潮騒の詩

第四話 綺麗だね 前編

 ←第三話 平気だよ →第五話 綺麗だね 後編
「綺麗だね」
 目をキラキラさせて、美菜はしゃがんでいる。
 手には線香花火。
「まぁな」
 俺はとりあえず、そう答えた。

 美菜とは対照的に、今ひとつテンションが上がらない。
 一緒に花火をしようと誘われたけど、まさか線香花火オンリーだとは。
 どこでこれだけ買い占めたんだ?
 海苔を入れてあったらしい缶に、線香花火が詰まっている。

 200本近くあるんじゃないか?
 まさか、夏休みの夜の海岸で。
 二人で線香花火をする羽目になるとは。
 小柄で可愛らしい美菜はいいけど、人並み以上に成長した俺がこんな小さな花火を持っていると、実に違和感がある。

 まぁ。
 あふれそうな線香花火なんて、意外ではあったけれど。
 美菜らしいと言えば、美菜らしい。
 キャーキャー走り回るよりも、こうやって肩を寄せ合ているのは悪くない。
 洗いたての美菜の髪は甘いシャンプーの香りがして、当たり前の潮の香りと混ざると、妙に落ち着かない。
 ソワソワすると言えばいいのか……なんとも表現できない気分だ。
 いつもよりも距離が近く息を詰めているので、美菜を女だと必要以上に意識してしまう。
 まぁ、そんなふうに思っているのは俺だけだ。

 真剣なまなざしで、美菜は線香花火に夢中だった。
 いつもより、その横顔は大人びて見えた。
 息をそっとひそめたまま、光の球からチカチカと散る炎の雫を見つめている。
 フッと吹きぬけた風に、オレンジ色の炎の球がこぼれ落ちる。
 砂浜に落ちて、パッと弾けて消えた。

「あっ!」
 残念そうに美菜は声を上げた。
「仕方ないさ、風が強いからな」

 そう。
 海岸べりは風が強いので、線香花火には不向きだった。
 せめて美菜の家で、建物の陰に入れば別だろうけど。
「そうするか?」
 うながすと、美菜は首を横に振った。
「おじいちゃんもおばあちゃんも、花火は嫌いだから」
「そうなのか?」

 なら、俺の印象、悪くならないか?
 それでなくてもビジュアルで怖がられることが多いので、これ以上悪い印象を与えたくない。
 どうでもいい奴が勝手に怖がっているのは平気だが、美菜の保護者に怖がられるのは勘弁だった。

 俺のそんな心配を読み取ったように、平気だよ、と美菜は言った。
「一緒に星を見るって、言っておいたから」
「星?」
 俺は意外すぎて、驚いてしまった。
 花火の次は、星……?
 美菜の思考は、夏の連想ゲームみたいだ。

「流星群が来るって」
「ああ、なるほど」
 よけいな明かりが少ないので、星はよく見える。
 意外と穴場なのか、海岸は星の写真を取りにくる奴がわりといる。
 ふぅん、流星群ね。
 興味がないから、今日だとは知らなかった。
 それにしては、海岸に人が少ない。

 美菜は俺の疑問を先取りしたみたいに、サラッと言った。
「今日じゃなかったかもしれないけど、予行演習ってことにしといた」
 おい。
 時々、大胆なことをする。
 まぁ、それでじいさんたちが納得したなら、いいんだけどな。
 抜けているんだか、しっかりしているんだか、ちっともわからない。

「そのまま動かないでね」
 俺を風よけにするつもりらしい。
 上手くいかなかったのか、色々と体勢を変えていた。
 結局、俺と背中合わせになった。
 俺は線香花火に飽きてしまって、振りかえろうとしたら美菜に怒られた。
「もう! そのままがいいの」

 ハイハイ。
 ジッとしとけってことか。
 アッとか、うん、とか声を上げながら、美菜は一人で楽しんでいる。
 誘っておいて、放置だ。
 マイペースだな、相変わらず。

 しゃべると花火の炎が落ちてしまうと文句を言うので、話しかけることもできない。
 俺は空を見るぐらいしか、やることがなかった。
 スウッと夜空を光が駆け抜ける。
 流れ星だ。
 視力は良いので、俺はうろ覚えの星座を探した。
 今夜は、よく晴れている。
 月がないので、星が浮き上がって見えた。

 どのぐらいそうしていただろう?

 背中に、トン、とぬくもりがふれた。
 美菜の背中だとわかったけど、頼る調子でもたれかかるので動けない。

 静かだった。
 小さな背中が心地よくて、俺たちはしばらくそのままでいた。
 それでも、一つ流れ星が消えたのを見つけて、そっと声をかけた。
「花火は?」
「うん……」
 あいまいな美菜の答えに、まぁいいさと、俺は再び空を見た。
 こうやって、背中合わせも悪くない。

「星、綺麗だな」
「私、星は嫌い」
 意外すぎて、俺は耳を疑った。

 今、嫌いって言ったか?
 何を見ても子供みたいに純粋に喜ぶので、星を見たらそれこそ手を叩いてはしゃぐかと思った。
 少しのあいだ黙っていたけれど、美菜は俺の背中にグッと体重を全部かけた。
 俺に頼りながら、星空を見上げているのがわかる。

「星はね……嘘つきだから。通り過ぎる季節を忘れちゃうぐらい、ずっと前に死んでるかもしれないでしょう?」
 ポツン、と落ちるようで、その声は波の音にまぎれた。

「美菜……?」
 なんだか、今、不安になったぞ。
 不意に、背中からぬくもりが消えた。
 振り向くと、美菜がふわっと笑った。
 最後の一本だと、大切そうに線香花火を差し出した。
「一緒にしよ?」
 ああ、と俺はうなずくことしかできなかった。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第三話 平気だよ】へ
  • 【第五話 綺麗だね 後編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第三話 平気だよ】へ
  • 【第五話 綺麗だね 後編】へ