短編集 恋の卵

君と花火に 前編

 ←嘘つきのあなた →君と花火に 後編
「少し時間をもらえないかな?」

 突然、早足で図書室に入ってきた人は小さなメモを差し出して、私の隣に座るなり小声で問いかけてきた。
 その時、私は手元の課題に集中していたので、小さく飛び上がってしまった。
 思わず「誰?」とか「なに?」とか言いかけたけれど、ここが図書室だと思いだして口を手で押さえる。
 冷房が利いているから放課後に図書室で勉強をする人も多いけど、個人利用が多いので声をかけられるなんて想像もしていなかったのだ。

 静かに、静かに。声を出すにしても小声でないと。

 ドキドキする心臓も押さえながら、隣に座った人をしげしげと見つめてしまう。
 やっぱり「どうして?」と問いかけたくなる人だったから、現実だと認識できるまでパチパチと忙しく瞬きしてしまった。
 生徒会長の長谷川君だった。
 同じ学年で、さらにいえば同じクラスでもあるけれど、挨拶を交わす程度でそれほど親しくない。
 大人っぽい言動と落ち着いた物腰が頼れる感じがすると、女子の間では隠れファンが多い。
 校内で一番成績のいい生徒に質問されても、私に答えられる分野があるとは思えないし。

 展開についていけない私がずっと無言だったからじれたのだろう。
「君にはこの意味がわかるかな?」
 骨っぽい指先がそっと押しだしたメモに視線を落とすと、几帳面な文字で短い文章が書かれていた。

【友達と出かけて、恋人と帰ってきた。
     #花火に行きたくなるキャッチコピー】

 え? と首をかしげるしかない。
 花火大会に興味を持たせるための、よくある誘い文句だけれど。
 この意味がわかるかって、どういう意味だろう?
 真剣な顔をしている長谷君には悪いけれど、これのどこが理解できないのか、私にはそこがよくわからなかった。
 詳しく話を聞こうと思ったけれど、ここが図書室なのを思い出した。
 雑談をしていたら他の人に迷惑をかけてしまう。

「よかったら場所を変えて、詳しい話を聞かせてもらえる?」
 小声でそっと提案したら、長谷川君は素直にうなずいた。
「帰りながら、話そう」
 玄関で待っていると付け足すと立ち上がり、そのまま図書室から出て行った。
 私はその背中を見送って、さらに疑問を深めてしまう。

 帰りながらって、教室では話せない内容なのかな?
 人望はあるけど真面目な人だから、もしかして恋のフレーズが恥ずかしいとか?
 確かに中学生の私たちにはピンとこない部分があるかもしれないけど、キャッチコピー一つであんなに深刻な顔をしなくてもいいのに。
 でも、私にとっては大したことなくても、きっと彼には大問題なのだろう。

 あれこれ考えていても仕方ないので、急いで荷物をまとめると私は図書室を後にした。
 トントンと階段を下りて玄関にたどりつくと、すでに長谷川君が待っていた。
 靴を履いて出入り口のすぐ外にいる。
 なぜか同級生の赤城君に、肩をバンバン叩かれていた。

「お前、頭がいいんだか悪いんだかちっともわかんねーな」
 ケラケラ笑っている赤城君があまりに楽しそうだから、思わず足が止まってしまう。
 陽気でお人よしの赤城君はいい人なのだけど、誰かれ構わずマシンガン速度のハイテンションで話を振ってくるから、少し苦手だった。
 どんくさいといわれる私には、彼の生きる速度は早すぎるのだ。
 どうしよう? と思っていたら、当の赤城君が私に気がついた。

「ごめんね、須藤さん。俺がこいつをけしかけたから……色々教えてやって」

 なんだか保護者みたいな言葉を残したうえに、長谷川君の顔を見るとブホッと吹きだして、だけどそれ以上は何も言わず「じゃぁな」と先に帰ってしまった。
 遠ざかる背中が思い切り震えているので、笑いが止まらないのだろう。
 いつもながら台風みたいな人だと思いつつ、不機嫌そのものの長谷川君に近寄るのは少し勇気が必要だ。
 声がかけづらいなぁと思っていたら、フッと長谷川君は一つため息をついて「帰ろうか」と言った。
 その目は赤城君の背中を睨みつけていたけれど、ちゃんと私に向けての言葉だとわかったから、うんとうなずいた。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【嘘つきのあなた】へ
  • 【君と花火に 後編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【嘘つきのあなた】へ
  • 【君と花火に 後編】へ