短編集 恋の卵

その果実は甘く 前編

 ←あなたがいいの →その果実は甘く 後編
「ご機嫌はいかがですか?」
 控えめな態度でお茶の時間を選び、私の元に訪れたのはグレン第三皇子。
 しおしおと背中を丸めているが、黒獅子と呼ばれるほど誉れ高き人物である。
 馴染みの訪問なので、私も侍女も笑顔で受け入れた。
 手土産を持参してくるのもいつものことだ。

「ありがとうございます、嬉しいですわ」
 直接手渡してくれるかわいらしい包みを受け取るときに軽く指先が触れ合えば、驚いたようにビクリと急ぎひかれた。
 持てる限りの笑顔を向けたのに、目が合うとグレン様は視線をあらぬほうへと泳がせる。
 あ~とか、う~とかよくわからないうめき声をあげ、手にしていた絵本を掲げるようにして私から顔を隠す。
 ちなみに少しだけのぞいた耳が真っ赤なので照れているだけだ。

「ヴィスカ姫、よ、よろしいですか?」
 ゴホンと妙な咳払いをしながら律儀に確認を取ってくるので、私はゆっくりうなずいた。
「ええ、お願いいたします」
 まったくグレン様ときたら! と言いたいけれど、それは態度に出さない。

 野ネズミとウサギが手をつないでいるかわいらしい絵柄と、厳つい顔のギャップに吹き出しそうになるのもいつものことだ。
 朗々とした太い声が読み上げる物語は、野ネズミとウサギの婚礼の物語。
 戦場にふさわしい野太い声ははっきりとして、物語の幸福感とともに綺麗な発音ごと胸に刻まれていく。
 慣れない国で暮らし始めた時間の中で、これは穏やかに流れる幸せな瞬間に違いなかった。

 私が遥か南国からグレン様の元に嫁いできたのは一か月前。
 辺境のちっぽけな弱小国である我が国が、グレン様の父君が治める皇国へ庇護を求めるための、立派な政略結婚だった。
 数カ月かけて北の皇国にまで移動してきたけれど、私の国とは比べ物にならないほど絢爛豪華なすべてに圧倒された。
 世界随一の繁栄を誇る皇国は、一般市民の暮らす街でさえ洗練されている。

 王位には関係ないとはいえグレン様は皇子である。
 しかも国王の自慢である黒獅子である。
 我が国の産出する果物と茶葉が決め手になったようだけれど、グレン様のパートナーを狙う数多の姫君を差し置き婚礼を結べたことは奇跡のような話だ。
 婚礼の場で初めて姿を見たグレン様の凛々しさに、私は政略結婚ということを忘れて胸をときめかせてしまった。

 しかし。
 婚礼の夜、グレン様は寝所に来なかった。
 これはいったいどういうことなのかしら?
 衝撃を受けるほど私の容姿が気にいらなかったとか?

 確かに姿絵しか交わしていなかったので、顔を合わせたのは婚礼の会場が初めて。
 政略結婚の打診の際に送る姿絵は私も確認したけれど、背後に国特産の花は散らしてあったけれど欲目修正のない正直さだったから、嘘はかけらも含んでいない。
 それに政略結婚なのだから段取りはすべて決まっていて、お互いに感情を除外している前提なのに。
 そこまで自分の姿をひどいとは思っていなかったので、かなりショッキングなすっぽかしであった。

 混迷を極める私の元にグレン様が訪れたのは、翌日のお茶の時間である。
 前触れもなく現れた夫に、私はさらに混乱する。
 なぜ、初夜を逃亡しておきながら、こんな時間に茶菓子を手にやってくるのか?
 もともと湾曲な腹の探り合いは苦手なので、私は「どうしてですの?」と真っ正直に問いかけてみた。
 うぉ~とかはぅ~と唸った後で、つま先を見つめながらグレン様がトツトツとした調子で朴訥に語ったのは、私にとっては目を丸くする内容だった。

 殴り合い、斬り合い、血を見る場でしか他人を触ったことがないと、最初に太い眉をしかめていた。
そのうえ鍛錬に明け暮れ女性と目を合わせることもなかったから、厳つい男以外とどう接していいかわからない。
 北の国の人間はそろって骨格が太く大柄なうえに、グレン様は獅子とも呼ばれる武人である。
 それに比べて私は子供のように細く華奢な南国らしい骨格そのままで、普通に接しただけで破壊する自信がある。

 姿絵で一目惚れしたものの生身はさらに衝撃の美しさで、まともに見る勇気が出ない。
 見慣れぬキャラメル色の肌にグリーンの瞳は伝説の妖精みたいだし、あまりに綺麗だから触れると露みたいに消えてしまいそうで怖かった。
 と、いうことらしい。

 私が絶句したのは言うまでもない。
 グレン様は黒獅子と呼ばれるほど武勇に名高い人ではあるが、とんでもないトウヘンボクだった。
 トウヘンボクでなければ、根性無しである。
 一目惚れしたから、姿を見る勇気が出ないなんて、そんな話は聞いたことがない。

「わたくし、妖精でもありませんし、触れたぐらいで消えるほど貧弱でもありませんわ。少々小柄でも、グレン様と同じ人間でしてよ?」

 コンコンと諭しても、お互いの距離をまず縮めましょう、と申し入れられた。
 すでに公式の夫婦であるのだから、これ以上縮めるために必要な何があるのか?
 気づかいは無用ですわ、と手を握ってみたら、ふぉぉぉぉ~! と叫んで卒倒そうになったのも驚愕である。
 黒獅子と呼ばれる人が真っ赤になって、プルプルと小動物のように震えている。

 私がグレン様に夫婦のなんたるかを懇切丁寧に説教すればするほど、グレン様が逃げ腰になってしまう。
 あれこれと言葉を交わしていると、お互いに憎からず思っているのがわかり、この状況をさらに情けないものへと変えてしまった。

 こんなこと、想定外だ。
 このままでは私が押し倒さなければならないのかしら? なんてあせったものの、真実押し倒したりしたらグレン様は心不全を起こす可能性がある。
 話しあったけれど埒が明かず、やり取りを見た侍女たちが必死に笑いをかみ殺していて、落とし所もなく不本意だった。

 どこまで平行線が続くのだろう?
 混迷を極めたころ、グレン様が譲歩した。

「ヴィスカ姫は我が皇国の文字も言葉も不慣れでしょうから、俺が茶話会の時間に教えて差し上げます。その間にお互いの距離に慣れるというのはいかがなものか?」

 いかがなものかもなにもない。
 無骨な皇子はどこまでも純情なのかしら? とあきれるだけだが、小さく丸まった背中がかわいらしく見えて「良い案ですわ」と私は受け入れた。
 そう、この絵本読み聞かせという奇妙な状況は、そこから始まったのである。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【あなたがいいの】へ
  • 【その果実は甘く 後編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【あなたがいいの】へ
  • 【その果実は甘く 後編】へ