スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←金魚すくい →祭囃子とリンゴ飴 前編
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【金魚すくい】へ
  • 【祭囃子とリンゴ飴 前編】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編集 恋の卵

鎮魂花火

 ←金魚すくい →祭囃子とリンゴ飴 前編
 見上げれば、目に眩しいほどの青い空です。
 湧き立つような白い雲が、空の半分を占めています。
 音をたてて梢を揺らす風が、あの日のように薫るのです。

 あなたと私は、幼いころに一度だけ顔を合わせました。
 それは夏祭りの日でした。
 家と家とが決めた許嫁だと紹介されても、私には何のことかわかりませんでした。
 ただ、他の誰よりも仲良くすればよいのだと、そっと母にささやかれてうなずきました。

 宵になって祭りが始まる頃に、あなたと私は神社に向かいました。
 本当はもっと早くの時間から神事は行われていたのでしょうが、赤い提灯に浮かぶ神社で踊りを奉納するのが、幼い私にとってのお祭りでした。
 五歳上のあなたはニコニコと笑いながら、頼る私の手を引いていました。
 お互いの両親も笑いながら、私たちの後ろを歩いていました。
 提灯の明かりを透かして、飴売りから買ったべっ甲飴がキラキラと光りました。
 白い狐の面をかぶって、コン、と鳴いてあなたは私を笑わせました。

 別れの時は悲しくて、また会いましょうと言いました。
 必ずまた会いましょうと小指をからめました。
 その約束はじれったいほど果たされませんでした。
 互いを結ぶのは、途切れることのない文だけでした。
 そのあとすぐに、遠い異国の地へと大人の男たちが出征し、多くの血が流れることになるなんて、誰が予想できたでしょう?

 次第に物がなくなりました。
 着るものも、道具も、壊れても直すしかなくて、とうとう壊れきってどうしようもなくなっても、どこにも売っていないのです。
 次第に小さくなる服を悲しく思いながら、母が古着をほどいて作ってくれた服にそでを通しました。
 膝がすり切れたらあり合わせの布でつぎました。
 この我慢がすべて、お国のためになるのです。

 それでも、私はまだ恵まれていたのです。
 もともと豊かな家でしたから、新しくなくとも着るものがありました。
 満たされるほどではなくても、毎日、食べるものがありました。
 すぐにこんな生活は終わると誰もが思っていました。
 それは儚い夢だったのです。

 次第に恐ろしくなりました。
 いつまでこんな生活が続くのでしょう?
 問いかけても答えられる人はいないのです。

 勝つまでは。勝つまでは。
 必ず勝つという言葉に、疑いをはさむ余地はないのです。

 とうとう、父が遠い戦地に向かいました。
 私の頭をひとつなで、では、と一言だけ残して汽車に乗りました。
 母は痩せ細った背を伸ばし、泣きそうな眼をしてしているのに、不自然に口角をあげた泣き笑いで見送りました。
 さようならも、帰ってきてねも言えませんでした。
 ただ、バンザイと、バンザイと、木霊のように繰り返されるざわめきが恐ろしく、すすり泣くことしかできない私の感傷すら、汽笛が鋭く斬り裂いたのです。
 黒い煙が青い空を汚す、蒸し暑い夏の日でした。

 遠い日の約束を果たすために、私はあなたの元に嫁ぎました。
 父が帰らないのに、あなたに会える日が来るとは思ってもいませんでした。
 婚姻はずっと決まっていたものの、いつ取り消されてもおかしくないと思っていました。
 急げや急げとばかりに、輿入れは急ごしらえで行われました。

 いよいよ母に別れを告げた時、通り雨が私をしばらく降りこめました。
 先行きまで濡らすような激しい雨でした。

 祝い膳も婚礼衣装もない、ささやかな婚礼でした。
 久しぶりに見るあなたは凛々しくて、当たり前ですがおどけて見せた少年ではありませんでした。
 ただ、優しい眼差しは変わらぬあなたのままで、今日の日を慶びと思えたのです。

 三々九度の酒が用意され、時世を考えれば恵まれた婚礼でした。
 せめてもの装いにと母から譲られた晴れ着も、覆いをつけた電灯の下では牡丹の柄すら判然としませんのに、あなたは綺麗だと笑っていました。
 気の利いた返事一つ返せない私は、ありがとうございますとつぶやいたけれど、目の前にスイとおかれた紙の禍々しさに言葉を失うばかりでした。
 真っ赤なはずのその紙片は薄暗い明りの中で、闇の中にあっても黒々と濃く見えたのです。

 ああ、あなたの元にも届いたのですね。
 だから、とり急ぎの婚礼だったのですね。
 深紅の紙が、父のように、あなたを異国へとさらっていくのです。

 泣いてはいけない。
 誇らしく思わなければいけない。
 それでも。私は。私は。

 その先を言うことはできませんでした。
 ほんの三カ月の営みでした。
 たった三カ月の幸福でした。
 それでも永遠にも近い、愛しい時間でした。

 あなたとの時間を、あなたとの会話を、あなたのそのぬくもりを。
 ただ、なにげない一瞬さえも。
 私はこの目に、この手に、この肌に。
 深く焼きつけることしかできませんでした。

 見上げれば、目に眩しいほどの青い空です。
 湧き立つような白い雲が、空の半分を占めています。
 悲しい別れの日なのに、音をたてて梢を揺らす風が優しく薫るのです

 父と同じように、あなたは汽車に乗って、私の元を旅立ちました。
 父とは違って、あなたは飛行機に乗って、海の藻屑と消えました。
 帰ってくるかもしれないと、ずっと安否のしれない父と違って、あなたは異国の戦艦を沈めるために、弾丸のひとつとなって青い空に飛び立ったのです。

 私は花火が嫌いでした。
 大きな火薬のはじける音が嫌いでした。
 まばたきほどで散るくせに、暗闇に明るく咲き誇る炎の花が嫌いでした。

 空に散ったあなたの眠りを妨げ、これでよいのだとばかりに美しく咲き誇る花が、憎らしくてたまりませんでした。
 爆撃に似た音は、あなたを奪った音に似ている気がするのです。
 私の手の中にはあなたの骨のひとかけらすら残っていないのに、それでも花火は美しく人を笑顔に変えるのです。

 この歳になってやっとですが、泣かずに打ち上げ花火を見ることができました。
 ばぁばといって、私の手を引く幼子がいるのです。
 じぃじの残したおもちゃだと、古い狐のお面をかぶって、コンコンと鳴きまねをしてはしゃぐのです。

 あなたに似ているのです。
 孫ですから似ているのです。
 あたりまえかもしれないけれど、あたりまえではない気もするのです。

 泣いたりはしていません。
 泣いたらせっかくの笑った顔が見えなくなります。
 笑っています。あなたと笑いあった日のように、私は笑ってみるのです。

 甘いものはお好きですか?
 辛いものはお好きですか?
 たったそれだけのことすら聞けなかったけれど。

 小豆を煮て餡を作りましょう。
 あなたの好きだった揚げも、たんとたんと供えましょう。
 ひもじい思いはさせたくないから、娘に笑われるぐらい作ってしまう。

 昨夜の鎮魂花火は、とても美しく花開きました。
 あなたは遠く旅立ったけど、授けてくれた子供は大きく育ちました。
 あなたの知らない時間の中、私たちは穏やかに暮らしているのです。
 あなたと過ごした日はほんのわずかだったけれど、私はあなたばかりを想っているのです。

 迎え火も、送り火も、あなたのために灯しましょう。
 祭りの余韻をつれて、今日も風が薫るのです。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【金魚すくい】へ
  • 【祭囃子とリンゴ飴 前編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【金魚すくい】へ
  • 【祭囃子とリンゴ飴 前編】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。