短編集 恋の卵

エイプリルフール 第一話

 ←嘘つきピアノ →エイプリルフール 第二話
「ムリ。できることとできないことがあるんだよ」
 じゃぁな、とあっさり通話は切れてしまった。

「徹のバカ。そんなことわかってるけど……他に言い方あるでしょ」
 声に出してしまうと、よけいに悲しくなってしまう。
 ちょっと甘えたかった、ただそれだけだったのに。

 まともに理由を聞きもせず、ムリの一言で終わらせるなんて。
 誰にだって我儘を言いたいときがあるのだ。
 あたしは手元にあったクッションを手にとり、壁に力いっぱい投げつける。
「徹のバカー!」

 高校時代から付き合っている徹とあたし。
 大学卒業までは一緒に過ごしていたけどね。
 就職した一年後に徹が突然の海外赴任でニューヨークにまで飛ばされ、そのまま三年目の春を迎えようとしている。
 ちゃんと通話でコミュニケーションはとっているつもりだけど、直接会うことなんてほとんどないまま、あたしたちの恋愛は長すぎる春の延長戦に突入していた。

 確かにデートができないのはさみしいけど、平日は仕事で埋まってるし、休日は友達とプライベートも充実している。
 彼氏がいても自分時間を満喫できて気楽でいいや、なんてのんびり思っていたけど。
 さすがに三年目の浮気って言葉もあるし、このままズルズル変化なしはまずくない?

 改めて振り返ると、日に日に付き合っている感覚が薄れていた。
 変わらず徹は心の中を大きく占めているけど、温度が低い。
 確かに付き合っているはずなのに、大事なものが足りない気がする。
 彼氏彼女のドキドキや甘さは、どこに消えてしまったのだろう?

 会うのは年に一~二回。
 週に二~三回の定時連絡以外は、徹のことをあまり考えないようにしているあたしって、いったいなんだろう?

 いや、彼女って立ち場のはずなんだけど。
 このところ実感がない。

 そんなふうにさ。
 生身の徹はいない生活が当たり前になっている。
 パソコンのディスプレイ越しに、ほんの少しだけ様子を垣間見るだけで、満足するなんて。
 気がつかなくていいことに気がついてしまって、あたしはズコーンと落ち込んでしまった。

 相手の生活リズムを考えると、時差を気にして好きな時に通話できないし。
 必要な連絡以外は面倒くさいと言って、メールもほとんど返ってこないし。
 だからといってあたしの胃がキリキリ痛むこともなく、徹はズボラだから定時連絡がまともにできるようになったから大人になったわね~って、普通に過ごしているあたしってどうなの?

 十三時間よ?
 あたしたちの生きている時間の差は。
 彼が「仕事は終わったぜー」って夜の七時に通話してくると、あたしは「会社に行くからバイ」って朝の八時で活動を開始している。

 なんだろう、この噛み合わなさは?
 あたしたちの共有する時間には、生身の温度がなさすぎる。
 ディスプレイ越しの生活は映画やゲームに似て現実感が遠い。
 なんだかムショウにやりきれなくて、我儘を言ってみた。

 四月一日に会いたいって。
 ほんのちょっとでもいいから会いたいって。

 ムリ、の一言で終わるとは。
 いきなり我儘を言いだした理由を聞いてもくれない。

 あ~もう、なにそれ? 
 会えないのなんてわかっているよ、バカ。
 その日が何の日か思い出してくれるだけでよかったのに。
 ただ、それだけだったのになぁ。

 いいや、もう。
 もともと四月一日なんて嫌いなのよ。
 エイプリルフールなんて嘘つき祭りだし大嫌い。
 あたしにとって特別な日だってこと、徹は覚えていないだろう。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【嘘つきピアノ】へ
  • 【エイプリルフール 第二話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【嘘つきピアノ】へ
  • 【エイプリルフール 第二話】へ