「英雄のしつけかた」
第三章 死神と呼ばれる少年

第57話 オルランド 1

 ←夢に堕ちる →「饒舌な心臓」 2
 少年は深呼吸をして、息を整えた。
 ミレーヌのペースがものすごくのほほんとした筋金入りのナチュラルなので、頭痛がして今すぐ王都に戻してこようかと悩む。
 あやうく、誘拐の目的を忘れそうだった。

 そんな少年を尻目に、あくまでミレーヌはほのぼのとしていた。
「ねぇ、オルランドは何がお好き? 誘拐犯でもお腹はすきますでしょう? 材料さえあれば人質らしく、多少の我儘はききましてよ」

 人質らしく?

 声に出すのをぐっと我慢し、口をつぐんだ。
 一回の発言に対して、返事として一〇は奇妙な台詞が返ってくるに違いない。

 我慢だ、我慢。
 泣き叫んで暴れられるより、きっとこれはマシな状況なんだと自分に言い聞かせる。

 そんな少年の目の前で。
 ミレーヌは食糧らしい袋を漁っていたかと思えば、あら鶏の声がすると壁に耳を当てている。
 確かにこの外は鶏小屋だった。
 そう言うと、卵料理は調理がすぐですわとミレーヌは非常に喜びはじめた。

「お姉さん、本気で台所に行くの?」
「ええ、もちろん。わたくし、オルランドの人質なんでしょう?一緒にいてくださいな」
 ミレーヌはニコニコと笑い返した。

 適当に袋の中から見つくろった物を、ポケットに入れてあったバンダナに包む。
「まずは台所で次は鳥小屋に行きませんこと?」
 ミレーヌが楽しそうなので、なんだかなぁと少年はぼやいた。

「なんですの?」
 あたりまえに首をかしげているので、何でもないよと返して、先に立って歩き出す。
 ここが台所と教えられたところで少しだけ下ごしらえをした。
 たまたま見つけたザルを持って鳥小屋に向かう。

 すれ違った男や遠くで見かけた男がジロジロと視線を向けてくるので、ミレーヌは嫌だわとつぶやいて、オルランドと少年を呼ぶと、離れないでくださいねと頼んだ。

 少年は顔をしかめた。
 本気でこの女はオルランドで名前を定着させるらしい。
 マジかよ? とあきれたものの、嫌だと言ったらうるさいに決まっている。
 うるさいのは耐えられないので、とりあえずそのまま流してしまう。

「あの、絶対に近くにいてくださいな。変な方ばかりなんでしょう?」
 オドオドしてミレーヌが身を寄せてくるので、う~んとオルランドは頭を悩ませる。
 よくわからなくなった。
 どこからどう見てもか弱い人質の態度だ。

「人並みに恐いの?」
「当たり前ですわ」

「僕のことは怖くない訳?」
 意地悪なことを言わないでと文句が返ってきて、大きな誤解があるよとぼやいた。

 さらったのはオルランドである。
 あの辺でジロジロ見ている男たちは、ミレーヌがどこの誰かもまったく知らないのだ。
 職業と勤め先を話して助けを求めれば、あんがい厄介な女を連れてきたと大騒ぎして、カナルに身柄を戻そうとする輩も出てくるかもしれない。

 そう説明したら、ミレーヌは悩んでしまった。
「まぁ! そう言われてみれば……なぜかしら? オルランドに初めて会ったと思えなくて……」
 う~んとしばらく考えながら卵を集めていた。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
総もくじ 3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ 3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ 3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【夢に堕ちる】へ
  • 【「饒舌な心臓」 2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢に堕ちる】へ
  • 【「饒舌な心臓」 2】へ