短編集 ちょっぴり異世界

星巡りと願い星

 ←カレンダー →北極星
 星巡りは世界を巡るよ。
 いっそうの船に乗れるのはひとりきり。
 見習いだって、ベテランだってそれは変わらない。
 心を持つモノがいる場所ならどこだって行くよ。
 空はどこまでも広くて、大きな世界につながっているからね。

 真っ赤な髪を風になびかせて、空飛ぶ舟に乗った星巡り。
 昼も夜も舳先に立って、空の上を駆け抜けていく一族の名前なんだ。

 カチリと凍った心の小石を集めながら。
 ズキリと痛んだ心の小石を集めながら。
 ポロリと落ちた心の小石を抱きしめながら。

 昼も夜も空飛ぶ小舟で渡り、星巡りは空をゆく。
 巡り、巡る、彗星みたいに、空の上を駆け抜けていくんだ。
 小さくハミングしながら、星巡りは空をゆくよ。

 知っているかい?
 星巡りが三日月形の弓で、空にむかって心の石を矢のように放つんだ。
 欠けたり、曇ったり、砕けてしまった心のカケラは、空に放てば願い星に変わるんだよ。

 光の尾を引いて、心の石は燃えるよ。
 輝く一筋の矢になって、解き放たれた心の石を願い星と呼ぶんだ。
 悲しみだって、苦しみだって、キラキラ光り輝く星になりたいからね。
 全力で燃えあがりながら、空を見ている誰かの願いを叶えるんだ。

 小鳥だって、魚だって、狼だって、人間だって。
 時の塔にいる季節の女王様だって、星巡り自身だって、願い星に願いをかけても大丈夫。
 そう。誰の願いかなんて、流れ星は気にしないんだ。
 悲しいや苦しいを知ってる心のカケラだから、優しくて幸せな願いしか受け付けてくれないけどね。

 ひとつの星が叶える願い事はたったひとつ。
 だからふたり同時に同じ願いが叶うなんてことは、とんでもない偶然だけど。
 顔も知らないモノ同士の願いが重なったことも、きっとふたりにとっては必然だった。

 そう、きっとね。
 心臓がひっくり返りそうなぐらい驚くことが起こっても、それは必要なことかもしれないよ。

 流れ流れて願い星。
 君の願いも、僕の願いも、幸せにつながる願いでありますように。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【カレンダー】へ
  • 【北極星】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【カレンダー】へ
  • 【北極星】へ