短編集 ちょっぴり異世界

道きり 第一話 (お題:冬のホラー企画で執筆)

 ←陽だまりマフィン 第三話 →陽だまりマフィン 最終話
 その辻の先は、不自然に途切れている。
 唐突に現れる行き止まり。
 行き場のない袋小路の先にあるのは、小さな祠。
 古びているのに凄烈な、そのたたずまいを見る者は、誰もいない。

 そんな「道きり」の話を聞いたのは、大学のサークルだった。
 俺が所属しているのはなんてことのない旅行サークルだけど、たまたま同期にパワースポットや不思議ゾーン好きが集まり、そういう話に喰いついてくる奴が多い。
 それっぽい物もあれば嘘くさい物もあり、話を聞くだけでも面白かった。

 たあいのないランチ途中で、次に行くパワースポットの話題から、なぜだか不思議な言い伝えを持つ祠へと転がっていき、その中で「道きり」の話が出てきたのだ。

 途中までしかない道の先は、別世界に続いているらしい。
「へ~袋小路なんて、どこにでもあるだろう?」
「まぁなぁ。でもな、祠がお出ましなんて、どこにでもはないと思うけどな」
 他の話よりも興味を引いた。
 だっていつもと変わらない日常が、いきなり別世界に変わるのは魅力的だ。
 当たり前が、当たり前ではなくなる瞬間は、想像しただけでゾクゾクする。
 興奮するというか、怖いもの見たさというか、いろんな気持ちが湧きあがり、実際はどうなんだろうなぁと、学食のテーブルで話し合った。

 よしてよ、と唯一の女子である柚香さんが言った。
 なんでも祖母が古い神社の巫女さんだったらしく、それなりに口授を受けているようで、古来からの風習や民俗学にも詳しい。
「道きりって正確には鬼道のことなのよ? 鬼門に向かって延びる道の先にあるものが、そんないいものである訳ないでしょ? この世では行き止まりでも、本当の行き止まりじゃないから。足を踏み入れた者は鬼に堕ちる、忌わしい場所だわ」
 冗談でも言わないことね、なんてピシッと切り捨てる。
 その冷ややかな眼差しに、俺たちは苦笑するしかない。
「そんな、真に受けるなよ。ありもしないものだから、ちょっとした噂話みたいなもんさ」

 そう、と柚香さんは自分のカップに視線を落とした。
「ならいいけど。あんまり、めったなことは口にしないのよ。軽い冗談のつもりでも、声に出して名前を呼べば、鬼を呼び寄せるから」
 ひんやりしたその表情に、俺たちは肩をすくめることしかできない。
「あのさ~柚香さんだって、妖しい話をしょっちゅうするじゃないか」
「私は守りの術を知っているわ。鬼道も道きりも鬼の名と変わりないのよ? あなたたち、妙な好奇心が旺盛みたいだし、お守りの一つでも持っておいたら?」
 ほら、と柚香さんはバックの中からお守りを出して、それぞれに配った。

 俺たちは渡されたお守りを手に、苦笑するしかなかった。
 美人だしクールな柚香さん目当てでサークルに入る男も多いのに、こういうちょっと変わったところがあるのでいまだに彼氏ができない。
 黙っていれば神秘的な風情があるのに、口を開けば本物の不思議ちゃんだからな。
 もったいないのか、ラッキーなのか、わかんないけど。
 まぁ、憧れ女子の存在がありながら、裏での熾烈な恋の争いがないのは、サークルにとってもいい事だけど。

「柚香さ~ん、そんなに恐がらせないでくれよ。俺たち、小心者なんだからさ」
 フッとやわらかく、子供をあやす調子で柚香さんは微笑んだ。
「よしましょ、もうちょっと楽しい場所の話がいいわ。せめて、御伊勢様とか御稲荷様とか、名を呼ぶのも神様にしてほしいわね」
 そういえば、なんて。
 柚香さんは話題を変えて、最近行った神社について語り始めた。

 その楽しそうな様子に、俺たちも仕方ないなぁなんて苦笑して付き合う。
 まあ確かに。
 わざわざおどろおどろしい話題を出したとしても、柚香さんはキャーなんて怯えてくれない。
 軽蔑されるよりは、会話の変換に乗れば平和だし楽しい時間になる。
 そんなふうに思っていたから、柚香さんに渡されたお守りの意味を考えなかった。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



ホラー企画で書いたので、愛も夢も希望もありません(汗)
おまけに無理やり短編にしちゃったので、掲載もちょっとドキドキです;;
怖すぎないとは思うの~楽しんでもらえるかな?
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【陽だまりマフィン 第三話】へ
  • 【陽だまりマフィン 最終話】へ

~ Comment ~

ホラー大好きっ☆ 

こんばんは^^
更新お疲れ様です。
新作ですね。
ホラー好きです♪ なので、恐すぎても大丈夫です。
今後の展開が楽しみ。
(お守りグッジョブな展開があるかな?笑)

Re: ホラー大好きっ☆ 

おはようございます!

デジャブさん、ホラー平気なんですか?!
お化け屋敷では盾になってください!! ←迷惑な
は、はじめてのホラーです~おまけに私は超怖がり[壁]ω<。`)》》》》》ガタガタ...
どこがだよ~なんて言われないように、他の人から見てもちゃんと怖くなってるといいな……お守り、怖がりなので信じずにはいられません(^-^:;
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【陽だまりマフィン 第三話】へ
  • 【陽だまりマフィン 最終話】へ