短編集 恋の卵

ただ、その笑顔を見たかった 前編 【テーマ:隣人】

 ←五文字の幸せ →ただ、その笑顔を見たかった 後編
 すすり泣きが聞こえる。
 窓を開けているから、網戸から入ってくる風に乗って、かぼそい嗚咽が室内に入ってくる。
 また、お隣さんがベランダで泣いているらしい。
 別に聞く気はないのだが、安普請なのでお互いに窓を開けていると、やっぱり生活音や話声がお互いに筒抜けになるのだ。
 電話の内容だって細やかな内容までは聞き取れないけど、その語調や雰囲気でなんとなく察する事ができる。
 いいのか悪いのかわからないけど、古い物件ならではの事情だ。

 賃貸マンションに越してきてから数カ月。
 お隣さんと交流はあるけど、特別に部屋を行き来するほど親しい訳ではない。
 だけど、知らない相手だ、とも言えない。
 会話はするけど、顔を突き合わせることのない、不思議な関係なのだ。
 
 俺が右隣に住んでる彼女と初めて顔を合わせたのは、引っ越してすぐの真夜中のベランダだった。
 引っ越しの片づけと、転勤してきたばかりの会社への顔見せと、とにかくバタバタとして落ち着かない一日がやっと終わり、寝る前の一杯と晩酌をしかけた時。
 シクシクと女の泣き声が窓から入ってきたのだ。

 押し殺したような嗚咽が、部屋にそっと染み込んできたのだから、俺はかなり焦った。
 ここ、四階だぞ。寒い。寒すぎる現象だ。
 一気に血の気が引いたのも当然だろう。
 真夜中に若い女のすすり泣きが窓の外から聞こえてきたんだから、怯えないほうがおかしい。
 俺はビクビクしながら、旅先で買っていたお守りを持ってベランダに出た。

「誰かいるのか?」
 頼むから空耳であってくれよと願いながらの言葉に、まさかの返事があったのはその時だ。
「誰?」
 右隣から響いてきた涙にぬれてかすれた声に、驚くと同時に安堵した。

 なんだ。これはお隣さんで、本物の人間だ。
 挨拶に行った時は留守で、それからバタバタしていて挨拶の機会を失していたから、これがはじめましてになる。
 お隣さん、若い女の子だったんだ。
 声の感じからして、俺と同い年ぐらいだろう。
「先週引っ越してきた……」
「私、泣いてないから」
 俺が挨拶と説明をしかけたところで、彼女はピシリと遮った。

 え~っと、そうきたか。
 あきらかに泣いてるけどな。
 まぁ、泣いてることをあえて口にするのは、誰だって嫌だろう。
 どう返せばいいのかよくわからないが。
 
 返事に詰まる俺に、彼女はたたみかけるように続ける。
「私、泣いてる訳じゃないからね」
 そっか、と俺は答えるしかなかった。
 彼女の声以外に物音一つしないし、ベランダに誰も出てくる気配がないから、一人暮らしなのだろう。

「なら、これあげる」
 なに? と彼女は不思議そうに返事を返してきた。
「お守り」

 ベランダは薄い板を無理やり壁にしているようなチャチな作りだったから、少し身を乗り出して隣に手を伸ばせば小物を渡すことぐらいはできる。
 もちろん、どんな相手か見えないけどな。
 彼女は、俺の差し出したお守りを無視せず、同じように身を乗り出して受け取った。
 白くて細い手が、チラリと見えた。
 桜色のマニキュアに、やっぱり若い女の子だと感じる。 

 プッと吹き出すのが聞こえた。
「なんで、商売繁盛なの?」
 あ、笑った。
 そういうのがツボなわけね。

「それしかなかったんだよ。俺はホラーが苦手なんだ」
「ホラー?」
「真夜中に窓の外から、女のすすり泣きが聞こえてきたんだ。空耳ならいいなって思ったんだよ。悪いか?」
 彼女は、押し黙った。
 きっとバツが悪いと思っているに違いない。

 怒ったか? 
 不安になるほど長い沈黙の後。
 笑いをふくんだ、からかうような調子が返ってきた。
「お化けが怖いのに、確かめるんだ?」

 あ、あれだ。
 や~いや~い怖がり、とからかう子供みたいな口調が、なぜか心地よかった。
 
 彼女はもう泣いてない。
 今日の涙は、たぶん打ち止めだろう。
 
「訳も分かんないのに、一晩中、シクシク泣かれてみろよ。ここは四階だぞ? 安心して眠れないだろ?」
「ないそれ? 勇敢なんだか、憶病なんだかわかんない」
 そう言ってクスクス笑う声が心地よくて、訳もなくよかったと思った。

「どっちでも変わらないよ」
「全然、違うでしょ?」
「違わない。別に、どっちでもいいだろ~確かめてんだからさ?」
 俺もつられて、笑った。
 はじめましても言ってないけど、彼女は笑ってる。
 よかった。
 本当に、あの時はそう思ったんだ。

 あれから、数カ月。
 俺たちがどうなったかというと。
 
 特別に急接近するでもなく。
 かといって、距離を置くでもなく。
 真夜中に時々会話を交わす仲になったけれど、顔もまともに見る機会すらなく。

 彼女か俺がベランダに出ると、気が向いたら同じようにベランダに出て、どちらからともなく声をかける。
 ただなんとなく、壁越しに会話を交わす。
 いつも、それだけ。
 とんだヘタレだって? ほっといてくれ。
 友人でもないし、名字しか知らないし、隣人と割り切るには親近感を抱いているけど。
 この距離感が心地いいんだ。
 いまだにそんな不思議な関係でいる。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【五文字の幸せ】へ
  • 【ただ、その笑顔を見たかった 後編】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【五文字の幸せ】へ
  • 【ただ、その笑顔を見たかった 後編】へ