「ミルキィ☆ロール」
ホワイト・ノエル

第49話 ホワイトノエル

 ←第48話 ホワイトノエル →第50話 ホワイトノエル
 私は握りしめられた手を、茫然としたまま見つめる。
 西条のことは大嫌いだったけれど、繊細で優雅な動きを見せるこの手は好きだった。
 いつも動きに見惚れるばかりだったので、こんなふうに触るのは初めてだ。
 大きくてあったかいな~なんて場違いな感想を抱きながら、私は条件反射のように流されて握りかえす。

 だけど、すぐに気がついた。
 この握手、成立させてはいけないんじゃないの?

 あんまり驚きすぎて、思考がうまくまとまらないけど。
 恐る恐る、聞き返してみる。
「ちなみに、なに? よろしくって?」
「聞いてないだろ? 俺んち、遠いんだよ」

 ガーンと私がショックを受けたのは言うまでもない。
「と、遠いって……泊まる気なの? このまま、うちに?」
「もう帰れないからな」
 なんてケロッとして西条は胸を張る。
 非常に爽やかな笑みだ。

 嘘でしょ~本気?
 いきなりお泊りってなによ!
 私はようやくここで正気に戻り、さすがにムカッとする。
 ありえない。いくら顔の良い王子様だとしても、調子に乗りすぎ。
 誰がなんと言おうと、ありえないから!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第48話 ホワイトノエル】へ
  • 【第50話 ホワイトノエル】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第48話 ホワイトノエル】へ
  • 【第50話 ホワイトノエル】へ