「ミルキィ☆ロール」
ホワイト・ノエル

第51話 ホワイトノエル

 ←第50話 ホワイトノエル →第52話 ホワイトノエル
 ほっといて! と叫びかけて、私は言葉を失った。
 だって、現実の私自身を振り返ってみると、衝撃を受けるしかない。
 仕事に行って、休日もケーキ屋や食材探しに歩きまわって、同期も女の子か清水先生ぐらいとしか連絡をとっていないし、出会いの場なんて皆無だ。

 それどころか今までに、恋、したことあったっけ?
 小学校の初恋ぐらいじゃないかしら?
 最後に胸がキュンキュンとときめいたのは、店長の作ったケーキのスポンジ。
 なんと、人ですらない。

 大ショックである。
 私、浮いた話の一つすらない。
 本当に自分の夢に向かってケーキ作りに励んでいたから、男の人と付き合ったことすらないのだ。
 もしかして、もしかしなくても。
 私って、西条以下の、非常にかわいそうな人間?
 まともな人間にはときめけないって、問題が大きすぎるわよ。

 私は気がつかなくていい事実に気がついてしまい、ズコーンと落ち込んだ。
 人間、見なくていい現実って、ものすごく近くにある。
 それでなくても仕事で疲れていたから、もう言葉を発する気力すらない。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第50話 ホワイトノエル】へ
  • 【第52話 ホワイトノエル】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第50話 ホワイトノエル】へ
  • 【第52話 ホワイトノエル】へ