腹ペコのその時に

ザクザクしたアレ

 ←すっぱレモン →ちゃちゃっとお茶漬け
 夏が来れば思い出す。
 曽祖母が良く作ってくれた、名前のない料理。
 ひねりも何もなく、僕の家では「ザクザクしたアレ」と呼んでいた。

 作り方はとっても簡単。
 良く冷やした夏野菜を、五ミリ角ぐらいに荒みじん切りにして、醤油・酒・みりん・ごま油と混ぜ合わせ、コーヒーの空き瓶につめて冷蔵庫の中に一晩ぐらい置いておく。
 それで完成。

 夏野菜の種類は特に決まっていないけれど、刻んですぐに食べられる野菜だった。
 多かったのは、キュウリとトマト、ミョウガや青紫蘇が入ってもおいしい。
 新玉ねぎもいい感じで、人参は好みがあった気がする。
 味付けも適当で、2~3倍の麺つゆで代用する日もあれば、醤油を薄めにして塩コンブが入っているときもあった。

 そのまま食べてもいいけれど、冷奴の上にのせたり、そうめんなどの上にのせたり、ご飯の上にのせてもさらっとヒンヤリした食感が、夏のうだるような暑さでばてた身体にも優しい。
 ヒンヤリ感と、しょっぱさと、ゴマ油の芳ばしい香りが、夏バテにはちょうどいいんだよね。
 朝ご飯の後に仕込んでおいて晩御飯にちょいと出すだけなので、毎週食卓にその姿があった気がする。

 しょっちゅう食べていたのだけれど名前が「ザクザクしたアレ」という適当さで、他の家でも食べているのかしら~? なんて思っていたのですが。
 なんと! 山形の郷土料理に似たお料理がありました~すごい!
 僕の家は西日本なのに!!

 その名も「山形のだし」
 ゴマ油は入ってないし、ナスを使った事もないから全く同じではないけどね。
 即席の漬物に分類されるのか~なんて感動しつつ、遠く離れた場所で似た感じの食文化ができ上がっていると思うと、そこはかとなく感動したのである。
 それに「ザクザクしたアレ」と呼ぶより、山形のだしって通りが良い気がする。
 あ、でもゴマ油のあるなしは食べ物としての差が大きいかなぁ……これからは「ひいばあちゃんのだし」とでも呼ぼうかな♪

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【すっぱレモン】へ
  • 【ちゃちゃっとお茶漬け】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【すっぱレモン】へ
  • 【ちゃちゃっとお茶漬け】へ