短編集 恋の卵

金魚すくい

 ←君と花火に 後編 →鎮魂花火
「なぁ、今度の祭り、一緒に行かないか?」
「えっと、三人でもいいですか? 今度のお祭り、お兄ちゃんと先に約束しちゃって」

 千佳がそんなことを言うから、思わずムッとしてしまう。
 上目遣いの可愛い顔で、お兄ちゃんと一緒ってなんだ。
 そこは、俺を優先するところじゃないのか?
 ブラコンなのは知っていたけど、少しは俺の気持ちを考えろっての。
 俺はいかない、と断ると、千佳は少し肩を落とした。

「えっと、だったら伊達先輩、お土産、何がいいですか?」
 リンゴ飴や金魚はどうかなぁ~なんて、なんだか思考を巡らせているからよけいにいらついた。

「いらねぇ」
「遠慮しなくっていいですよ、私、これでも金魚すくい得意なの」
「遠慮じゃないっての! 金魚なんて飼える訳ないだろ」

 バカじゃね~のとつぶやいて、そのまま俺はサヨナラも言わずに帰ってしまった。
 伊達先輩! と呼ばれても振り返りもしなかった。
 俺が欲しいのはお土産なんかじゃないって、千佳は気付きもしない。
 もともとおっとりのんびりしたところがあるから、少しぐらいのズレは可愛いものだが、なぜか許せる気分じゃなかった。
 思い返せば自分の小ささが嫌になるけど、何でもかんでも「お兄ちゃん優先」ってどうなんだ?

 そのあと何度か千佳からラインやメールも入ったけど、けっきょく見ないままだ。
 既読がつかないから、開けてすらないってばれてるだろう。
 昼休みに教室へ何度かやってきたみたいだけど、俺はこそこそと逃げ回っている。
 千佳の兄貴は俺と同じクラスだから、妹を泣かすなー! と文句を言いに来たけど、にらみつけてやった。
 だいたい、元をたどればこいつが悪いのだ。
 千佳千佳と妹をとことん甘やかしているから、俺と付き合っていても彼女は兄貴の姿しか見ていない。

「俺に妬いても仕方ないだろ? ふたりっきりで祭りに行こうって千佳を誘えばすむ話じゃないのか?」
「うるせーよ、二人で行こうって誘って、お兄ちゃんと先約があるって断られた俺の身になってみろ。三人で一緒に行きましょうよ~とは言われたけど、俺はごめんだ」
「……あ~なるほどねぇ。うん~あれだなぁ。まぁ、千佳ってそういう奴だから……」

 途中で抜けるから二人で歩けよ、と言われたけれど、それもなんか違うからお断りする。
 つまんないところでつまずいている気がするけど、今の気持ちのままでは楽しく過ごすなんて無理だ。
 よけいなことを言ってしまうのが目に見えている。
 結局、慰めの言葉も浮かばないのか、気の毒そうな目を向けられてしまった。

 それから祭りまでの数日も、俺は千佳を無視してすごした。
 意地を張っているとかじゃなくて、根本的な疑問を消すことができない。
 交際開始もその場の流れというか、最初から俺ばっかり好きだった気がする。

 千佳は親友の妹で、電車で体調が悪くなった時に自宅まで送り、その後のやり取りで俺が好きだってことがばれてしまった。
 まだ好きかどうかわからないけど、これからお互いのことを知るのって素敵ですよね~なんて言われて、ちょくちょく一緒に帰ったり休日に出かけたりしていたのに。
 もともと付き合っていたのかと問われると、うんとうなずけない俺がいるのだ。

 目があったら千佳がぽっと赤くなったり、少しはにかんで手を伸ばしてくるから、もしかして好かれてんのかもと思いだして。
 柄にもなくドキドキしながら、お手手つないだ時間は何だったんだろう?

 我ながら純情すぎて涙が出そうだ。
 友達に聞いた話も人それぞれで同じパターンなんて一つもないし、好きとか付き合うとかわけがわかんねーや。

 お祭り当日も家でふて寝していた。
 そろそろはじまる頃かなぁと思っていたら、千佳の兄貴からラインが入った。
 彼女ができたからこれから二人で祭りを回ると、浮かれたメッセージに思わず眉根を寄せる。
 千佳は? と聞いたら速攻で、おまえと一緒だろ? と返ってきて、思わず飛び起きてしまった。

 そんなの、知らない。
 急いで確かめると、今日の昼、千佳からメッセージが届いていた。

 時間と場所。そして「待っています」と。
 ただそれだけの短い内容。

 時計を確かめると、すでにその時間は過ぎていた。
 飛び出すように家を出た。
 祭り会場はそれほど遠くないけれど、気持ちばかり焦る。

 バカみたいに走って指定された鳥居の前に行くと、人待ち顔の群れの中に千佳がいた。
 好きな子は特別に輝いて見えるって、やっぱり本当かもしれない。
 かき分けて進まなければ辿りつけないほど人が多くても、すぐに見つけられる。
 千佳は泣きそうな顔で、じっと鼻緒の赤を見つめている。

「千佳!」

 あともう少しなのに人が多くて進みづらい。
 呼びかけると、びくっと身体をこわばらせて千佳は顔をあげた。
 俺を見ると大きな目にいっぱい涙がたまる。
 なにか言おうとして言葉が出なかったように、口をなんどかパクパクさせた後で、タッと俺のところにかけてきた。

「伊達先輩!」

 カラコロと下駄が鳴る。
 ドスンとぶつかるように俺にしがみついて、ひっくひっくとすすり泣く。
 子供みたいに泣いてるので手の置き場に困ってしまう。
 頭をなでてやろうにも綺麗に結いあげられているし、抱きしめるのははばかられる。
 結局、肩に手を置いてポンポンとあやすことしかできなかった。
 ごめんなさいと千佳は繰り返すけれど、俺もごめんとしか返せない。

「泣きやんだら、リンゴ飴買ってやるから」

 うん、と千佳が何度もうなずくから、少し戸惑いながら両手で抱き締めた。
 見下ろすと白い首筋がなまめかしくて、遅れ毛にドキリとする。
 浴衣ってずいぶんと女の子の印象を変えてしまう。
 子供みたいなところがある千佳が、一気に女性に見えた。

 ごめんなさいと千佳はくりかえす。
 つまんない意地を張って避けていたのは俺なのに。
 俺こそごめんと言いかけたところで、お兄ちゃんを頼りすぎてごめんなさいと千佳は謝ってきた。

「私、先輩を好きになればなるほど、どうしていいかわからなくなるの」

 その気持ちは、俺にも覚えがある。
 なんだ、千佳も一緒だったんだ。

 牡丹柄の紺の浴衣に、桜色の兵児帯。
 洒落たリボンみたいに複雑に結ばれた帯は、ふわふわやわらかな印象の千佳によく似合っていた。
 千佳が身じろぎするたびに優雅に揺れる。

 ああ、金魚みたいだ、と俺は思った。
 鈍感で、泣き虫で、かわいい俺だけの金魚。

 泣き顔よりも、笑った顔が見たいから。
 大切に、大切に、両手ですくい上げるんだ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【君と花火に 後編】へ
  • 【鎮魂花火】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【君と花火に 後編】へ
  • 【鎮魂花火】へ