短編集 恋の卵

キスまでの距離 6

 ←キスまでの距離 5 →キスまでの距離 最終話
 付き合うって、やっぱりいいことばかりじゃない。
 幼馴染ならよかったねって言えることも、付き合って近づくと一喜一憂する原因になってしまう。
 それが怖かった。
 
 だけど。
 私のはじめては、いつも翔と一緒だった。
 この先もそうならいい。
 それはきっと、好きだってことだろう。
 
「ゴメン、笑って。これからもよろしく」
「これからって、オッケーってこと?」
「うん、そう」

 よし、とガッツポーズをとるので、かわいいな、と思ってしまった。
 でもそのまま肩をつかまれたので、油断していたからひどく焦った。
 翔の顔が近付くから、思わず顎に手をかけて力いっぱい押し返した。

「いきなり、なに!」
「ファーストキスの再現」
「知らないわよ、そんな昔のことは」
「忘れるか、普通?」
 
 突っ込まれて、返事に詰まる。
 確かに、忘れにくいものだとは思う。
 でも、一切記憶にございません。
 ムードも何もなく、自宅の玄関でいきなり襲われたくない。
 それに私は誰とも付き合ったことがないけど、翔は中学と高校で彼女がいた。
 思い出して、なんとなくイラッとした。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【キスまでの距離 5】へ
  • 【キスまでの距離 最終話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【キスまでの距離 5】へ
  • 【キスまでの距離 最終話】へ