fc2ブログ

短編集 恋の卵

王子様と私  そのさん 王子様より幸村様

 ←王子様と私  そのに 王子様が現れた →王子様と私  そのよん 呼び出し怖い
 え? 今のどこに照れる要素があるの?!
 内心では戸惑いつつ、名前を尋ねられて素直に答えた。

「私は、相田三葉。入部テストは先輩がくるまでちょっと待ってね」

 図書室で資料をあさってから部室に来るので、部長をはじめとした部員の登場は遅いのだ。
 来てからもそれぞれが興味のある時代の資料をあさったり、歴史に関する雑談をしたりで、かなり混沌とした空間になる。

 そんなことを説明しているうちに、和也君が私の推しを尋ねてくるから、ついつい語ってしまった。
 最初は椅子に座って幸村様を讃えていたけれど、和也君は合いの手が上手かった。
 いつの間にか立ち上がり身振り手振りを交えた、幸村様を讃える独り講演会になっていた。

「と、いうことで! 真田幸村様は最高の武将なのです!!」

 力強く締めくくり、両こぶしを天井に向かって突き上げてポーズを決めると、パチパチと拍手の嵐が巻き起こった。
 そこで私は、ようやく正気に戻る。
 いつの間にか部長や他の部員も勢ぞろいしていて、一同は珍獣を見る顔でヤンヤと喜んでいた。最悪である。

 激しい羞恥に襲われる私だったが、和也君はやわらかく笑っていた。
 さすが、王子様と呼ばれる男。他の部員と眼差しが違う。
 ブレーキを掛けてくれなかったけど、許したくなる微笑みだ。

「三葉ちゃんって、可愛いね」

 慰めてくれたが、実にいたたまれない。
 そして私がショックで机に突っ伏している間に、和也君はつつがなく入部テストを満点でクリアして、嬉しそうに入部届を部長に提出していた。

「俺が歴史愛好部に所属したこと、入部期間が終わるまで内緒でね?」

 冗談めかして唇に人差し指を当てる和也君に、コクコクと私たちはうなずいた。
 歴史にまったく興味がない人間に、面白半分で殺到されたくはない。
 こうして王子の入部は緘口令が敷かれた。
 過去の争いは歴史として掘り下げるのも楽しいが、新鮮なもめごとはゴミ以下なのだ。
 
 その後。歴史愛好部への入部希望者は現れなかった。
 今年の新入部の一年生は、私と和也君の二人きりになりそうだ。
 それがどういう結果をもたらすか、私が身をもって知るのは、しばらく後のことである。
関連記事
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
もくじ  3kaku_s_L.png 風と狼
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【王子様と私  そのに 王子様が現れた】へ
  • 【王子様と私  そのよん 呼び出し怖い】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【王子様と私  そのに 王子様が現れた】へ
  • 【王子様と私  そのよん 呼び出し怖い】へ