更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 09

【  2016年08月  】 

ミンミンと

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.08.07 (Sun)

 ミンミンとセミが鳴いている大空にむかってここに生きているとばかりに叫ぶ七日間暗くしめやかな大地の褥ですごした長い年月を打ち破る歌声は力強くて太陽を敬いながらミンミンと空へと消える息絶えるときまで後わずかセミよ セミよミンミンと ミンミンとただ力の限り歌い 今を生きる...全文を読む

口づけ

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.08.08 (Mon)

 近づいてくる あなたの息遣い目を閉じて待っている 私は甘い蜜を待つ愚かな蝶のようでそっと触れる瞬間を待ちわびて身をゆるりと焦がす蛍のようで私の唇はあなたのものどうか 夜風のように触れてくださいあなたの口づけにそっと からめとられたいのです...全文を読む

いまはそれで……

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.08.22 (Mon)

 今はそれでいいんだよ予定通りに 動けなくても掃除なんて する元気がなくてもぐったりとして 寝込んでしまってもちゃんと作るつもりが 惣菜を買うことになってもダメな奴だなんて 自分をいじめる必要はないんだよハツラツ元気だったらさ予定なんか立てなくても ひょいひょい動けるはずなんだたとえばさ仕事なんて余裕で終わらせてさ掃除だって 買いものだって 調理だってさ鼻歌なんて歌いながら 楽しめるはずなんだなんに...全文を読む

ラムネ

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.08.24 (Wed)

 夏のラムネは透明で素直な言葉を吐き出したくなるけれどガラス瓶に詰まった炭酸がはじけるように想いをあふれさせるわけにもいかなくてあなたなんて 大嫌いそう言えたなら どんなにいいだろう気にしなくていいよとか大丈夫だからねとかそんな言葉ばかりこぼれ出てしまうひねくれ者のわたし自身が大嫌いなんでも言えよ なんて嘘ばかりもう嫌だなんて泣いちゃったら困った顔で面倒な奴だななんてこぼすくせに本当のことを言わせて...全文を読む

星の彼方から 前篇「祖母の恋」

短編集 恋の卵

2016.08.29 (Mon)

 「あなたのおじい様はね、星の彼方からやって来たのよ」 そう言って頬を染めながら笑う祖母は、まるで少女のように愛らしい。 確かに幼稚園児の時は少し信じていたけれど。 だけど、宇宙船に乗って星間運送業のパイロットをしているなんて語られる祖父は、テレビ番組の中だけに存在する困ったときのお助けロボットぐらい作り話だと思う。 テレビだって車だって飛行機だって現代にはあるけれど、星の彼方を渡る宇宙船なんて存在...全文を読む

星の彼方から 後編「サヨナラ、またね」

短編集 恋の卵

2016.08.29 (Mon)

  気がつくと祖母はいつも空を見上げていた。 晴れの日も。雨の日も。 朔の夜も。満月の夜も。 祖母は空を透かして、祖父の姿を見つけようとしていた。「次に会うときは、あの星の海に私も連れて行ってもらうのよ」 約束したのだと、祖母は頬を染める。 私たちは隣り合わせで空を見ながら、縁側でやわらかに談笑する。 飽きずによくのろけられるわね~なんて母は微苦笑で「またその話? 耳にタコができるわ」なんてこぼしな...全文を読む

前月     2016年08月       翌月

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました