小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

困ったときにはニャーと鳴く(2014.10.29)

 ←作品紹介 →ほめほめ運動
 小説サイトに掲載したものの転載です。
 昨年開始したエッセイですから、現在とは状況が変わっていたり、内容や季節に違和感があることも多いです。
 こちらの小説サイトさんはかなり殺伐とした場所ですから、気持ちよく書くには向かなくてどことなく批判的・攻撃的になることもあって、お見苦しい点がありましたら申し訳ありません。
 まぁ、それも含めてのエッセイだと言うことで。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 最初にお断りしておきます。
 一応はエッセイに分類して掲載していますが読み物として書いていません。←オイ!
 その日・その時・その場限りの出来事や思考の、自己認識のために記述しています。

 偏った思考を公開する時もあれば、ただの日記状況もあります。
 内容は気まぐれ気ままなのであしからず。

 ぶっちゃけ、私はメンタルに問題があります。
 基本的に嬉しいとか悲しいといった自己感情が実感できにくい他人事体質ですし、苦しいとかいやだと言う負の感情を自覚することも難しいです。
 一瞬、花火みたいに感情がはじけてこれが嬉しいだって、理解しできますが持続しにくい。
 もやもやして涙が止まらなくてどうしていいかわからなくなって困っているけど、その状態になったのが相手の責任でも自分がすべて悪いと即座に決めつけてしまう認知のゆがみがあります。
 おまけに自分を堕とす習慣がある困った奴なんですけどね。

 面倒くさい人間だと自覚はあります。
 自己感情は迷子になるのに、出来事とか忘れていいことはずーっと定着する。
 カウンセリングとかいろいろ受けていたのですが、このところ劇的な変化がありまして。
 おかえり、自分の感覚週間です。
 自分の感覚が即自分自身に反映される。
 ちょっとしたきっかけで、情報処理が上手になって、認知のゆがみが徐々に改善中。

 好きなものを好きと言ってもいい。
 嫌いなもの、嫌なことを、拒絶してもいい。
 他の誰かが嫌いなものでも、自分は好きでもいい。
 他の誰かが好きなものを、自分は受け入れがたくてそれを拒否しても、それはそれでいいことなんだ。
 困った私でも、それでいいって人が存在している。

 これをあたりまえだと思う人は、自分自身を大事にする一歩が踏み出せてる人だと思います。
もちろん自分を主張しすぎればただの自分本位ですが、全く省みないと病気になります。
 何事もさじ加減。
 私はいつも自分自身を全く考えていなかったので、自分自身の感覚を認めるって非常に大変なのですが、それも含めて自覚はしたので認知のゆがみも徐々に修正されてきています。
 こうしてあれこれ書き出すとこ難しい感じですが、ありのままでいいってことですね。

 なので、へ~こんな考え方もあるんだな、という程度にのぞいていただくのは構わないですし、こういう考え方もあるよという他の人の新たな視点を聞くのも楽しいです。
 ただ、それはおかしいとか違うぞと否定されても、迎合することはできません。
 批判や非難をされても、たぶん表面的にはいそうですかと流すだけです。

 他の意見を否定しているわけではないです。
 自分自身のポリシーがあるってかっこいいですし、主張できるだけの信念があるってすごいことですよね。

 違うと感じる人の感覚も正しいですし、私自身はこうだと主張することも正しい。
 正しいからと言って、それが正解とは限らないだけで。

 何か違うと感じるのは、感じた人の思考や感覚であって、私自身のものではありません。
 それと同じように、私自身にも感じ方や意思があるのです。
 自分のポリシーや正義を振りかざして、他人の思考を強制する人は苦手です。

 まぁ、自覚はあっても習慣化しためんどくさい思考から、抜け出すのは大変です。
 だから目につくところに記載しておけばいいや、と安直に。

 書くって不思議なんですよね。
 よく聞くのは嫌なことを書いてその出来事を忘れる方法なのですが、私は書くとその出来事や感情が定着してしまう。
 統計学的に有効な消去方法が自分にはあってないなんて、どうしてなのよ~だったのですが、ちょっと気がつきました。
 書けば他人事ではなくなって、その時見過ごしていた自分自身の感覚が自分の中に戻ってくる!
上手に戻ってきたら、書くことで忘れたり、受け流すこともできるようになれるかも。

 楽しいは楽しいように。
 嫌だったは嫌だったように。
 誰かの悪口も書くかもしれない。うん、きっと書く。
 気持ちが辛くなったら非公開にすればいいし、気軽さがサイトのメリットだよね。
(デメリットになる場合もあるけど)

 そうそう、困ったときにニャーと鳴く。
 これ、ツイートで拾った言葉の一つで、ピピッと気持ちに引っかかりました。

 どうせ私なんて、とか。
 もう駄目だ、とか。
 そんなふうに思考的に落ちるところまで落ちて浮上するのもありなのですが、それって復活するまでにエネルギーを使います。

 とことん落ち込む人って、自分自身ではどうしようもないことまで全部を引き受けてしまって、うまく出来事を流せない不器用さんの可能性が大きい。
 受け流すぞーと思っていても、それが実行できるぐらいなら、最初から落ち込んでいません!

 だから、困った出来事にぶつかったら、にゃーと鳴いてみる。
 何やってるのかしら? と笑えたなら、もうけものです。
 余裕がないと、いい考えも行動も浮かぶわけがない。

 どうせこの先も困ったことなんて山ほどあるだろうし。
 それと同じだけ、自分にとっていいなと思うこともあるだろう。

 ひとまずニャーで、気持ちの余裕。
 考えるのも、流すのもそれからでいいのです。

 な~んて簡単に余裕なんて出ないから、でこぼこで困ったが起こる毎日に口癖はニャーなのにゃん(ΦωΦ)

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【作品紹介】へ
  • 【ほめほめ運動】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【作品紹介】へ
  • 【ほめほめ運動】へ