短編集 恋の卵

エイプリルフール 第三話

 ←エイプリルフール 第二話 →エイプリルフール 最終話
 四月一日は思い切り平日で、普段から忙しい金曜日だった。
 ここ数日は年度末でお互い特に忙しいから連絡できないと、おととい徹と話したきりだ。
 あの男、今日が何の日なのか、本当に忘れているらしい。

 まぁ、しかたないよね。
 なんて、ものわかりいいのが悪いのかな?
 でもさ、ゴチャゴチャ言ったって仕方ないじゃない?
 言いたいけど、それを言ったからって、どうにもらならないことでしょ?
 これが一番いいの、なんて言い訳はいくら出せるのに。
 それほど割り切って生きてるわけじゃない、不機嫌なあたしがニョキッと顔を出す。

 やばい、ちーっともスッキリしていなかった。
 今日はさすがに亜樹ちゃんを捕まえられない。
 缶ビールでも買いこんで、おひとり様でやさぐれるしかないだろう。

 年度初めだからばたついたけど、なんとか定時に業務終了。
 やれやれと思いながら会社から出ると、そこにあり得ない人物を見つけた。
「徹?」
 呼びかけると、ニヤッと笑う。

 よぉ! なんて朗らかに手をあげるものだから、あたしはひどく驚いた。
 きっと間抜けな顔になっていたと思う。
 あまりに信じられないから、ツカツカと歩み寄ってその手の甲をギュッとつねってみる。

「何すんだ、おまえは!」
 とんだ挨拶だ! と徹はぷんぷん怒り始めたけれど、あたしはその手を握り締める。
 あたたかくて骨っぽい、懐かしい手だった。

「本物?」
「偽物がいたら連れてこい」

 ああ、この感じは本物の徹だ。
 どうしてこんなところにいるんだろう?
 通話もできないぐらい忙しいと言っていたはずなのに。

「なに? クビになったの?」
 本気で心配したのに、徹はあたしの頭をヘッドロックして、ぽこぽこと軽く叩いてくる。
「会いたいっつったのはおまえだろうが! 今世紀最大の努力で有給を勝ち取った俺をなんだと思ってるんだ? え? ふざけんなよ」

 やめてーと抵抗しても、徹は簡単にあたしを放さなかった。
 叩かれる頭は痛くても、心臓が壊れそうだ。
 直接あたしに触れてる透の胸が、腕が、その体温が、本物すぎて熱い。
 全身が沸騰しそうなこの感じ。
 動き出す、流れ出す気持ちが突然すぎて。
 どうしていいかわからない。

 気がすむまでぽこぽことあたしをいじくったあとで、徹はようやくあたしを解放した。
 そして、ぎょっとした顔になる。
「なに、泣いてんだよ? そんなに痛かったか?」
 すまん、とあっさり謝罪しながら、ヨシヨシとあたしの頭をなでてくるものだから、ププッと思わず吹き出してしまった。
 泣くほど痛いって、そんなことあるはずないのに。
 あたしも徹も子供みたいだ。

 ふたりしてお互いの顔を見ながらクスクス笑いあって、ハッとする。
 背中に視線を感じる。
 それも見えない圧力がすごい。
 後ろを振り向くと、会社の人たちが凝視しながら、ジーッとあたしたちを観察していた。
 上司や同僚と目があって、実に気まずい沈黙が落ちる。

 退社時間ですからね。
 そりゃ、玄関先でいちゃいちゃしているあたしたちが悪いけど。

 みんな見ないふりをして帰ってよー! なんてあたしの心の叫びをよそに、徹は「お騒がせしました!」と明るい笑顔で手を振ると、あたしの肩を抱いてスタスタ歩き出す。
 何もなかったような平然とした顔に、これはやっぱり徹だと思う。
 内心は動揺していても他人に見せないところは、久しぶりでも変わっていない。

「ねぇ、忙しいんじゃなかったの?」
 そっと問いかけると、忙しいよ、と徹はあっさり答えた。
 潔いまでに即答だった。
「だけどさ、忙しいからしかたないやって、自分に言い訳してどうすんだ? なくしていい物と、そうじゃない物の区別ぐらい、俺はつけてるぞ」

 そのまましばらく無言になって、徹はあたしの肩をギュッと抱いた。
 大きな手が思いの他優しくて、心臓ごと掴まれた気がする。
 なによ、付き合い始めの頃みたいに、ときめいてしまうじゃないの。
 こうして体温を感じながら歩くのも久しぶりだ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【エイプリルフール 第二話】へ
  • 【エイプリルフール 最終話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【エイプリルフール 第二話】へ
  • 【エイプリルフール 最終話】へ