにばてました。
 しぶとい夏だ……そろそろ秋の準備をしてもいいのに。

 とにかく暑い!
 こんな時にはヒンヤリして、喉越しが良くて、美味しいものを食べたくなります。
ツルっと美味しい定番と言えばそうめんなどの麺類なのですが。
 炭水化物に偏るので、栄養的には今ひとつなのが残念。

 バランス良く食べるのが一番なのですが、特にプラスしたいのはたんぱく質ですね。
 身体や筋肉を作るのに必要な栄養素として紹介されることが多いですが、免疫機能を高めるための抗体を作り出すのはタンパク質なのです。
 病気にかかりにくい身体になるっていいよね♪

 そして心の素(神経伝達物質)を作っているのもタンパク質らしいのです。
 嬉しいや悲しいと感じるために必要な心の素が減ると、気持ちが疲れて身体まで錆びついてしまいます。
 あ~気持ちが疲れちゃった。
 身体だけじゃなくてメンタルも鈍くなってダウン寸前。
という時には、タンパク質が足りてないのかもしれない。
 もちろん食事に即効性はないし、まんべんなく多種の食品を摂取しないとたんぱく質も活躍できないので、ビタミンやミネラルもお忘れなく!
 なんて、難しいことをあれこれ言っても「へ~疲れてるから面倒くさいことはどうでもいいや」になるのが夏バテの時(笑)
 アレコレはちょいと流して、疲れた時は美味しいお肉や豆腐を食べればそれでいいのだ♪

 優良たんぱく質の代表と言えば、僕の一押しは鳥のササミ。
 脂質が少なくてカロリーも低いのです。
 淡白だから、夏にばてた時にはぴったり♪

 最近のお気に入りは水晶鶏です♪
 まんべんなくまぶした片栗粉のおかげで、ささみ特有のパサパサ感が和らぎます。
 作り方はとっても簡単♪

 鍋にたっぷりのお湯を沸かします。
 ササミを一口大に切って、お塩とお酒で軽くした味をつけます。
 片栗粉を肉全体につけて、お湯でゆでるだけ♪
 氷水にとって、出来上がり―!
 お皿に盛りつけて、お好みのたれで食べるだけ。
 片栗粉がプルンとコーティングしているから、ツルっとした食感なのです♪

 味付けですが、お好みでどうぞ。
 小口ねぎを散らして、梅肉で食べるのもいいですね。
 僕はレタスやトマトのサラダの上に乗っけて、ポン酢や青紫蘇ドレッシングで食べています。
 ちなみに生野菜のサラダにすると、包丁を使うのはお肉を切るときだけです。
 片付けもとっても楽です。
 お皿に盛りつけた野菜の上にお肉を乗っけるだけで、一品で満足できるおかずが出来上がりって嬉しいです♪

 ササミはちょっと……という人は、鳥の胸肉もおいしいですよ。
 淡白な味のお肉が水晶鶏には合う気がします。
 まだやったことないけど、白身のお魚もおいしそうだ……ジュルリ☆
 適度なたんぱく質を食べることで疲れにくい心と身体になるっていいね~残暑に負けず美味しくハッピー♪

PageTop▲

パーフェクトな時間? 

腹ペコのその時に

夏ですね。
口癖のように「暑い!」と言っているけど、北の大地は涼しいとか……西日本の熱をシェアしたい今日この頃。

明け方は少し過ごしやすくなった気がしますが日中の気温が30度を超えているので、ばてないように色々と食事に工夫をしています。
食べずにバテルのが一番よくない。
かと言って、欲しくない時は、どんなに頑張っても欲しくない。
そういう時は、ちょっとわがままに生きてみようかな―って思って実行してみるのだ♪

手っ取り早く栄養補給するのって甘いものだよね!
と、いうことで、スーパーにGO♪

まず、使い捨ての紙コップを買います。できればビールなどを入れる透明なビニール製。
そして、お好みのデザートをいくつかチョイスします。
カステラ・ゼリー・フルーツ・アイス・生クリーム・・・・・・フルーチェなんかもいいよね。
そして、コップの中に好きなものを好きなだけ詰めれば出来上がり~♪←え?

いや、大ざっぱすぎるのはわかってるんだけど(笑
これってほんとに好みだからさ。
独りじゃ食べきれないから~って友達を呼んだり、長期休暇で退屈してるお子さんに「今日のおやつだよ」って作ってもらうのもありだと思うのだ。
そうそう、アイスだけは最後にしましょう!
先走ると完成する前に溶けてしまって悲惨です。

甘い物を毎日食べるわけにいかないーって時は、サラダもいいよね♪
コーン・きゅうり・ハム・カニカマ・シーチキン・トマト……小さく切って、お好みの材料を食べたいだけカップに入れたら出来上がり。
ドレッシングを食べる直前にかけると水っぽくならなくていいですよ~食べたいものを食べたいだけちょっとずつって、舌だけじゃなくて目にも嬉しいよ♪

僕がいうのもあれなんだけど、今、子供たちが夏休みだよね。
お盆にお手伝いがてらパフェサラダを子供たちに制作してもらったら、すごく楽しそうでした。
振り向くと、一人一本ずつ配給する海老フライが頂上にあって、ちょんまげみたいに刺さってたけど(笑
その発想が面白いから、楽しみながらできるお手伝いっていいなーって思うんだ。

真面目になんでもがんばるお母さんを、僕はよくそそのかすんだけどさ。
ガラスの器で作るとエコですがそれなりに洗うのが大変なので、大人も夏休み気分でいいと思うよ。
ええやん、毎日やることやってんだから、たまに使い捨てのコップを使うぐらい。
それが当たり前になりすぎると怖いけど、力を抜く部分があってもいい。
切って詰めるって、簡単そうで意外と手間が必要だから、一緒の時間を持てるし。
教えるってかなり大変だし、売り物のように綺麗にしようと思わずしたいようにさせるってものすごく忍耐と寛容度を試されるけど。
使い捨てでも充分パーフェクトなのだ。と言ってみる(笑

これだけは外せないって部分だけ押さえておけば、すべてを頑張らなくていいんだよ~世の中のお父さん、お母さん、いろいろ大変だと思うけどファイトだ☆

PageTop▲

あいのうた 

詩集 Blre blue Cat

遠くから 声が響いてくるんだ

くすぐるような優しい声で
ほんの少し 頼りないやわらかさで
夜明けのさみしさを うたうように

あいってやつは
気弱に揺れるだけの
恥ずかしがり屋だから

すぐ側にあるのに
あいまいに溶けてしまうんだ

あいも 藍も 愛も 逢いも
捕まえようとすると すり抜けてしまうから
いつでも手放せる冷たさで 僕の歌をうたうよ

今はまだ 小さな声で
ささやかなハミングだけど

聞こえてくる歌は 鳥のようにのびやかだから
ぼくもまた空を見て 手を伸ばし 翼を広げる

あいに惹かれて
飛び立つ空は いつも青

PageTop▲

キッチン(読書感想?) 

小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

作品名  キッチン
作者名  吉本ばなな
発行所  角川文庫(初刊行は福武文庫)


「私がこの世界で一番好きな場所は台所だと思う。」

 そんな書き出しの一文を思い出したのは、祖母が亡くなった日だ。
 仮通夜の日だったか、通夜の日だったか、それは忘れてしまったけれど。

 やることはいっぱいあって、とにかく慌ただしくて。
 人が一人、この世界から消えてしまう、その大きさを感じる間もなかった。
 気持ちはポカーンとしたまま、とにかく平静を保つのを心がけようと自分に言い聞かせて、個人的な苛立ちやもどかしさを横に置いて「やるべきこと」に手をつけている間。
 唐突に浮かんだその一節がずっと頭から離れてくれず、気になって気になって、とにかく読みたくて。
 私の人生の中で、この本を読むのにピッタリくる時間は、今この瞬間しかないと思ってしまうぐらい、強く思いだしたから、葬儀が終わった後で押し入れの中をあさった。

 キッチン。
 記憶力に自信はないのだけど、奇跡的に題名も覚えていた。
 ページをめくると、ほのかに光る街頭とか、夜に静かに響く冷蔵庫の音とか、他愛のない会話とか。
なにげないことが積み重なる、ひたすら優しい世界が本の中にあった。
 なんでもないようなことが特別で、些細なことが愛しい感じがして、なんとなくこの本が手放せなくなってしまった。
 それから初盆が過ぎてしまうまで、どうしてか自分でもわからないけれどカバンの中に入れて持ち歩いていた。

 人が一人、この世界から消えてしまうって、身近にいる人以外には関係ないことだけど。
 当事者にとっては関係がありすぎて、理解が追いつかない。
 生まれる前から同じ場所にいた人だけがすっかり消えてしまったのに、日常のいたるところに「その人が今まで生きていた時の痕跡」が独特の気配をまとったまま色濃くあって、なんでもないようなことが切なくなる。
 今まで当たり前に居てくれた場所に、その人だけが永遠に不在なのだ。

 つらいとかかなしいとか泣きたいとか。
 そういった感情がスコーンとどこかにいってしまい、ポカーンとした穴があいた感じは言葉にはしにくい。
 気持ちの置き場がないという言葉があるけれど、置くべき気持ちそのものが迷子になったような空白。
 それは私だけのものなのだけど。
 あの日、唐突に思いだした一節。

「私がこの世界で一番好きな場所は台所だと思う。」 

 私の中心に心の椅子があって。
 座るべき気持ちの中心が迷子になったとき、本を読みたくなるのかもしれない。
 今はやるべきことがあるからいろんなことを保留にしたいから、主人公のみかげにちょっとだけ座ってみる? って、少しだけ席を譲っておやすみして、そこから自分の様子も見るみているような感覚……とでもいうように。
 でも、向き合う気がまえとか絶対に読まねばという焦燥感もなくて、挨拶をするみたいに気軽な感じで、気がついたらページをめくってしまう。

 人が本当に疲れた時、疲れている最中は気がつかないのかもしれない。
 やるべきことのほとんどが片付いて次にやるべきことがもうないと気がついたとき、もう自分を中心に動いていいんだよと言われたとき、空白が襲ってきて動けなくなる。
 自分自身を癒すとか、疲れている自分に気がつくとか。
 祖母の初盆が終わった後で心の穴に気がついて、それが思いのほか大きいから言葉がうまく出てこなくなったりしているのだけど。

 自分でも何を言っているのかよくわからないけれど、祖母を亡くしてから優先すべきことを手につけているさなか、キッチンのことを思っていた。
 ただそれだけのことが、とても不思議。

 自分でも不思議だけど、台所が好きだ。
 台所から生み出されるさまざまな料理も好きだ。
 ちょっとぐらい失敗しても、生きていたらお腹がすくし、美味しいものはどこまでも美味しい。

 気持ちが少し疲れてしまって、休んでるわけでもないのになんとなく動けなくなって、またなんとなく動けるようになって、何かを始める場所が必ずあって。
 それが、台所だったら幸せだと思う。

PageTop▲

««

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました