「喫茶ペロリストシリーズ」
ようこそ、喫茶ペロリストへ!

第一話 転機

 ←作品紹介 →第2話 責任はとってくれ
 人生には転機が訪れる瞬間がある。
 たとえば受験に落ちるとか、一生をかけると決めた仕事についても上手くいかないとか、恋人や友人と些細な理由で仲たがいするとか。
 どこからどう見ても失敗経験が多いのは仕方ない。
 成功なんてめったにないから、貴重だって言える。
 人生なんてそんなものだ。

 十年勤めた会社からあっさりリストラを受けて、俺が失業したことだって特別なことではない。
 将来が見えないのは嫌だからって、速攻で恋人に去られるのも普通のこと。
 独身寮住まいだったから、来週末には退寮を迫られている現実からだって、目をそらせないのもよく聞く話だ。
 自分自身の身に降りかかるまでは、他人事だから悲惨だと感じないだけで。
 そう、降りかかったとしても、非常に運が悪いだけだとあきらめればいいのだ。
 ジタバタしたって何も変わらないのだから、悲惨な状況に酔えばいい。

 それでも、生きているとお腹がすく。
 働かざる者は、食うべからず。
 食べずに過ごすなんて、仙人でなければ不可能なこと。
 動きたくないと思っても、死ぬ元気が出るはずもなく。
 死ぬために不毛な努力をするよりも、働いてご飯を手に入れる方が手っ取り早いと気付くのに時間はかからない。

 なんだかんだ言っても、食べることは生きることにつながるわけで。
 それ以上に住む場所がないと路頭に迷ってしまうし。
 退去勧告がすでに出ていることが、目先の問題
 ハローワークに通うにも住居を確定しないといけないので、就職も住居も両方を手に入れる努力を始めるのが建設的だ。
 どっちも難しい現実は、このさい思考から締め出しておく。
 卵が先か、鶏が先か。
 そんなことを考え始めてもきりがない。
 できれば不幸モードには入りたくないけれど、うまくいかない時もある。

 俺はなけなしのやる気で、本屋に足を運んだ。
 人と話す気にはならないが、情報を探るぐらいはできる。
 悲痛な記憶をかみしめながら就職情報誌を開いた時。
 その求人広告は光り輝いて見えた。

 喫茶ペロリスト。
 従業員募集中。
 調理・動物の世話が住み込みでできる人。
 休日等の詳細は面談の末に決定。
 性別・年齢は不問。
 要・調理師免許。

 募集をかけているのは少々変わった名前の喫茶店だったけれど。
 天啓だとおもった。
 なぜ? と不思議がられるが、俺は調理師免許と栄養士の資格を持っている。
 その系の専門学校に通ったから。

 就職先が見つからず、内定をもらったのが普通の会社だったことで、自分でも謎の経歴の持ち主になってしまった。
 今では趣味程度だけど、腕はそれほど落ちていない……はずだ。
 手作りのフルコースと誕生日ケーキを振る舞い、私より家事が上手ってありえないの、と初彼女にふられたことも懐かしい想い出だ。

 なんてことだ。
 気分が沈んでいるせいか思い出さなければいい、過去の不幸まで思い出してしまった。
 ここだけの話にしといてくれ。

 場所も都心から電車で三十分とほどほどに便利で、郊外らしくのんびりとした周辺環境もいい。
 なにより制服もあって食住が保証されているので、これを逃したらこんな好条件に巡り合えないかもしれない。
 それに住む場所が確定するのがありがたい。
 経験も年齢も中途半端なのは確かだが、行ってみる価値はあるのでは?
 幸い、広告も出たばかりだ。
 ダメでもともと。
 やってみてダメなら、次があるよな。
 速攻で就職情報誌を買い、本屋を出ると同時に電話をする。

 コール二つで出たのは、女性の声。
「はい、喫茶ペロリストです」
 ドキリとした。
 小さめだけどはっきり聞こえる声は、ちょっとかわいい感じだった。
 アニメの少女キャラみたいな耳をくすぐるような響きが、オーナーの一人と知るのは就職が確定してからだ。

「もしもし、卯月といいますが就職情報誌を見て電話しています」
 三呼吸ほどの沈黙があった。
 息を吸うばかりで、吐くのを忘れてないか?

「卯月さん……お、男の人……ですね?」
 なぜか非常に動揺されてしまった。
「ええ、そうですけど……募集要項では大丈夫ですよね?」
「ええ……男でも、大丈夫です」
 うん、男だけど性別不問のはずなのに、何か問題があるのか?
 その後、トントン拍子に面接日も決まったけれど、ビクビクされているのは何故だろう?

 ちょっぴりの不安と、期待感。
 それがペロリスト生活の始まり。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【作品紹介】へ
  • 【第2話 責任はとってくれ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【作品紹介】へ
  • 【第2話 責任はとってくれ】へ