「短編集 ちょっぴり異世界」
風のように鳥のように

第19話 自由の翼 2

 ←第18話 自由の翼 1 →第20話 自由の翼 3
 目を細める。
 白い帆が見えた。
 快晴の空を背に、風をはらんで大きく膨らんでいる。
 真っ青な海の上を、鳥のように渡ってくる。
 船首の鋭角は青銅の刃のようにとがり、鈍い光を放っていた。
 海戦ともなれば体当たりで敵の船を沈める、軍船や海賊船と同じ小型の長船のようだ。
 鋭く低い船首から緩やかに船尾へとそり上がった形は、速度重視だとわかる。

 舳先が波を鋭く切り裂き、白いしぶきがあがっていた。
 最初はマメ程度の大きさだったが、ものすごい速度でグングンと近づいてくる。
 不思議なのだがこぎ手は一人もおらず、私の頬に感じる風とはまるで違う方向に帆を膨らませている。
 不可思議な力が加担しているとしか思えない。

 何よりも私の目をくぎ付けにしたのは、操舵手だった。
 遠目にもワイン色の赤い髪が風に長くなびいていた。
 少年の服を着ているが、繊細な顔立ちで少女だとわかる。
 顔も隠すことなく太陽の元にさらし、近づけばそのオパール色の瞳も輝いて見えるだろう。

 ナナ、と心の中でその名を呼んだ。
 陽の光に立つ彼女を、綺麗だと思った。
 これほど明るい光の下で、彼女の姿を見るのは初めてだった。
 生きているその輝きに、胸が詰まる。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第18話 自由の翼 1】へ
  • 【第20話 自由の翼 3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第18話 自由の翼 1】へ
  • 【第20話 自由の翼 3】へ