短編集 恋の卵

これも一つの愛の形 第一話

 ←第22話 自由の翼 最終話 →これも一つの愛の形 第二話
 どうしてこんな罰ゲームみたいな目にあっているのかしら?
 私はその理不尽な問いかけを必死に飲み込みながら、池のど真ん中で寒さに凍えていた。
 ちょっと話があるなんていきなり呼び出されて、なぜか公園を待ち合わせ場所に指定されて、遅れた将也に文句を言う間もなく貸しボートに乗せられた。
 この寒さの中で池にこぎ出すなんて正気を疑うけれど、誰にも聞かれたくないからってお願いされて、つい折れてしまった自分が憎い。

 寒い。
 息の白さがよけいに体感温度を低下させる。
 池に氷が張っていればボートも使用不可能だったはずなのに、とフツフツと理不尽な怒りを抱いてしまうぐらい、とにかく寒い。
 平静を装うつもりでいても細かな震えが起こり、カチカチと奥歯が音を立てる。
 止まらない震えに、思わず心の中で念仏を唱えそうだった。
 心頭滅却すれば……なんて絶対に無理!

 吹きすさぶ粉雪交じりの冷たい風にもめげず、私の呪いに満ちた眼差しにもめげず、将也はパシャパシャとのんびりとボートを漕いでいた。
 もちろんのんびりに見えていても、スローペースの将也にしては普段の倍速行動だろう。
 ガタガタ震える私とは対照的に、ほんのり上気した頬に腹が立つ。

 あなたはいいわよね、櫂をこいでいれば身体があったまるでしょうよ。

 そう言ってやりたいけれど、ここは一つ大人になって、グッと文句を飲み込む。
 将也は私の2歳下で、高校時代の後輩だ。
 付き合いはそれなりの長さでも、特別な仲ではない。
 部活が同じだったから仲間同士で出歩く機会も増えて、その後の進学や就職の節目でも縁は切れず、今では気軽な友人へと進化した。
 他の人よりもなぜかワンテンポ遅れる将也のことを、私はいつもほっておけなかった。
 おせっかいだと怒りもせず、ありがとうと笑顔全開で喜ぶ将也は、私の後をついてくるワンコみたいな存在だ。

 大事な後輩のお願いだから出てきたのに、過酷な寒さに耐える我慢比べになるとは。 
 どうでもいいから「誰にも聞かれたくない話」をさっさと言えばいいのに。
 こちらから「どうしたの?」とか「何かあったの?」なんて話をふると、緊張してうまくしゃべれなくなる将也なので、切りだしてくれるのを待って気持ちを遠くに飛ばす。

 今、欲しいもの。
 心だけでいいから、とにかく幸せなぬくもりに浸りたい。

 ホッカイロ。
 ホットの缶コーヒー。
 コーンスープか甘酒でもいい。
 とにかく温まりたい。
 肉まんか鯛焼きがあったら、喜びに踊ってもいい。

 もちろん暖かいモノがないのはわかっているから、形のないモノでも我慢できる。
 眠ったら死ぬぞ、とか、くだらない冗談でもいい。
 今この瞬間に全身をつかって思い切り笑いたい。
 身も心も温まるなら、ありふれた親父ギャグでも、今だけはウェルカムだ。
 笑いたい。お腹を抱えて笑ったなら、きっと身体の芯から温まるはず。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第22話 自由の翼 最終話】へ
  • 【これも一つの愛の形 第二話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第22話 自由の翼 最終話】へ
  • 【これも一つの愛の形 第二話】へ