「英雄のしつけかた」
第四章 カッシュ要塞

第77話 嵐の前ってこんな感じ 2

 ←夜明けまで →第78話 嵐の前ってこんな感じ 3
「お!」と、オルランドは表情を変えた。
 身体を起こす。
 風の音が変わった。
 魔物の匂いがする。

 なんだ~双剣の使徒が、まだここをつきとめていないのに。
 ちょっとがっかりした。

 せっかくカナルディア国内で死神の名を一つ残して、ミレーヌ愛用の買い物カゴを大通りに残しておいたのに。
 ヒントが少なすぎたのだろうか。
 あれっぽっちの情報でも、流派の要ならこの要塞ぐらい見つけてほしい。
 黒熊隊結成からまだ一カ月足らずらしいから、自由師団よりも集団の動きに慣れていないのかもしれない。

 東流派初の精鋭部隊だとの前ふりが先に立ち過ぎて、実は能力のかいかぶりだったのかと、がっかりしてしまう。
 他に間違われるような事件や勢力はないはずなのになぁ。
 そんなふうに考えながら、細い切り立った渓谷を越えて続々とやって来る魔物を見ていた。
 この周辺に群れている輩を集めるためにいくつも罠を張ったが、うまく誘導できたようだ。

 へぇ~とその種類の多さに目を丸くする。
 思ったよりも渓谷近くの森林に巣くっていた魔物が多い。
 街道や大街道には騎士団管理の警備隊や退魔を生業にする自由師団が活躍しているので、こうした僻地に逃げていたのだろう。

 下の物見台にいた連中も魔物の群れに気がついたのか、ザワザワと騒ぎ始めた。
 吊り橋を上げろと騒いでいるので、フフッとオルランドは笑った。
 遅いなぁとおかしかった。

 吊り橋は手動でしか上がらないし、止め具を壊しておいたから、たくさんの人の手でずっと支え続ける必要がある。
 押し寄せてくる見たこともない大量の魔物の恐怖に耐えながら、どこまで冷静に吊り橋を上げ続けていられるか見物だった。
 想像して、つい笑ってしまった。

 あいつらに何ができるだろう?

 夜明けとともに姿を消す妖物の類もいるが、ほとんど日中も活動する。
 周りが絶壁の要塞だから、魔物がなだれ込んできたら逃げ場もなくなるだろう。

 上げろ上げろといくつもの叫びと共に、吊り橋が巻き上げられていく。
 しかし、すぐに「止め具が使えないぞ」と悲痛な悲鳴が届いた。

 バカだなぁ~今頃気がついてる。
 オルランドはクスクス笑った。
 壊したのは昨日の夜なのに。

 屋根の上からのんびりと観察していた。
 手を離すなとか、逃げろとか阿鼻叫喚である。
 せっかく上まで上がっていた吊り橋が、ガラガラと音を立てて降りて行った。
 野盗たちは逃げ惑っている。

 入り込んできた魔物は多種にわたり、犬に似た四足の魔獣や、人の倍はありそうな鬼までいて、まるで博覧会のようだ。
 チェッと肩をすくめた。
 このままでは英雄たちが来る前に、あいつら全員が食べられちゃう。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【夜明けまで】へ
  • 【第78話 嵐の前ってこんな感じ 3】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ぁぅぁぅ。
ミレーヌぅぅぅう!!
今私が助けに行くわ(`・ω・´)

でも・・ でも・・
ドMの私は、オルランドの性格に惹かれてしまう。(笑)
むしろ見え隠れする優しさにキュンッとなってしまう。(爆)

Re: NoTitle 

akoさん、まさかのドM?!
(驚きどころがそことだったw)
私のまわりは、なぜか自称ドMの人が多いですww

ミレーヌさん、どうなっちゃうかはお楽しみに~もうちょっと後だけど♪
一応、兄貴たちも働きます~それでもって、オルランド君も頑張ります(笑)
純粋な悪役がいないのは、ナイショナイショww

NoTitle 

オルランド悪趣味過ぎる(笑)
要塞をうまく使えば戦えるさ! 頑張れ野盗!
なんて、野盗を応援してくなる展開ですw
ここでリーダーシップを発揮した野盗はきっとイケメン(笑)
続き、楽しみにしてますね♪

Re: NoTitle 

こんばんは、デジャブさん(*^_^*)♥

いつもありがとう♪

オルランドは、憎めない悪い子を目指して、がんばって書きましたw
かなり正確が悪いけど、人間としては悪すぎなくて、ちょっぴりかわいさを残せたらいいな~と……成功していたらいいなw

野盗の活躍!! しまった、それも面白い展開だったのに!
魔物が出たら、兄貴たちがお仕事モードで頑張ります(*^_^*)b
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夜明けまで】へ
  • 【第78話 嵐の前ってこんな感じ 3】へ