「英雄のしつけかた」
第一章 王都で暮らしましょう

第15話 どうしたものかとぼやいてみる 2

 ←第14話 どうしたものかとぼやいてみる 1 →第16話 どうしたものかとぼやいてみる 3
 玄関が終わっても、上階の廊下や、自分たちの部屋まで片付けが待っていた。
 大雑把にかたよせても、一日仕事だ。
 今日の鍛錬や、隊の規律や若者を育てるための教本をまとめる作業は明日にまわすしかない。

 普通の青年のような表情で視線を交わし合う。
 馬車と住宅は違うのだと言って、ここは魔界ですの? と怒っていた顔を思い出す。
 今まで気がつかなかったが、居住を定めて普通の人を雇うことは流派の生活とはまるで違う。
 一般市民と暮らすだけでも、自分たちの職業を考えれば本当に大変なことなのだ。
 掃除だけで身にしみてしまった。

「まぁ、料理はうまいし、よく笑うし、ずっとここにいるつもりなだけ、マシじゃないか?」
 黙々と作業して一階が片付き、二階に移った頃、ポロっとラクシがそうもらした。

「ラクシ~何を気楽に……」
 キサルのぼやきにサガンがボソッと言った。
「俺たち、遺体や魔物の死体をそのまま家に持ち帰ることだってあるんだ。そのたびに卒倒するような女だったら、ここにはいらない」
 あれなら大丈夫だと腕を組んだ。
 キャーキャー騒いでも不浄を隠した布をめくって、どんなものか確かめる度胸と勇気がある。

 まぁな、といくつものうなずきがかえる。
 普通、そういった遺体や不浄などは、魔物と戦う経験の少ない者なら傭兵だって怯えるのに。
 気持ちが悪いですわね、ともらして終わりだ。

 間違いない。
 そのぐらい簡単に想像がついた。
 お仕事でしたら仕方ありませんとその辺は割り切って、庭に不浄の品を置いても、そこは目をつぶるだろう。
 掃除のような日常のことはともかく、雇われ人の自覚だけは職業婦人の鏡ほどミレーヌはあるので、流派の仕事には口を挟まない。

 確かにそうなんだけどとうなずきながら、それでも渋い顔になる。
 ニコニコしているし、愛嬌もあるし、ため口を叩く娘の存在など、いまだかつてない体験だった。
 非常に扱いに困る。

 全員が眉根を寄せる。
 女房でもない女なのに、雇いの家政婦の尻に敷かれてしまったと奇妙な悩みが生まれた。

 てんでに今後ミレーヌがとりそうな行動について、あれこれと語り始める。
 きっと、遠征後は血や泥を落とさないと家には入れてもらえない。
 潔癖そうなので、花街の女の話題を出したら軽蔑されそうだ。
 仕事柄、定期的に花街へ出入りするのだが。
 その状況が簡単に想像でき、こめかみを押さえた。
 さすがに、尻に敷かれっぱなしは面白くない。

 突然、フッとラルゴが笑った。
「大丈夫だ。俺らがずいぶんとまともに見える奴が、まだ帰ってきてないぞ」

 思い出した。
 ポン、とそろって手を打った。
 重要な人物を忘れるところだった。
「おお! いた!」


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第14話 どうしたものかとぼやいてみる 1】へ
  • 【第16話 どうしたものかとぼやいてみる 3】へ

~ Comment ~

NoTitle 

こんばんは!
ミレーヌの精神強すぎる(笑)
「気持ちが悪いですわね、ともらして終わりだ。」の部分、うん、言いそう。一瞬顔をしかめて、さらっと言って、窓から投げ捨てそう(;´∀`)
次回も楽しみにしてます!

Re: NoTitle 

> こんばんは!
> ミレーヌの精神強すぎる(笑)
> 「気持ちが悪いですわね、ともらして終わりだ。」の部分、うん、言いそう。一瞬顔をしかめて、さらっと言って、窓から投げ捨てそう(;´∀`)
> 次回も楽しみにしてます!


ようこそいらっしゃいませ~♪
ミレーヌさん、良識のある人ですが非常にタフです(笑)
こういうタフな人になりたい~と、打たれ弱い私の憧れが詰まっていますw

兄貴たちも「流れの傭兵」生活を基盤にすると、非常に良識がある人たちなんだけどな~もうちょっとしたら、本当に非常識な人が出てきます!

楽しんでもらえてるようで、嬉しいです(#^.^#)

アニキ臭がどんどん濃くなるので、ときめきをいただきにおじゃましますね~❤

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第14話 どうしたものかとぼやいてみる 1】へ
  • 【第16話 どうしたものかとぼやいてみる 3】へ