小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

いじめの種

 ←眠り →透明なわがまま
ぽよぽよとすごすんだ~と言いつつ、ちょっぴりもにょもにょな話。
楽しい話ではありません。議論をするつもりもないし同意も求めていません。
誰もが心当たりあるなって事だからソレ言うのかよって感じだし、私自身もやってアイタタタ~なので、考えるきっかけになればそれでいいな~というか。
言葉の選び方が悪くなるかもしれないし正解のない話なので、負の方向が苦手な人はUターンお願いします。

前置きが長いですね=w)
お仕事でいろいろな悩が多く課題を抱えた人と関わるのですが、私はなぜか仕事を離れたプライベートの相談もされます。
話は聞いても、手出しはしませんけどね。

ともあれ。
今回の話は、いじめの種が育ってるケースかも? って内容でした。
遊びだったはずの上下関係が数カ月にわたって続いているそうで、お子さんも表面を取り繕っているけれど表情が曇り気味のようです。
はじまりは、王と従者、師匠と弟子とか、先生と生徒とか、親と子供とか、兄と弟とか、社長と従業員とか、そういったキャラごっこです。
これって大人でもよくある話ですよね。
「●●なさい」「はい、お嬢様」なんて、たまにやると面白いって私でも思いますし。
ただね、継続は良くない。
こういった遊びは一回限りで終わらせたり、健全なやりとりならいいのですが、継続すると指示命令と受諾という明らかな支配関係が生まれてしまう。

「●●しなさい」「わかりました」とか、「気をつけなさい」「ごめんなさい」のように、明らかな上下関係を続けることはいびつです。
たとえ当人たちが軽快な言葉遊びのつもりでも、他人を指示・支配をしてもいい場所ですよ、と間違ったメッセージを与えます。
そして、遊びだからと「いいよ」って許容した人を、指示や命令を与えて支配してもいい人間なのだと、その遊びを見ている不特定多数に向けても発信してしまいます。

みているうちにそのコミュニティーに属する人も感覚がマヒして、遊びならいいよねって、上下関係をつくる遊びに乗ってしまうのです。
たまたま、弟子役の子のメンタルが強くて「もうやめる」って言えても、上下関係を作る遊びって魅力的ですからね。
嫌って言えない別の子を見つけ出して、指示支配をするのが楽しい遊びをしちゃうのです。
そして上下関係があたりまえ感覚のコミュニティーができあがってしまう。
自分が踏まれてもその場の平穏を優先する優しい人が、こうやって被害者の種を持つのです。

おおげさね~みんなも遊びと割り切っているから大丈夫。
良く言われるのですがw
本当にそうでしょうか?

本当に嫌なことを嫌だと言ったときに、そうだよねって受け入れることが支配側の立ち位置にずっといた子にできるでしょうか?
Aさんが上から発言をしているのを許されてるのに、どうして僕はダメなんだ? とBさんが言いだす可能性はゼロでしょうか?
いつもと違う反応におまえ生意気だって怒って、お金な物品を要求したり暴力をふるったり、絶対にしないと言えますか?
私は、ノーだと思っています。

百歩譲って、割り切っていたとしても。
「●●しなさい」「生意気ね」「言う通りにしなさい」って言い続ける子がいて、それに「わかりました」「ごめんなさい」「そうします」って答え続ける子がいるなんて、本当に楽しいコミュニティーでしょうか?
たとえ遊びだとしても、一方的に踏みつけられてはいけないのです。

一回なら遊びです。
100回なら習慣です。
数カ月続けば、日常なのです。
上から目線で踏みつけられていい人など、実在してはいけないのです。

人間の脳みそは、楽な方向に流れるようにできているんですよね。
毎日のように●●しなさい・言うことを聞きなさいって言っている人間は、その言葉が思考に染みついて、遊びを離れたことにたいしても他人の話を聞く耳を持たなくなります。
だって、自分の欲求を叩きつけて、指示命令するって簡単ですもの。
とにかく言うとおりにしろと自分を押し付けて、相手から「わかりました」って言葉を引き出せばそれだけでいい。
コレの怖いところは、自分を押し付けることがすべてで、相手の事情も心情もわからないことが日常化してしまうことです。

コミュニケーションの基本は、自分のことを分かってほしいから、相手のこともわかろうとする。
お互いの話に耳を傾けて、折り合う地点を見つけることが大事です。
これって日常の繰り返しでようやく手に入れることができるスキルですからね。
指示支配関係が日常だと、とにかく同意させればすべて解決して、相手に自分のやり方をわからせたらそれでよくて、叩きのめすことを話し合いだと勘違いしちゃうのです。

こういった遊びを始める人は巧妙で、上下関係の継続を疑問に感じるころ合いを見計らって「上から発言をしてごめんね」と表面上の謝罪をするケースも多いです。
相手から「いいよ~遊びだから」って受諾を引き出します。
巧妙な加害の種を持つ人は自己演出が上手なので、表面上は面倒見がいいとか、声掛けが多くて頼りになるとか、気の回るいい人って評価を受けているので問題が表面化しないからタチが悪いんですけど。
私は正義感が強いんです~とか、困ってる人がいたら助ける! って公開発言している人ほど、実は加害者って隠れケースが多いです。
踏みつけたいとは思っていないので、悪意なく見えるけど。
無神経なだけだと許されがちというか……自己主張と承認欲求が強いから、他人の上に立ちたいだけなんだなぁ。

きっとね、心根が優しい人ほど、こういった問題に巻き込まれてしまうと思う。
つながりたい、認められたい、仲間が欲しい、嫌われたくない。
一緒にいられるなら、踏まれることすら楽しいよって思っちゃうから。
だから、被害者になってしまうんだけど。
助けを求めることも下手で、ほんと、理不尽だなぁ。

身近に遊びで見下し行為をしてくる人がいるとしたら、距離感を持つことが大事です。
もし、みている第三者になってしまい、忠告したらコミュニティーが壊れてしまうからとても言えない……と思っているなら、自分自身が日常的に加害の種を育てていることを自覚すればいいと思います。
見慣れてしまうと無意識に染みついて、悪いとわかっていても模倣してしまうのが人間です。
反面教師にするって意識することで、加害の芽を摘み取れば問題ないです。
日常になってしまうと感覚がマヒするから、かなり自制心が試されるし、むずかしいですけどねw

付き合っていい人を見極めってどうやるのって聞かれたけれど、それがわかったら苦労してないよーわかんないというかボッチでいろよ、みたいな(笑

だけどね、本当のいい人は、他人を見下して命令するような発言もしないし、そもそも上下関係を作る遊びを思いつきもしないです。

ほとんどの場合、悪意もなくはじまります。
最初はお互いに遊びではじめたことがエスカレートしたようです。
加害者には加害者意識がゼロで、被害者も被害を受けている実感がないです。
遊びなのにやめてって言いたくなる自分が悪いんだって、自傷感情で元気がなくなってきて、今回は親御さんが気付いたそうです。

上下関係を作るような遊びはしない(しても一回限り)で終わらせること。
持ちかけられたら、今だけねって宣言して、継続させないこと。
断れないなら、お友達や大人を頼ってください。
どれも難しいことだとは分かっているけど、嫌なことは断っていいんだよ。

それにしても嫌な言葉ですね、いじめって。
いじめの種を育てる人間関係ってどこにでもあることだし、いじめだと自覚はしにくいし、ハッキリ自覚できる頃にはそれが習慣になってる。
その程度のことをいじめて呼ぶのはおかしいという人もいるでしょうが、私はいじめが起こる温床だと思います。

いじめをする側からしたら自分が気持ち良くなることが目的で、相手は誰でもいいし特別な理由が必要もなくて、明確な原因もないのになんとなく流れていくみたいでやりきれないです。
明確な理由がないから、被害者になってしまう種は、自分自身で捨てることはできません。
理不尽ですけど、加害者になる種は捨てることができても、被害者になることは止められないのです。
生きてる人すべてが加害者にならないって決めて、不適切な行動を改められたらいいけど、自覚ある加害者も少なくて難しいんだよねぇ。

理想の自分を演じる。
それ自体は悪いことじゃないのにね。
ネットでもリアルでも、年齢や性別にかかわらず、誰もがやっていることだし。
リアルで体調が悪い時に、元気があるふりをしたり。
内向的な人が、挨拶だけでも元気を装って明るい人になろうとしたり。
優しい嘘や相手への想いやりからくる空元気って、やっぱりなくしてはいけないモノだと思うのです。
ネットで猫だって言ってみたり、ジェンダー逆転させてネカマさんになるとか、車椅子の人がポケモンGOで二足歩行できるよって喜んだり。
そういう理想の自分になるって悪くないし、誰も傷つけない(多分)し、楽しくていいことだと思う。
でも、上下関係を作るのはNG。

こういう問題は親が気付いても、子供の友人関係だと介入の仕方に悩むよね。
親がモノ申すことでよけいにエスカレートすることがあるし。
教員と連携とるって言っていたけれど、大丈夫かな~と聞くだけだった私はもにょもにょ

なにかしたいけど私は第三者で、騒ぎを大きくしちゃうから我慢我慢。
第三者の介入って「第一の問題」を要因にした第二・第三の新たな問題でしかないからね~それで困るのは第一問題の渦中の人だもの。
表面だけ見て突撃するのが正義感のある友達思いのいい人って風潮はドラマなどの弊害だよな~といつも思う。
正義の味方気取りだから叩きつけるだけで自分には責任があると思ってないし、思い通りにならないと言わなきゃよかった・やらなきゃよかった・でも私は弱いものを助けるって、第三者に向かって演出するから大嫌い。
事情も知らないまま、横入りして勝手な思想を押し付けるって、ただの暴力だし。
友達思いのいい人って、どうしたの? 解決方法を一緒に考えよって言える人だと思う。

答えを出すのも行動するのも本人にしかできないことだもの。
問題の解決を妨げるから、話を聞いても手は出さない主義です。
ほんとに? って思われるかもだけど、私自身も関わってることにしか介入してないですよ。
見えないとこでしか関わってないから、突撃さんに間違われるけどね。

今回はほんとに手出しできないことだから、我慢を覚えるさーリアルで何もできないから、脳内がヒートアップしちゃう…=w)←ストレス満載


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 恋の卵
もくじ  3kaku_s_L.png Making Twilight
もくじ  3kaku_s_L.png 詩集 kurayami
総もくじ  3kaku_s_L.png 交換詩・贈答物語 七色の海
もくじ  3kaku_s_L.png 潮騒の詩
総もくじ  3kaku_s_L.png 英雄のしつけかた
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編集 ちょっぴり異世界
総もくじ  3kaku_s_L.png ミルキィ☆ロール
総もくじ  3kaku_s_L.png 喫茶ペロリストシリーズ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【眠り】へ
  • 【透明なわがまま】へ

~ Comment ~

いじめは難しいですね。 

こんにちは♪
過去記事ですけど気になって書いてしまいました。

上下のない人間関係ってリアルでは難しいですよね。はっきりした区別はなくても多少あるのが普通な気がします。
なんで人間って上になろうとしちゃうんでしょうね^^;

「家なき子」のドラマが流行った時、私は小学生でしたけど
家なき子ごっごなる遊びをする事になりました。安達ゆみちゃん派と、それをいじめるお嬢様派にわかれて、ドロ警をするんです。
なんと私は犬役でした(笑)人ですらない(笑)

もう当時は諦めてましたね、喧嘩して仲間はずれも嫌ですし、こんなもんだよねー現実はーって。

なんなんでしょうねぇ~このいつのまにか出来上がる上下。
ゲームとかアニメみたいに対等な関係ができてほしいですね。

悩ましいです;; 


ルフェア様、こんにちは!

そうなんです、いつの間にか上下関係ができている。
というか、上下関係が好きな子って、最初から言葉は丁寧でもマウンティング気味の上から目線でしか話さないんですよね;;
人の話を聞くスタンスでいると、聞いてるだけなのにどんどん図に乗る人が多くて困惑します。

家なき子、流行りましたよね;;
わかりますよ~犬にされても何も言わないって、対応としては間違ってないですよ。
喧嘩して仲間外れより、黙っていれば丸くおさまりますもの。
めに見えるいじめの対象になったら、もっとひどい目にあっちゃいますから、つらくても自分の守り方では正解。
嬉しくはないけど、飲みこんでいる辛さって心に染みついてしまうから、ゆったり時間に溶けて薄らいでいけばいいなーって思います。


こういう遊びの形を取っている、外面のいい仲良しって本当に対応が難しいです。
ものすごくやられている子にはストレスかかるけど、見ている大人は気付かない。
被害者妄想でしょって、それで終わりますからね…対等だと気付ける大人、少ないのが悲しい。
子供とか大人とか関係なく、対等に話し合える人が増えると言いな~なんて。

いつも心によりそってくれる言葉をありがとうございます♪
元気出ます♪
管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【眠り】へ
  • 【透明なわがまま】へ