「英雄のしつけかた」
第四章 カッシュ要塞

第92話 フライパンをどうぞ 4

 ←第91話 フライパンをどうぞ 3 →作品紹介
 抵抗している様子も、はたからはじゃれあっているようにしか見えなかった。
 微笑ましいこと、なんて間違った感想を述べながらミレーヌは笑っていた。
 これから仲良くしましょうね、なんて言うものだからオルランドは表情を失くしてしまった。

 勘弁してくれ。

 言っても届かないのはわかっていたので、声には出さなかったが。

 フライパンの握りを確かめていたミレーヌだが、ふと気付いた。
「魔物の声がなくなりましたわ」
 すべて片付いたなら、ガラルドが動き出す。

「何を話していますの? 行きますわよ!」
 ムンッとフライパンを握った手に力を込めた。

「おお! 俺も熊退治に加勢します」
 キサルも立ちあがって、さぁさぁとミレーヌを正面出入り口へと先導する。
「いいですか? 熊が抵抗すれば、遠慮なくぶちのめしてください。俺たちが加勢するから、徹底的にやってもらえると助かる」

 本気でミレーヌのフライパンに期待しているキサルに、オルランドは眉根を寄せた。
「あんたたち、変だぞ?」
 なぜか、英雄退治だと盛り上がっている。

 ついさっきまで魔物だの野盗だのを討伐していたことなんてまったく気にしていない。
 それどころか最初から頭にもないようだった。
 砦での戦闘はおまけ扱いである。
 これだけ大量に魔物だって集めたのに、まったく意味がないのかとさすがにがっかりした。

 あきらかに期待外れの顔をしているオルランドに、お前程度なら熊と並べばずいぶん可愛いぞとキサルはきっぱりと言い切った。

「本物の英雄は全てを超越してる。気にするな」
 フッと遠い目になった。
「なにを言ってもムダ。言葉を尽くす気にもならん」

 思い出すのも嫌そうなキサルの様子に、オルランドはう~んと首をひねった。
 どうやら東の剣豪はかなり個性的で、困ったことばかりしでかす男らしい。

 ガラルド用の最終兵器がフライパンとオムレツというのも非常に変わっている。
「それって、どんな英雄様だよ……」

 離れて見ている時にはものすごくかっこよくて、軍神か武将神のようだったのに。
 世間の憧れと称賛を一身に受けている英雄の、スットコドッコイな素顔なんて見たくないなぁと素直に思った。

 だけど、それは叶わない願いだった。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



次回3月9日です。(一日あきます)
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第91話 フライパンをどうぞ 3】へ
  • 【作品紹介】へ

~ Comment ~

NoTitle 

(´・ω・`) ショボ-ン (´・ω・`) ショボ-ン (´・ω・`) ショボ-ン

ミレーヌ様!!
私の楽しみを奪う椿ちゃんにもお仕置きをwwww

なんてw
オルランドのように?(笑)おりこうさんに待っております♪

Re: NoTitle 

いつもありがとう~またせてごめんねw

頑張ってプレビューチェックします(^^b
明日は英雄はお休みだけど、気分転換(?)におじさん臭をお届けします←?!
笑ってもらえなければただの変態ww
もうお嫁に行けないかもしれないわ、私(^_^;)
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第91話 フライパンをどうぞ 3】へ
  • 【作品紹介】へ