Making Twilight

ブラック・サンタ

 ←邪眼は月輪に飛ぶ →なんだかなぁ(愚痴注意
窓から黒い服を着た男が入ってきた。
幽閉された私のところには、赤い服のサンタクロースはやっぱりこない。
先日処刑された父様よりも、もっともっと若い気がする。
黒いサンタクロースは、白いひげのあるおじいちゃんではなかった。

「お静かに」と男は言って私を抱きあげる。
どこに行くのだろう?
このままここに居たいわけではないけれど。
同じ場所で処刑されたら両親と天国で会えたかもしれないのに、それも叶わない。
それがとても悲しい。

「私が悪い子だから連れて行くんでしょう?」
思わずそんな言葉がこぼれ出た。
悪い子のところにしか、黒いサンタクロースは来ないのだ。

少し驚いた顔をした後で、男は薄く笑った。
何かを思いついた顔で、サイドテーブルの上にあったメモに、サラリとペンを走らせる。メリークリスマスの文字がチラリと見えた。
明日の朝、このメッセージを看守が見つけたら、さぞ驚くだろう。

「今の王様を滅ぼす悪い奴らの国に、仲間として貴女を連れて行きます」
黒服のサンタクロースは窓から抜けだした。
スルリと細いロープを伝って私を抱えたまま闇の中を素早く動く。
建物から離れた森の中、隠していた馬に飛び乗ると疾走を始める。
赤鼻のトナカイはいなかったのが、残念だった。

夜風が冷たく頬をなでてすぎる。
今夜から私も、黒服のサンタの仲間になるのだ。




あおさんは黒とクリスマスをお題に140字小説を書いてもらえます。
#140字小説が読みたい
https://shindanmaker.com/759560

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【邪眼は月輪に飛ぶ】へ
  • 【なんだかなぁ(愚痴注意】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【邪眼は月輪に飛ぶ】へ
  • 【なんだかなぁ(愚痴注意】へ