更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04

【  2016年03月  】 

桜の海

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.01 (Tue)

 花が散る 花が散る風を染める薄桃色のはかなさは降りしきるような片恋の夢愛してる だけど会いたいとすら 言えなくてさくら さくら知らず涙がこぼれ落ちさざめく想いはよせてはかえす 波に似ている...全文を読む

この想いは君のために

Making Twilight

2016.03.06 (Sun)

  夢の中でしか会えない人がいる。 降りしきる桜の花びらの中で、長い黒髪がふわりと揺れた。 ぼんやりとにじむ月を見あげる後ろ姿を、僕はただ見つめることしかできない。 華奢な身にまとっているのは、僕の知っている着物とは少し違っている。 風をはらむのは淡い茜色の小袖で、腰の低い位置に帯を締めていた。 君は振り向かない。 だから、その表情はわからない。 だけど僕は泣いている気がして、その名前を呼ぼうとする...全文を読む

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.10 (Thu)

 風ぬるむ午後窓を開ければほのかに香る 梅の花綺麗ね なんて泣きだしたくなる青い空桜みたいに鮮やかに生きられないけど大丈夫ひとりじゃないわいつだってかなしみとふたりぼっち...全文を読む

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.13 (Sun)

 桜が咲くころに思い出すのは あなたのこと出会った時も別れたその時も桜の花なんて 咲いていなかったのにちらちらと ふりそそぐ優しい花びらを見ているとあなたのことを思い出すのです安心してね会いたいなんて言わないから私 今の自分をちゃんと生きているわ...全文を読む

沈丁花

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.19 (Sat)

 甘い香りがするよまだ風は冷たいのに春が近付いているよと小さな花がそっと暗がりから春を教えてくれるよ寒くないの?陽の当らない場所でひっそり咲いてクスリと笑って日陰にも春があるよとささやくような 沈丁花...全文を読む

小さな花

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.20 (Sun)

 ひだまりに土筆が顔を出したね蒲公英がニコリと咲いて白いナズナがほんのり揺れる隣り合う小さな花は冬の寒さを越えて 笑うように咲くんだね花束になれなくていいの私はあなたの横で咲く 小さな花になりたい...全文を読む

第二ボタン

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.21 (Mon)

 卒業おめでとうございます先輩 遠くに行くって本当ですか?答えのかわりに 差し出された第二ボタンコロンと小さな金色を握りしめ言葉もなく うつむくばかりの私だけど好きだよと優しい声が風のように私を包む好きですと心のままに告げたなら卒業式のさよならは悲しい別れの言葉じゃなくて未来への約束になるでしょうか?...全文を読む

猫の騎士団 

Making Twilight

2016.03.22 (Tue)

 「王国の騎士たちよ、今こそ立ちあがる時だ!」突然現れた未知の魔物を討伐するために、国王の命で国境に精鋭たちが送り込まれた。しかし、ほどなくして驚愕の姿で帰還する。かつて人だった騎士たちは、神妙な態度で王の前に進み出た。問題の場所に毒々しい色の巨大キノコがニョキリと生えて、胞子を振りまいている。魔物の一種だろうがしょせんキノコ。移動能力もないし、胞子が拡散しないように結界を張れば問題ない。事態の報告を...全文を読む

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.23 (Wed)

 泣きたいよ愛してるが言えなくて空があんまり青いから言葉も全部なくなっちゃうよねぇ 何も言わなくていいかな?声にすると好きも 愛してるも 青に消えそうただ あなたの手に触れたい...全文を読む

キスから始まる

短編集 恋の卵

2016.03.24 (Thu)

 「僕とキスしない?」 突然言われて、私は目を見開いてしまった。「どうして?」 からかっているだけだよね? 問い直したかったけれど、喉に声が張り付いてしまう。 付き合ってもいないのに、真田君とキス、なんて。 しんとした教室に染み込むのは、クスクスと響く真田君の笑い声だけ。 放課後の教室には私たちの他に誰もいないから、二人でいることに息がつまりそうだった。 必要以上に意識してしまって、指先が震えて文字...全文を読む

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.27 (Sun)

 こぼれ落ちそうな 涙の雫封じ込めてとすがるようにまばたきもせず 見あげればあなたのように冷たくて 優しい青が私のことを 見下ろしていたいつだってそう言葉に出さないけどちゃんと見守ってるなんて綺麗に広がる空みたいに あなたは笑うのでしょう...全文を読む

紙飛行機

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.30 (Wed)

 そっと想いをしたためて青い空に解き放つ白い軌跡を描いてすすめ すすめ あなたの元へ届かなくてもいいの春の嵐に翻弄される桜の花びらみたいに 想いを咲かせたいだけ……...全文を読む

たま~ごマゴマゴ煮玉子♪

小毒なボッチ思考にゃん(ΦωΦ)

2016.03.31 (Thu)

 卵がコロンとあったなら、ぐ~つぐ~つ煮るのよ♪にゃっふぅo(=´∇`=)o♪ゆで卵を作るの、実は苦手ですー☆温泉卵とか煮卵とか固ゆで卵とか。自由自在にちゃんとできる人ってすごいですよね~玉子やオムレツは目で見て確認できるけど、ゆで卵は外からツンツンしてもわかんないのです~殻の中がわかるなんて不思議にゃん (=・ェ・=?なんてこと言っていたら、ツイッターでゆで時間を教えていただきました♡煮卵のレシピ提供はgojo様です♡...全文を読む

パセリ

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2016.03.31 (Thu)

 パセリみたいって言わないでお皿の隅にちょいとのせるだけでしょ?すぐに捨てられそうで 怖くなるのよ出番の回数は多いのに苦味も香りも強すぎる個性なんてほしくないいつだって引き立て役メインになんてなれないのでも しかたないよね私はどこまでいっても私だもの泣きごとなんて珍しい?そうでもないわ 涙もろいの誤解されてるだけだなんてありふれた気休めはいらないわ心を落ち着ける香り成分だし胃腸に優しいって効果がある...全文を読む

前月     2016年03月       翌月

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました