Making Twilight

「友情の一歩先」

 ←夏のニライカナイ 最終話 →「たかい たかい」前編
 僕たちはずっと「We」だった。

 陸上で出会った君は、いつも男子部員と一緒に走っていた。
 そして、いつかインターハイに出るんだと、大きくて確かな夢を抱いていた。

 中学生になると体格に男女差が現れる。
 高校生になったら、基礎能力からして明らかに違う。

 それでも。
 君は女子だけでなく、男子部員の誰よりも速かった。

 男子よりもずっと小さな体なのに、風のように走る君はみんなの憧れだった。
 屈託なく笑う顔立ちも涼しげで、カラリとした率直な性格も男同士みたいに気安くて。
 短い髪が日に透けて、焼けた肌がしなやかな体つきを少年みたいに見せている。
 男女関係ない感覚で、気さくに笑いあえるのが嬉しかった。
 毎日顔を合わせて、同じ時間を共有した。

 だけど、その気楽さは表向きのものだ。
 君はいつか、インターハイに出るだろう。
 もしかしたら全国大会にも出場するかもしれない。
 同じ陸上部にいる僕たちには叶えることのできない夢を、君は確かにその手をつかんでいるから。

 だから、ちょっとだけ君の存在は遠くて。
 君の夢は、部員や学校も応援する「みんなの」夢で。
 君の話をするときは、必ず「僕たち」になるから。

 僕の中の君は、ずっと「We」のままだった。

 だけど。
 学校からの帰り道、君が泣いていた。

 部室の戸締りをする係だったので、一人だけ遅れて校門から出ると。
 一緒に帰っていたはずの女子と君はなにか言い争いをしていて、相手が憤慨したように「もういい!」と叫んで立ち去った。

 残された君はキュッと唇をかみしめて、その背中を見送っていた。
 何かに耐えるよう、拳を強く握りしめていた。
 追いかけたいのに、追いかけられない。
 その表情はいつもの強い君だったけど。

 ぽろぽろと透明な涙が零れ落ちた。
 小さな粒が、いつしか涙の筋になっていた。
 引き結んだ唇から、飲み込み損ねた嗚咽が、淡くこぼれ落ちる。
 肩が小さく震えていて、なんだかほっとけない感じだった。

 なんだ、普通の女の子じゃないか。
 そう思った。

 大会とか夢とか、そんな大きなものだけを抱いてる遠い存在じゃなくて。
「僕たち」の応援を「私たちの」夢だと、無心に走ってる君しか知らなくて。
 憧れて、まぶしくて、まっすぐに見れないぐらい距離があると、勝手に思い込んでいたのに。

 君はあたりまえに友達と喧嘩をして。
 嬉しかったら笑って、悲しかったら泣いて。
 くったくない笑顔を見せてほしい、普通の女の子だった。

 ポケットからハンカチを取り出して、僕は歩きだす。
 名前を呼んで振り向いた君と、友情の一歩先へと踏み出すんだ。

 それは君が、特別な「You」になる瞬間。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

貴方は椿で『友情の一歩先』をお題にして140文字SSを書いてください。 http://shindanmaker.com/375517?

「椿」でキュンは無理だったの……;;
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【夏のニライカナイ 最終話】へ
  • 【「たかい たかい」前編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏のニライカナイ 最終話】へ
  • 【「たかい たかい」前編】へ