短編集 恋の卵

キスから始まる

 ←青 →空
「僕とキスしない?」
 突然言われて、私は目を見開いてしまった。
「どうして?」

 からかっているだけだよね?
 問い直したかったけれど、喉に声が張り付いてしまう。
 付き合ってもいないのに、真田君とキス、なんて。

 しんとした教室に染み込むのは、クスクスと響く真田君の笑い声だけ。
 放課後の教室には私たちの他に誰もいないから、二人でいることに息がつまりそうだった。
 必要以上に意識してしまって、指先が震えて文字が書けない。
 日誌を提出したら日直の仕事も終わるのに、動揺して記載する手が止まってしまう。

 真田君と私はクラスメートだ。
 挨拶はするし、三年間にわたって、なぜか同じクラスだった。
 だけど、特別な会話はしたことがない。
 明るくてとても目立つタイプの真田君と、不器用にコツコツ隅っこで作業する私は、はっきり言って別世界の住人だから、ずっと同じ教室にいるのに会話なんてしない。
 挨拶はするけど、こうやって日直が重なる日もほとんどないのに。

 キス。
 思わず左手の人差し指で、自分の唇にふれてしまう。
 いつかは誰かとしてみたいと思っていた。
 小説を読んだり、映画を見たり、夢見る気持ちで、いつか私も恋をして……それは本当にふわふわした憧れで。
 希望みたいな淡いときめきだったから。
 いたずらみたいに軽く誘われるなんて、思ってもみなかった。

「私、好きな人としか、キスしない」
 別に宣言なんてしなくていいのに、つい、そう言ってしまった。
「なら、いいよね。いつも目が合うの、気づいてる?」
 僕のこと好きでしょ? なんて当然のように言われて、否定しようとしたけど息が止まった。

 毎日、毎日。
 その横顔も、後ろ姿も。
 確かに私は、真田君を見ていた。
 人の輪の中でキラキラした笑顔でいる姿を、心のファインダーに焼きつけている。
 正面から顔を見ることはなくても、遠くから見てふわりと光が差す気持ちになるぐらい。

 これが、好きってこと?
 自覚してなかった気持ちが急に形を持ったことが怖い。
「教室の中にいても、グラウンドに出ていても、ふとした瞬間に視線がぶつかる」と真田君に指摘されるまで、自分の行動に気付かなかったなんて。
 明らかに挙動不審になった私に、笑顔を消して真田君は真顔になった。

「園田のこと、好きだから」

 好きって言った。
 私のことが好きだって。
 真田君の言葉が頭の中をクルクルと踊りはじめる。
 私の気持ちを勝手に想像した後で、真田君の好きを投げてくるなんて。
 目で姿を追いかけていたことさえ気づいていなかったから、私の気持ちが迷子になる。

 ううん、本当はわかってる。
 好きを受け取ればいいだけなのに。
 だけど、返事のしかたなんてわからない。
 思わずうつむいてしまう。

 大きな手が、私のほほにふれた。
 こぼれ落ちてきた私の髪の毛を後ろにすくい上げ、そっと耳にかける。
 指先は離れずに頬をたどり、そのままあごを上向かせるぬくもりに戸惑った。
 真田君、と呼びかける声を思わず飲み込んだ。

「嫌なら逃げていいよ」
 そんなこと言われても、目を閉じることしかできない。

 真田君はすぅっと顔を近づけてきた。
 吐息が、頬にかかる。
 反射的に身を引きかけたけど、あごに添えられた手が許してくれなかった。

 触れる唇。
 お互いに、震えていた。
 ああ、真田君も戸惑ってるんだ。
 そう思うぐらい触れ合うだけで、でも離れがたくて。
 もう少しだけちゃんと触れたい。

 もどかしさを残して、ぬくもりが離れたので目を開ける。
 横を向いた真田君は不自然に耳まで赤くなっていた。
 ねぇ、と顔を覗き込もうとしたら、そのまま背中を向けてしまう。
 照れているのがはっきりわかる耳の赤さに、私は思わず笑ってしまった。
 自分からぐいぐい攻めてきたくせに、実行したら挙動不審になるなんて。
 どうして? と思うよりも可愛い。
 ツン、と指先で背中をつついた。

「私も、真田君、好きよ」

「知ってる」と返ってきた声が裏返っていた。
 照れたり、恥ずかしがったり、なんだか意外だけど。
 今まで知らなかった真田君の姿で、胸がいっぱいになる。
 きっとこれが愛おしいという気持ち。

 私の恋は、キスから始まる。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【青】へ
  • 【空】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【青】へ
  • 【空】へ