短編集 恋の卵

面倒な女

 ←夏の風 →「あなた」
 リビングのテレビがつけっぱなしだった。
 音だけではなく、灯りも扉からもれている。
 家族の姿はなかったから寝室に移動しているようだった。
 静かだから、すでに寝ているのかもしれない。

 俺は夏でも湯船につかるのが好きなので、じっくり楽しんで風呂を後にしたのだが。
 そのまま部屋に向かうつもりだったけど、やっぱりつけっぱなしは気になる。
 ちゃんと電気ぐらい消せよな~と思いながら、リビングに入ってドキリとした。
 ソファーで真由が寝ていた。
 扉側から見ると背もたれに隠れていて、姿が見えなかったのだ。

 2歳年上なのに、子供みたいに無防備な寝顔だった。
 リモコンを右手に持ったまま、スゥスゥと寝息をたてている。
 その淡いピンクに色づいた頬や、夏用のルームウェアからのぞいた白い手足に、視線が吸いつけられる。
 ふっくらと膨らんでいる胸や、やわらかな身体のラインが薄い服越しに俺を揺さぶった。

 真由は十三年前、俺の義姉になった。
 キリリとして知的な義父には全く似ておらず、亡くなった母親にそっくりらしい。
 連れ児同士の再婚だったが、ボーっとしたところのあるお袋と、適応力のある真由はあっという間に馴染んでしまった。
 毎日楽しそうにしている女ふたりに影響されて、俺も義父に反抗らしい反抗をすることができなかった。
 かといって甘やかされることもなく、家族ってこういうものだよなってところに、さっさと収まった感じだ。

 真由は出会ったときからよく笑う。
 たっくん、たっくん、と子犬のように俺の後を付け回して、あれやこれやと余計な世話を焼いた。
 おっとりとしてどんくさいくせに、おせっかいな世話焼きで、おねーちゃんって呼ばないと唇を尖らせてすねる、どこまでも面倒くさい女だった。

 真由なんて面倒なばかりで、どうでもいいと思っていたけどさ。
 彼氏ができた、なんて聞いた日は眠れなくなった。
 ほんのり頬を染めて「明日は彼のお弁当も作る」なんて言っているのを聞くとイライラが止まらない。

 俺以外に向けて、嬉しそうに笑ってんじゃねぇよ。

 それは言ってはいけない言葉。
 だって俺たちは、姉弟だから。
 でも。真由が清い交際のままあっという間に初彼と別れたとき、お袋はものすごく悲しんで慰めていたけれど、俺は笑いが止まらなかった。

 他の奴なんて見るな。
 そう思ったのは一度や二度じゃない。

 そんなことを思い返しながら、俺はテレビを消した。
 そっと手を伸ばし、真由の身体を揺らす。

「起きろ、こんなところで寝てると風邪ひくぞ」

 ん~とか、む~とか、妙な寝言を言って、すやすやと真由は眠りこけている。
 まったくもう、俺の前でそんな顔してると、襲うぞ。
 姉だなんて、こっちは思ってないんだから。

 これだけ熟睡していたら、何したってわからないだろうな。
 フッとそんな悪魔のささやきが聞こえて、強く首を振ってその考えをふりはらう。

 真由、と何度も呼びかけて身体を揺らしたけれど、起きる気配すらない。
 まったくもう、と苦笑するしかなかった。
 顔を覗き込むとボディーソープのやわらかな香りがして、胸がキュッと痛くなる。
 俺の我慢も知らないで、のんきなもんだ。

 こいつ、鼻をつまんで思い知らせてやる。
 いくらなんでも、そこまですれば起きるだろう。

「バカ真由、さっさと起きなきゃキスするぞ」

 そのときスッと手が上がって、揺らしている俺の腕をつかんだ。
 温かな体温が伝わってきて、俺の動揺をあざ笑うように真由が目を開く。
 ふわりとやわらかく笑って、悪魔のセリフを吐いた。

「いいよ、たっくんなら、キスしても」

 ん、と唇を軽くとがらせて、真由は目を軽く閉じる。
 ばかやろー半分寝ぼけた顔で、何を言いだすんだよ。
 それに正気に戻ったら代償を要求するつもりだろ?
 などと思考で必死に抵抗をする俺を、桜色の唇が甘く艶やかに誘っていた。

 ああ、神様。俺の忍耐を試さないでくれ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【夏の風】へ
  • 【「あなた」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏の風】へ
  • 【「あなた」】へ