小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

優しい存在

 ←「すべては鏡」 →大切な人
転んで泣いている人に対しては、無条件で行動を選べる。
慰める。抱きしめる。励ます。見守る。
相手の痛みは当事者だけのものだから、判断をつけるのも簡単。

対人問題で泣いている人に対しては、無責任に同意しない。
冷たいと責められても、わかる範囲で確かめる。
泣いている人は当事者だから、自分の主観と経験しか話せない。
相手の立ち位置からの視点を想像できるなら、まるで無関係な他人に相談せず自分自身で解決できるはず。
話を聞いても私自身は無関係な第三者だということを忘れない。
トラブルの相手をジャッジすることは、立場を超えた行動になる。
第三者なのに調子に乗ってジャッジしていると、いつか見知らぬ誰かにジャッジされる。

完全な中立は難しい。
第三者が発する言葉は無責任に傷つける刃でしかない。
表面だけの気軽さで言葉を紡げば、気付かぬうちに相手の心を殺す。

トラブルの相手にも尊厳がある。
その人だけの主観と経験がある。その人も泣いているかもしれない。
調べて確認ぐらいはできるけれど、それが正しいかどうかなんて、第三者に判断はできない。第三者はその問題に、どこまでも無関係なのだ。
一方的な視点で話を聞いて勝手なジャッジを下すと、問題の渦中にある当事者たちを軽んじることにもなる。

泣いている人は、自分で解決することもできない人か?
泣いている人は、自分の生き方に責任を持てない人か?
泣いている人は、自分の喧嘩に友人を巻き込んで平気な人か?
自立することができないほど、どうしようもなく無力な人か?
手を差し伸べることで、その人の問題解決能力を奪っていないか?

泣いている人を助けたい、問題を解決してあげたいという思いは尊い。
だけど、代理で問題解決することや先回りした支援は、自立と責任を奪う。
自立した大人として行動をとれないほど無力で判断力がない人だと、無意識に決めつけている気がする。
人生を肩代わりしてあげることはできない。

相手の問題は、相手の責任で解決するもの。
個人と個人のトラブルは、当事者同士で解決するもの。
相談は受けても、問題解決のために手出しはしない。
ほんの気まぐれで手助けすることはできても、この先ずっと援助することはできない。

問題を解決してほしいと頼まれても、断る勇気が必要。
断ったことに驚いて逆上するなら、それはもう友人ではない。
友人は利用できる便利屋ではない。
冷たい、優しくない、ひどいって言われるけどさ。
問題が起こっても、自分でなんとかしようぜって話なのだ。

自分のことは自分で解決する、冷たい人間で十分だ。
自立した人の近くには、自立した人が集まると思うんだよね。
いい大人同士なんだから、自分の足で立っていれば、自然と問題もおこらなくなる。
平和が一番だよなぁ。

相手の問題、自分の問題。
優しさの基準も人それぞれ。
へこたれるのはいいし、誰かに話を聞いてもらうのもいい。
問題が起こった時、他人に責任を投げないだけで、優しい存在なのかもしれない。

なんだか、考え過ぎた。
幸せブーメランになっていない(汗)
誰か頭なでてください"(ノωヽ*)"←オイ!

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【「すべては鏡」】へ
  • 【大切な人】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「すべては鏡」】へ
  • 【大切な人】へ