「詩集 ヤマアラシのジレンマ」
詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

君に贈る僕からの物語

 ←朝まで独り占め →試すわけではないけれど
真白な帆を張って
大海原を旅してきた君は
甘く優しい言葉で
しょっぱい愛の冒険譚を語ったよ

ここはフルーツとアルコールの国
まぶしい昼にシエスタを
眠らない夜におしゃべりを
そっと楽しむ場所だから
今夜は僕から贈る物語を届けよう

今は違う部屋にいるけど
隣同士のベランダで
鼈甲飴の月を見上げながら
夜明けまで語り合おうよ

金平糖の降る夜は
眠り蚕が吐いた
夢色の絹でつながる
糸電話が似合うだろう?

君から僕へのお土産は
魔女にもらった壊れた愛のかけら

失った魔力の代わりに
きらめく涙のしずくを小瓶に詰めて
恋の呪いを解いてと願った証

透き通る中に虹の光を宿し
月の光に夢を描く涙の粒は
酸っぱい僕にはちょうどいい

君の好きなサイダーの泉はないけど
オレンジの木に囲まれた
シャンパンの湧きだす泉があるんだ

グラスの淵を魔女の涙で濡らし
グレープフルーツの果汁で作る
恋の悲しい味をした ソルティドックで乾杯しよう

しょっぱい涙の味も
柑橘のさわやかな香りに 
緩やかに いつしか溶けて
ほろ苦くせつない夢に変わっていく

カクテルが好きならば
モスコミュールにジンライム
はじける炭酸が踊る アペロールソーダもいいだろう?

笑わないでおくれよ
甘い甘い君を酔わせてみたい

夜が明けたら
マカロンのクッションで
物思いに沈むさみしい魔女と
甘く優しい君のために
白い鳩を空に放とう

飲み干した涙の代わりに
君と僕との夜の語らいで生まれた
小さな小さな種を 届けるために

薄い唇をかみしめている魔女が
今は微笑みが思い出せなくても

細く白い指先で 温かな大地に 
そっと虹色の種を埋めれば
ハートの双葉が芽生えるんだ

空に向かって枝葉を伸ばし
悲しみの涙を吸いとるように糧にして
すくすくと大きく育つ虹色の花
花咲く日には 魔女も微笑むはずさ

陽の光と一緒に編みこんだ
きらめく花冠で飾って 前を向き
あたらしい出会いにむかって歩きだすだろう

悲しみと喜びに
寄り添いながら歌う 君と僕のように

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





「 贈る物語 」   和基様

昨日UPした「朝まで独り占め」に贈答詩をいただきました♪
まぁ、人間、調子にのる生き物です。
もらったものには、それに見合った喜びを上乗せしたお返しを!ww

申し合わせても、打ち合わせも、何もないけど。
キャッチボールできる、こういう楽しいは大好きです♪
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【朝まで独り占め】へ
  • 【試すわけではないけれど】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【朝まで独り占め】へ
  • 【試すわけではないけれど】へ