短編集 恋の卵

キスまでの距離 1 【テーマ:幼馴染】

 ←歩いてみようね →キスまでの距離 2
 気がつくと、翔がずっと側にいた。
 親同士が仲がよく、新興住宅地に入居したお隣同士。
 生年月日だって三か月しか違わない。
 当然のように私たちは、生まれる前から一緒に過ごした。
 歩きだす瞬間も、幼稚園に入る時も、小学校への入学だって、私にはじめて訪れる人生の節目にはいつも翔がいた。

 笑ったり泣いたり、忙しいほどクルクル変わる季節の中で、翔だけは変わらなかった。
 もちろん背が伸びたり、声が変わったり、ぶっきらぼうになったり、成長した年月が増えていくぶん、翔にもそれなりの変化はあるけれど。
 翔が彼女を作ったり、違う大学に入学したり、彼女と別れちゃったとがっかりしたりと、少しづつ生活の基盤は違ってきても、気持ちの距離感って呼べるものはずっと変わらないままだった。

 たとえば翔に新しく彼女ができても、私に彼氏ができても、たまに会えば「相変わらずだなぁ」って笑って手をふるような関係が続いていく。
 きっとそれは、この先も変わらないだろう。
 甘くもないし苦くもないし、それが心地よくて。
 幼馴染ってそんなものだと思う。
 ずっとずっと、翔にはそんな存在でいてほしいと思う。

 それが私の勝手な思い込みだって知るのは、私が19歳になる誕生日だった。
 玄関のチャイムが鳴って、インターホンから翔の声がした。
 いつものようにおかずのおすそ分けかな~なんて思いながら扉を開けたけど、ポンと小さな箱を手の上に載せられる。
「おめでとさん」
 なんて言われて、私の誕生日プレゼントを届けに来たんだと知った。

 丁寧に包装された、かわいいリボンの付いた小さな箱。
 そのお店のロゴが最近噂になってるアクセサリー屋さんだったから、かなり驚く。
 毎年、私の誕生日にプレゼントはくれる。
例年だとモコモコソックスとかお菓子をくれるけど、今日はなんだか勝手が違っていた。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【歩いてみようね】へ
  • 【キスまでの距離 2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【歩いてみようね】へ
  • 【キスまでの距離 2】へ