短編集 恋の卵

たとえば君が……

 ←ひとりよがり →大切な気持ち
「またね」
 そんな約束をして、彼との恋は始まった。

 卒業式の日に告白されたのだ。
 すごくいい人そうだし、私に気持ちを向ける必死な感じを応援したくて、うん、とうなずいた。
 彼とは同級生だったけれど、同じクラスになったことはない。
 もちろん話したこともなかった。
 だから、ほんの数回会っただけ。
 そんな実感を持ちにくい「好きなんだ」の後に、そのまま「またね」が来たので私は茫然とした。

「ごめん、どうしても君に気持ちを伝えたかったから」
 何度もくりかえす言い訳に似た言葉も、彼が口にするとけなげな感じがして、仕方ないかと思った。
 女の子なら「伝えたかったから」の後は、このままお別れだとなぜか割り切ってて、サラッと「元気で、サヨナラ」なんて別れを口に出したりするんだけど。

 口下手だけど焦りながら会話をする様子が、やっぱりなんだか可愛くて。
 すぐに距離的なお別れがやってくるとしても、いいよって言った。
 そう、彼は県外の大学に進学が決まっていたのだ。

「たとえば君が……えっと、その、まぁ、なんだ」
 何か言いかけたけどけっきょく言い淀み、明日の朝の新幹線に乗っていってしまうと告げた後で、彼はモジモジしていた。
 当分会えなくなるんだなぁと思ったらやっぱり寂しくかった。
 卒業式の後の短い間で何度か会い、いい人から好きな人に変わりかけてる。
 強烈な気持ちに育つまで待たずに離れる現実に、自分の胸の中がもやもやしていたから、言葉の続きがひどく気になった。

 しばらく爪先を見つめて言い淀んでいたけど、キュッと唇を噛んで彼は顔を上げた。
 決死隊みたいな表情だった。
 余裕のなさが伝わってきて、私もキュッと気持ちが引き締まった。

 手を出すように言われて、左手を出す。
「なぁに?」
「離れた場所にいるからって、不安がらなくていいから」
 そんなふうに言って、彼はぎこちない手つきで私の左手に指輪をはめた。

 シルバーリング。
 キラキラした銀の輝きが、私の指にちょうど良くおさまっていた。

「人差し指なの?」
 ウッともグッともつかない妙な息ののみ方に、私は笑ってしまった。
 その一途な慌て方に、カチリ、と心のピースがはまる。

「ふふ、冗談だよ。嬉しい。ありがとう」
 目に見える物は、やっぱり嬉しい。

「導き、なんだって」
「え?」

「離れても、お互いが迷わないように」
 指輪をはめる指ごとに意味があると、とつとつと語る。

 そういう彼の左手の人差指にも、ちゃっかりペアリングがはまっていた。
 ロマンティックなのか、不安がっているのかわからないけれど、彼と本当に気持ちが繋がっている気がした。

 大きく息を吸い込んで。
 彼は「またね」の後で当然のように、未来につながる約束をたくさん口にした。

 またね、たくさん話そう。
 またね、たくさん笑おう。
 またね、君と一緒に歩きたいんだ。
 好きだって言う代わりに、彼はそんなふうに不器用な言葉で未来を描きだしていく。

「たとえば君が……不安になったとしても、僕の気持ちはここにあるから」

 うん、と私はうなずいた。
 大丈夫、始まったばかりの恋だけど。
 淋しくなんかない。不安だって去っていく。

 きっと、この指輪が私たちを導くだろう。
 心安らぐ未来に……


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ひとりよがり】へ
  • 【大切な気持ち】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ひとりよがり】へ
  • 【大切な気持ち】へ