「ミルキィ☆ロール」
ホワイト・ノエル

第12話 ホワイトノエル 

 ←第11話 ホワイトノエル →第13話 ホワイトノエル 
 学生時代だけではない。
 今の西条は優等生で四つ星ホテルのパティシエ様。
 私は地元の庶民はケーキ店に雇われの身。
 確かに大好きな仕事だし自分の仕事に誇りも持っているけれど、目指す物が違いすぎて肩を並べてもいいのかしら? なんて疑問がわく。
 言い訳なんかじゃなくて、違う生き物だって思うことにしていた。

 それなのに。
 西条はなぜか私にからんでくる。
 学生時代に、事あるごとに主義主張で対立したのは苦い思い出である。
 
 だって私のかわいくない、素直じゃない性格が強化されたのは、こいつのせいだ。
 絶対に譲れない部分ばっかりチクチクと、嫌味のように突き刺してくるからかみつくしかなくて、私の負けず嫌いに拍車がかかった。
 そう、私に可愛くない性格が定着した根源は、西条なのだ。
 思い出したら、腹が立つばかりだけど。

 だから、卒業後はできるだけ距離を置こうとした。
 数年経ち、季節のハガキぐらいのやり取りで、やっと心穏やかな日々を手に入れたのに。
 
 うう、負けてたまるもんですか。
 とにかく用件だけ聞いて、お引き取り願わねば!

「と、とにかく! な、何の用よ?」
 とがった私の声なんてまるで気にせず、西条は爽やかに微笑んだ。
「ん? プレゼント持ってきた。まる美の部屋、行こうか」
「は? なんでうちに?」

 何を言うか、この男!
 あんまり唐突過ぎて、目をパチクリと瞬いてしまった。
 全然、脈絡がわからないんだけど。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第11話 ホワイトノエル】へ
  • 【第13話 ホワイトノエル 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第11話 ホワイトノエル】へ
  • 【第13話 ホワイトノエル 】へ