「英雄のしつけかた」
第四章 カッシュ要塞

第86話 大したものだと言いたくなる 2

 ←第85話 大したものだと言いたくなる 1 →大好きなあなたにキスを贈る (テーマ:幸せ)
「降りるからジッとしてよ」
 言い聞かせて、ミレーヌを軽く肩に担いだ。
 自分よりずいぶん小柄な少年に持ちあげられて、ミレーヌは戸惑った。
 中肉中背でコロコロと表現される身に釈然としない思いもあるが、成人女性だからそれなりに重量がある。

「重くありません?」
 思わず聞いてしまい、オルランドには苦笑されてしまった。

 そういう生まれだからこそ死神と呼ばれたのに、ミレーヌはまったくわかっていない。
 人間の一人や二人、片手で充分だった。
 だから、軽く流した。
「この状況でそれだけ言えるなら余裕があるね」

 ヒョイと空中に身を躍らせる。
 落下するとミレーヌは悲鳴を上げたが、グンッと身体が浮き上がった。

 オルランドは器用に鉤のついたロープを投げて建物の窓枠に引っ掛けて宙を舞う。
 次々と鉤の位置を変えて、空を飛ぶように移動していく。

 ビュウビュウと過ぎていく景色と風の音の激しさに、まだ細い少年の肩にしがみついたまま、ミレーヌは目を回しそうになっていた。
 吹きつける風の強さに、息が苦しい。
 それでも、次第に地面が近づいているのだけはわかった。

 トンと軽く着地したのがわかった。
 ゆっくりと地面に下ろされた。
 空にいたのはほんのわずかな時間だったが、ミレーヌはフラフラしてしまう。
 なんだかまだ空にいるようで、ミレーヌは足を突っ張ってもまっすぐ立てなかった。

 半分、目を回していた。
 気持ち悪いと声を絞り出すので、オルランドは肩をすくめた。

「もう、仕方ないなぁ」
 手を貸そうとした。

 そのとき。
 不意に迫った気配があり、オルランドは後ろに飛ぶ。
 だが、遅かった。
 首根っこを捕まえられ、地面に倒された。

 一瞬の出来事だった。

 ドッカリと人が背中の上に乗った。
 うつぶせに地面にはいつくばったまま、オルランドは微動だにできなかった。
 気がつくと右手の剣は簡単に奪い取られて、腰の鞘に戻されていた。
 あっというまに、首輪までかけられていた。

 ただ、それ以上手荒なことはされなかった。

 かわりに上に乗った人物は、ドンと全体重をかけて背中に馬乗りだ。
 体重差だけでなく、力にも歴然とした差がある。
 オルランドは一寸も動けず、もがくことしかできなかった。

 クッソ~と呻いた。

 答えたのは愉快そうな男の声だった。
「よぉ、死神。初めましてだな」




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第85話 大したものだと言いたくなる 1】へ
  • 【大好きなあなたにキスを贈る (テーマ:幸せ)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

やめてやめてぇぇぇええ!!
オルランド、いい子なのよぉおお!!
離してあげてぇぇえッッ (*ノД`) *:・゚ ←コイツはww

あれだな・・ うん。
私はミレーヌになって入り込んでるんだな。(笑)

ぁ・・ 図々しい?(´・ω・`A
スイマセン♪

けど、よく小説の中に出てくるような
スタイル抜群な美少女ではないところが
すっごくいいんだわぁ、うん♪
親近感わいてwwww 笑

Re: NoTitle 

akoさん、いらっしゃいまし~♪

愛されてますね、オルランド(笑)
けっこう凶悪なことをしているのに、いい子に見えてしまうこの不思議ww
ミレーヌ様効果でしょうかw?
やっぱり男心をつかむのは、顔ではなく胃袋でしょうww
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第85話 大したものだと言いたくなる 1】へ
  • 【大好きなあなたにキスを贈る (テーマ:幸せ)】へ