小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

リハビリは妄想の宝庫 (2014年 12月 04日)

 ←整形のドクターのおはなし。(ちょっぴり下ネタ?) ( 2014年 12月 04日) →見えない色
 またしても整形外科です。
 そして今度は運動療法士さんのおはなし。

 ドクターが面白いと、同じ病院に勤務している人も面白属性が集まるのでしょうか?
 担当になったお兄さんが、これまた愉快な人です。
 ほどよく若いっていいですね。
 ツルンとしたゆでたまごみたいなツヤツヤした笑顔で、およそ20代後半から30代前半。
 実に陽気な人です。

 はじめまして~の後に、まぁ、いろいろと聞き取りされるのです。
 発症時の状態や現在の可動範囲をカルテと照合しながら、大体のリハビリメニューの予定を立てます。

療法士  「では、これはとても大切なことです。あなたの夢を教えてください」
おいら  「……夢、とは?」
療法士  「目的のほうがわかりやすいですか?」
おいら  (おお……宗教の勧誘か? と思って引いてすまない)
療法士  「趣味を教えてもらえたら、こちらで目標設定もできます」
おいら  (いや、小説書いてるってこんなとこで言いたくないしw)
療法士  「こういうことやってみたい! って実現不可能なことでもいいです」
おいら  (いやいや、不可能なことは目標にできませんって)
療法士  「質問があったら遠慮なくどうぞ!」
おいら  (少しは沈黙してくれといいたいw)
療法士  「ここはでっかく勢いのつく目標を決めましょう!」

 などとここまでの間、心の中では突っ込んでいたものの、口を開く隙は与えられませんでした。
 息継ぎ、いつしてるんだろう?
 立て板に水の板の勢いで、つらつらつら~と一気に話されたので、考える隙間もない(笑)

おいら  「私は庶民なので、フライパンを振りたいです」←やっと口を開けたw
療法士  「フライパン……フライパンですか?」(´・ω・`)ショボン
おいら  「? 夏からフライパンを両手を使わないと持ちあげられなくて」
療法士  「どうしてもフライパン、ですか?」←明らかにがっかり
おいら  「フライパン、日常では重要です!」(`・ω・´)キリッ!
療法士  「重要ですか……う~む、手首の返しは?」
おいら  「まずは片手で持ちあげるのが夢です」(`・ω・´)ビシw

 小さい夢だ、とは言いませんでした(笑)
 リハビリの目標なんてモチベーションアップに利用するだけで、リハビリメニューそのものには大きく影響しないでしょうし。
 などと思っていたら、拳はグーで力説されました。

「わかりました、気前よく振り回せるまでがんばりましょう!!」
 Σ( ̄ロ ̄lll) 振り回す……それ、なんかちゃうぞ!!w

 と、いう展開で、グリグリと肩のほぐしに入りました。
 でもね、肩をほぐすためにはいろいろな筋肉をほぐさなくてはいけないのです。
 肩を動かすためには肩甲骨周辺の筋肉を柔らかくほぐす必要があるのですが、そこを動かすためには鎖骨あたりの筋肉をほぐさなくてはいけない。
 肩関節のリハビリのはずが、前面鎖骨の辺りからの大掛かりなほぐしに(笑)

療法士  「うわぉ~コリッコリッすね~どんな感じですか?」
おいら  「申し訳なーい、固くって」

療法士さん、なぜか大爆笑。
おいらは???だったけど、どうやら痛さ具合を確認したかった様子。
 痛かったら大騒ぎしてますよ!w
とぼけた返答をするのはおいらのデフォなのですが。
申し訳ない、ほぅほぅ、申し訳ないときたかwww などと、なぜか大喜びしていました。

 まぁ、どんなに笑っても、手を止めることなくほぐしつつ。
 療法士さん、自分の事をしゃべるしゃべる(笑)
 2月に結婚したばかりで新婚旅行に出発した際、息も帰りも悪天候で空港泊したそうです。すごい体験したんですよ~と。
 いいですね、幸せいっぱいです。

 なんだかんだで、いよいよ肝心の肩に。
 私は診察ベッドにあおむけに寝転んで、左手を真横にぷらーんと伸ばします。
 療法士さんが私の左腕を抱え込みながら処置をするわけですが。
 説明が下手で申し訳ないのですが、どういう状況かわかります?

 私の腕と身体の間に療法士さんの身体があるのです。
 そして、抱え込まれた私の腕はそれほど長くないのです。
 私の手のひらの位置が。
ちょうど療法士さんの浮き輪になった脇肉の位置なのです!!!

 新婚8カ月。
 ほどよく肉と脂がのってくる時期の脇肉っていったらあなた!
 も・ふ・も・ふ(*≧ε≦*)♪

 餅よりも羽二重餅のやわらかさなのですよ。しかもできたての浮き輪!
 しかも付き始めの肉といったら、未開の地と同じく純度の高いやわらかさ(笑)
 毛はありませんし、普通の白衣に隠されているのですが、まぎれもないモフモフ!
 グイグイと肩を動かされると同時に、おいらの手のひらがお兄さんの脇肉の上を動く!!
 不可抗力! 確実に不可抗力だけど、これはいけない誘惑だよ!!
 やばいですよ! ここで指でも動かそうものなら、ただの変態になり下がってしまう!
 しかし、自然な力の抜きかたをすれば、もろに脇肉のモフモフをもむことになる!!
 おいら、今年最大級のピンチだ!!

 無情の「はい、もう少し力抜いて~」の声に、思わず脳内で読経でもしようかと思いましたが、そんな高尚なものはいざとなったら浮かびません。
 この誘惑に負けてなるものか!
 どうにかして意識を飛ばさなくては!!

 全力で妄想に入ろうと努力して、脳内に再生された音楽。
 それはトトロでした。

 えらいぞ自分! 脇肉よりもトトロはノーマル映像だ!
 ああ、でも。やっぱりもふもふから離れられない……悶え苦しむ20分間。
 おいらは誘惑に打ち勝った\(^o^)/
 しかしトトロの曲をリアルに聞くと、思わず左手を見つめてしまう現在。

 リハビリのその後は、ひどい筋肉痛にもなりますけど。
 なんだかんだで、運動療法も楽しいんだよな♪
 でも、週に二回は多いわ~神様、おいらに時間をください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【整形のドクターのおはなし。(ちょっぴり下ネタ?) ( 2014年 12月 04日)】へ
  • 【見えない色】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【整形のドクターのおはなし。(ちょっぴり下ネタ?) ( 2014年 12月 04日)】へ
  • 【見えない色】へ