「英雄のしつけかた」
第一章 王都で暮らしましょう

第三話 双剣の使徒3

 ←第二話 双剣の使徒2 →拍手コメントのお礼とBGMについて語ってみる
「ミレーヌさんか。馬には?」
 褐色の肌がサラディン人と示す、サガンと名乗った隻眼の男が問いかけてきた。

 東流派と呼ばれてる双剣持ちは、東のカナルディア国民だけだと勘違いしていた。
 封鎖的な国情の西のサラディン国の人も、あたりまえにいるらしい。
 おちついてよく見れば、カナルディア人らしい風貌をしているのはデュラン一人だった。

 驚愕の事実だわと胸の内でつぶやきながら、ミレーヌは小首をかしげた。
 五人ともよく見れば非常に威厳のある顔つきと鋭い眼差しで、若いのにそれぞれ畏怖を感じるほどの貫録がある。
二〇歳のミレーヌとそう変わらないのか、全員が似通った年齢の青年なのに。
 それなりに流派の中では偉い人みたいだわとチラリと思った。

 ミレーヌは少し考えて「わかる範囲のことは遺族の方にお伝えしたいです」と答えると「承知した」と返事が返ってきた。
 直接王都に向かうか、村に寄って遺族と面会するかもあわせて問われた。
 親切なことに遺体を引き取ってもらい遺族に別れを告げた後で、祖母のところまで送り届けると約束された。

「馬には乗ったことがありませんの」
 まぁそうだろうねとデュランが頭をかいた。
 商家へ奉公していたとはいえしょせんは賄いと子守りだ。
 それに下町生まれの奉公人そのものの物言いをするので、娘は馬とは無縁だろう。
「なるほど。なら、どいつがいい?」

 東のカナルディア人のデュラン。
 北のヴィゼラル人のキサル。
 西のサラディン人のサガンとラルゴ。
 南のスカルロード人のラクシ。

 出身国まで丁寧に紹介され、人種の見本市のようだとミレーヌは思った。
 好きなのを選べと言われて「どなたでも変わりませんわ」と答えると、ラルゴが再び爆笑する。

「俺たち相手にどれでもいいって? オイオイ、珍しいこともあるもんだ」
 その後で「あなたは何かに似ているな」とまじまじと見つめた。
「本当だ、どこかで見たことがあるぞ」
「なんだったかな?」
 青年たちは物珍しげにミレーヌの顔をじろじろと観察する。
 アレコレと候補を上げないので、どうやら口に出すのがはばかられるようなものに似ているらしい。

「なんですの? これでも初対面なのですから、失礼ですわよ?」
 まっすぐにその視線を受けて、ミレーヌは当たり前に返す。 
「なぁミレーヌさん。俺たちといて少しは恐ろしくはないか?」
 どうやら反応を面白がっているようだった。
 パチクリしているミレーヌの大きな瞳に、これはいいと五人はそろって大笑いした。
 何がおかしいのか、ミレーヌにはまったくわからなかった。

「たいした玉だ、実に面白い!」
「鈍いのか図太いのか、どっちだ?」
 ゲラゲラ笑いながらキサルがもらすので、さすがにミレーヌはムッとした。
 亡くなった人を運ぶのに、その横で爆笑するなんてそちらの方が鈍いのだと思った。
 それとも、こういった凄惨な場に慣れ過ぎて、心の感覚が鈍くなっているのだろうか。

「この中では一番まともなお話しできそうですから」
 率直にデュランにお願いすると、ハイハイと人のいい笑顔が返ってきた。
「確かに他の連中は口が悪くて、顔も並外れて怖いからなぁ、銅像だって相乗りは嫌がるさ」
 他の連中に向かって妙なからかいをしてはいたが、さっさと馬上へと引き上げられた。

 キサルとサガンは先に帰って騎士団に報告してくると言うや否や、王都に向かって出立した。
 ミレーヌが瞬きを一つする間に、姿が消えたようだ。
 ただ走り去っただけだが、常人の目にはとらえられなかった。
 あきらかに古い血の濃い者たちの動きだった。

「あの、最初の方は? お礼を言い損ねましたの」
 聖獣を思い描くほど強烈な人で、パッと現れてパッと消えた。
 でも、間違いなく命の恩人だ。

 髪の色や肌の色はカナルディア人そのものだが、あの非常に大柄でがっちりしながらも無駄のない体格はヴィゼラル人のようだった。
 つまり、出身国が外見ではわからない。

「ああ、我らが長殿はあの通りの変わり者で、もう忘れてる。気にするとバカを見るよ」
「そうそう。生きてる奴なんか自分でどうにでもするさと、記憶から消去しちゃう人だから」
「俺たちのことすら、たまに忘れてるしな」
「ジャスティ王に知らせると先に帰ったが、どうだかなぁ。王城につくまで内容を覚えているかも怪しいものさ」
 苦笑交じりだった。
 それでも、ミレーヌは驚きを隠せなかった。
 東流派の長だったのだ。
 名前は誰もが知っている。

 ガラルド・グラン。
〈東の剣豪〉と〈双剣の盾〉の二つ名を持つ男。
 東の国きっての英雄。
 生きながらにして伝説を持ち、自国他国を問わずに誰もが憧れる世界最強の男である。

 あれほど若くて精悍な青年だったとは意外だ。
 正しくは、年齢は知っていた。
 けれど、噂や伝説がありすぎて、実際に同じ時間を生きている人間だとは実感してなかった。

 すごい人を見てしまった。
 今日は驚くことばかりだわ、とため息をついてしまう。

 英雄に相応しく、目の保養になった気がする。
 もう二度とお目にはかからない人だけど。

 そして、ぽっかりと胸に穴が開いたことを、ようやく自覚した。
 馬の背にゆられている、現実。
 確かなぬくもりがあり、夢ではないのだ。
 見知らぬ人たちに囲まれて早足の馬に揺られていると、不意に「悲しい」と感じた。
 たくさんの人が亡くなったと胸にしみる。

 黙っていると涙がこぼれてしまいそうで、ミレーヌは空を見上げた。
 なんていい天気なのでしょう。
 広がる空は、青い涙のように透き通っていた。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第二話 双剣の使徒2】へ
  • 【拍手コメントのお礼とBGMについて語ってみる】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ミレーヌの気丈な様子に胸を打たれます。
下町の娘だからこそ肝が据わっているのかな(笑)
ミレーヌの活躍が楽しみで仕方ありません♪

追記:リンクを張らせていただきました。
また読みに来ますね^^

感謝です(^▽^)♥ 

> ミレーヌの気丈な様子に胸を打たれます。
> 下町の娘だからこそ肝が据わっているのかな(笑)
> ミレーヌの活躍が楽しみで仕方ありません♪
>
> 追記:リンクを張らせていただきました。
> また読みに来ますね^^


いつもあったかいメッセージをありがとうございます!
こんなに文字数が多くて長いお話なのに、読んでいただけて感謝です(^人^)♥
お疲れさまでした!

ミレーヌさん、下町娘の育ちと生まれつきの性格で、しだいに本領発揮します。
明るくてパワーのある人への私の憧れがつまっているかもw
この先、笑ってもらえるといいな~しばらくドキドキです☆

リンクも感激です~うれしいヽ(^o^)丿
私も素敵なブログにおじゃましますね~♪
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第二話 双剣の使徒2】へ
  • 【拍手コメントのお礼とBGMについて語ってみる】へ