短編集 恋の卵

手をつなごう(テーマ:胸キュン)

 ←第94話 これから本番? 2 →愛情の表し方
 放課後。
 三月の初めはまだ冬の匂いがして、空気が冷たい。
 この時期だと手袋は必要ない気がして家に置いてきたけど、今日はやっぱり持ってくればよかったと思うような寒さだった。
 
 そんな冷えた空気の中、彼と一緒に校門を出た。
 駅までは帰り道が一緒。
 嬉しいな、なんて思いながら彼の背中を追いかける。

 ゆっくり歩いてくれているのに、いかんせん彼は百八十センチを超える長身。
 私はチビすぎないもんと言い張ってみるけど、百五十センチしかないからクラスで一番小さい。
 なので、歩幅がどうしても違いすぎる。
 必死で歩くのに、どうしても彼の後ろになってしまう。
 ついて行くだけでやっと。
 肩を並べるなんて、どんなに頑張っても無理な相談。

 彼とは同級生だけど、一度も同じクラスになったことがない。
 不器用でぶっきらぼうな彼。
 だけど、私は運動会の時に、あきれるほど簡単に恋に落ちた。

 リレーの最中、混戦状態になって強く押されてしまい、バトンを渡した直後に見事に転んでしまった。
 捻挫してしまい、起きあがりたくても起き上がれなくて。
 恥かしさと情けなさで泣きそうになった時、サッと彼が抱き上げて保健室に運んでくれた。
 それだけだったのに。
 見た目の恐そうな彼の意外な優しさや行動力が、頭の中から離れなくなった。

 見るからに体育会系で無口な彼を呼び出して、告白するのはとても勇気が必要だった。
「別にいいけど」
 そんな、ぶっきらぼうな返事をもらっただけで、泣きそうなぐらい嬉しかった。
 話すのが苦手な彼と、一緒に歩けるだけでも幸せなの。

 だけと時々、不安になる。
 好きなのは、私だけなんじゃないかって。

 見た目に似合わず優しい人だから、迷惑だって言えなくて「別にいいけど」って答えただけかもしれない。

 だって、私は彼に好きになってもらえるところが、一つもない。
 チビだし。どんくさいし。
 一生懸命やればやるほど、つまづく。
 並んで歩くことすら、できない。

 じわ、と涙が浮かんでくる。
 なんで私って、こうなんだろう?

 情けなくって、泣きそうになった時。
 彼は不意に立ち止まった。
 周りをチラッと見まわして、おもむろに手を出す。
「ほら」

 私は差しのべられた大きな手を、ジッと見ることしかできない。
 何を求められてるんだろう?
 突然だったからどうすればいいのかわからなくて、頭の中が混戦状態だ。
 オロオロする私に、チッと彼は舌打ちした。

「わかれって」
 彼はグイッと私の手をつかんだ。

 強引な感じだったけれど、今、間違いなく彼と手を繋いでいる。
 重なる手のひらが、あったかい。
 私は彼の手をジッと見つめた。
 大きくて、骨っぽいけど、暖かかった。

 それがなんだか嬉しくて、胸がいっぱいになって。
 ポロッと涙がこぼれた。
 さっきまで我慢していた苦しさが一瞬で消えていた。
 笑いたかったのに、なぜか、雪解け水みたいに涙が一粒だけこぼれ落ちた。

 そうか、さっき見回したのは周りに誰もいないのを確かめていたんだ。
 ぼんやりと頭の隅で考えていたら、そのまま引き寄せられた。
 え? と思う間もなくつないだままの手は、仲良く彼のポケットの中に収まった。
 ギュッと強く握られる。
 声には出さない、声が聞こえるみたいだ。

 好きだ。

 見上げると、ツイッと彼は視線を遠くに流した。
 目を合わせてくれない。
 だけど、横を向いたその耳は、真っ赤だった。
 胸が、ドキドキした。
 ちゃんと、彼の気持ちが側にあった。

 私も好き。

 声には出さずに、キュッと手を握りかえした。
 伝わるはず。
 きっときっと、これだけでわかってくれる。

 私の気持ちは、いつも彼の側にいるよ。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第94話 これから本番? 2】へ
  • 【愛情の表し方】へ

~ Comment ~

NoTitle 

キャハッ♪(*//∇//*)
いいわ~ぁ♪
私、恋の卵もメッチャ好きなんだよなぁ(≧∇≦)

実はさぁ・・?
私は150cmないくらいチビなんだわぁ・・(;´Д`)ノ
成長期が未だにこないww
椿ちゃんのお話に出てくる女の子って背の低い子が多くて
なんだか凄い親近感わいちゃうのよねぇ♪

勝手にごめ~ん(;´Д`)ノシ)))

Re: NoTitle 

「恋の卵」は私も好きなの~♪
これからどうなる?! って感じだけどww
王道を突っ走りつつも、キュンとしたいのです(//▽//)♥

私もチビなのです。152センチです。
ちっちゃい女の子が多いのは、身長の高い女の子の世界がわからないからなのです(汗)
身長がほしい~牛乳を飲んでも育たなかった(T-T)

でも、ちっちゃいにはちっちゃいなりにいいことがあってほしいので、おいら、キュンキュンさせてみたとです←どこの言葉w

親近感を持ってもらえてうれしいです~♪
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第94話 これから本番? 2】へ
  • 【愛情の表し方】へ