「英雄のしつけかた」
第四章 カッシュ要塞

第98話 英雄のしつけかた 1

 ←手を伸ばしても届かない →第99話 英雄のしつけかた 2
 ビシッとフライパンを突きつけられて、ガラルドは一歩後ろに下がった。
 ちょっと腰が引けていた。
 魔物や悪党が相手ならともかく、ミレーヌの相手はどうも分が悪い。
 ジリジリとミレーヌが距離を詰めるので、そろそろと後ずさる。

「だから! 前にも言っただろうが! それなりに理由もあるからいいんだ」
「そんなこと理由になりません! 二度とオムレツを食べられなくてもかまわないんですね?」

 ウウッと思い切りショックを受けた顔で、更にガラルドはひるんだ。
 オムレツ停止も厳しいが、ミレーヌを前にするとなぜか身体がうまく動かなくなる。
 それでも胸を張った。

「それとこれとは別問題だ。俺の仕事と、オムレツを並べるなど卑怯だぞ。関係ないだろう!」
「ありますわよ! このスットコドッコイ!」

 エイッとふり下ろしたフライパンを、ガラルドはかいくぐる。
 実力に雲泥の差があるので、よく見ればフライパンぐらい避けることはたやすい。

 ガラルドは悩んだ。
 要塞の破壊か、ミレーヌからの逃走か。
 どちらの行動をとっても、後が面倒くさくなりそうだった。

「オルランド!」
 ミレーヌが叫ぶと同時に、オルランドはつい足払いをかけてしまった。

 ガラルド自身、双剣持ちはそれぞれ油断ならないと警戒していたが、腕はたってもほんの子供だとオルランドのことを侮っていた。
 黒熊隊の要たちとさほど変わりない能力を秘めているから、子供の身でも「死神」なんて呼ばれているのだ。
 ステンと見事に転がったのも当然だろう。

 オルランドはオルランドで、ハッとした。
 つい、ミレーヌの言葉通りに動いてしまった。
 これじゃ本当にお姉さんの犬だとオルランドは苦悩したが、目の前で繰り広げられるありえない光景にポカンとする。

 モロに足払いにかかりガラルドが倒れたその上に、ミレーヌは馬乗りになっていた。
 ガンガンとフライパンで連打している。
 容赦など欠片もない。

「本当に、どこまであなたって人はバカなの!」
 怒涛のように説教を始める。
「他の方々の苦労を考えたことがありまして? だいたい、この建物は文化財だって言ってるでしょう! それに、この中には鶏も豚もヤギも馬もいますわ! 近隣から盗まれた物もたくさんありますのよ! それを建物ごと吹っ飛ばすだなんて、どこまで大雑把なスットコドッコイなの!」

「よせ! 危ないだろうが!」
「刃を素手でつかめるほどの人が、いまさら何を寝ぼけたことを! 剣だって気で跳ね返せるだなんて、いつも自慢してるでしょう!」

 お前だけは例外だ! なんていうものだから、さらにカッとする。
 スットボケタ言い訳をしないでと、ミレーヌはガンガンと叩きつける手を緩めなかった。
 色々と日常の出来事まで思い出されて、本当に腹が立って仕方なかったので、プチッと切れていた。

 鬼気迫るその様子に、オルランドはさすがに悲鳴を上げた。
 首輪に繋がってビュンビュンと揺れる綱を両手で押さえる。
 後ろに下がりたいが綱が短すぎて離れることができず、目の前で繰り広げられる一方的な攻撃を間近で見た。
 誰か助けて! と叫んだけれど、助けが来るはずもなかった。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【手を伸ばしても届かない】へ
  • 【第99話 英雄のしつけかた 2】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ミ、ミレーヌ様がキレたッッ(;´Д`)ノ

しかしオルランド。
いい味出しすぎでしょッww 爆ww

ミレーヌ様の前じゃ
オルランドもかわいく見えるから不思議だわ。(笑)

Re: NoTitle 

アハハ、ミレーヌ様は乙女チック幻想を抱いた乙女なので(笑)
離れて見ればイケメンのガラルドさんにパンツでウロウロされることは、かなりストレスだったのですw

オルランドは……この先はずっとワンコ扱いですねww
みんなによってたかって、可愛がってもらうのです(笑)
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【手を伸ばしても届かない】へ
  • 【第99話 英雄のしつけかた 2】へ