更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年11月  】 

キス泥棒に恋をする

短編集 恋の卵

2015.11.01 (Sun)

 「Trick or treat! Trick or treat!」 コンコンと窓を軽く叩きながら忙しく繰り返す声に、俺は思わず肩をすくめた。 これは間違いなく瑞希だ。 夏にも同じことがあった。 一階にある自分の部屋の窓から抜け出して、同じく一階にある俺の部屋の窓を叩き、深夜に手持ち花火に誘いにきたことが記憶によみがえる。 俺たちは同じ歳で仲は良いけど、幼馴染という訳ではない。 小学校の高学年で俺が引っ越してきたときに、瑞希...全文を読む

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.02 (Mon)

 悲しいことがあるたびに少しずつ 臆病になるけど空はいつも大きくて海はどこまでも広がって凍りそうな歩みも ゆるりととかし青は悲しいばかりじゃないと色のない風が歌うように通り過ぎるのです...全文を読む

おやすみなさい

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.06 (Fri)

 愛されたいなんてふと こぼれた言葉を拾いなんだかなぁと肩をすくめてまるで 誰にも愛されてないと錯覚している 痛い台詞だと笑う誰かの気持ちなんて確かにわからないけれどおやすみを伝えたくなるあなたが そこにいることを忘れてしまって ごめんなさいあなたの気持ちは わからないけどわたしはあなたに 出会えてよかった今日のところは おやすみなさい明日はもっと いい日になりそう...全文を読む

静かな夜

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.07 (Sat)

 とても静かな夜です星空はとても綺麗で風はとても穏やかでため息ごと歌になりそうな夜ですあまりに 静かな夜だから特別な理由はないのだけれど無償にさみしくなってしまうのですため息がわりに我がままひとつ夢でいいから あなたにあいたい...全文を読む

眠り

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.10 (Tue)

 愛してるよなんて簡単に言えないけれど君に おはようを言うことも僕に おやすみが届くこともこんなにも なにげなくて当たり前であることが嬉しいからこの夜に 祈りを込めて瞳を閉じ 穏やかな眠りに堕ちるのです...全文を読む

本当は

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.11 (Wed)

 好きですと会いたいですと伝えるだけでいいなんて嘘強がりに気付かれたくないけど独りでも大丈夫だと思われるのは嫌届けるばかりより届けてほしいときもあるのよ本当は あなたからの 確かな愛の言葉が欲しいの...全文を読む

夢を見る

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.13 (Fri)

 雨が降るとね少しだけさみしくなるんだ風が吹くとね少しだけ会いたくなるんだ夜になるとね君を思い出してしまうから言えない「好き」を 飲みこんだ目を閉じて 眠りにおちるよ星になって空を渡り 君の夢に流れおちたい...全文を読む

ジャンプ

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.16 (Mon)

 ワン・ツー・スリーで 飛び出してフォー・ファイブ・シックスで 走り出しラッキーセブンで 思い切りジャンプしよう着地した場所で なにが起こるだろう?キラキラ 光が満ちていてクルクル 風が踊っていてユルユル 夜が忍び寄るまで新しい視点で世界を見るんだ待っていてよ 今は還るのは いつだって君のいる場所...全文を読む

君が好き

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.17 (Tue)

 たとえば悲しいことがあった時嬉しいことがあった時真っ先に思い浮かべるのは優しい君の笑顔なんだだけどね直接 会うとどうしても平気な顔をしてしまうからごめん 素直になれなくてうまく言えないけれど泣きたいぐらい 君が好き...全文を読む

泣きたい夜に

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.18 (Wed)

 泣きたい夜に つながらない電話用事なんてひとつもないけれどただ「おやすみ」って言いたかったそれだけできっとやわらかな夢が訪れたはずだと手に入らなかった安らぎに泣けないぐらい 寂しくなってしまって会いたいよって 枕に顔をうずめてしまうやっぱり泣きたいな 泣いちゃおうかな思い切り声をあげて泣いてしまえば泣き疲れて落ちた夢の中で あなたに会えるかもしれない...全文を読む

鍋焼きうどん

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.19 (Thu)

 暖かいものがいい寒い夜になりそうだからホワホワと白い湯気がたつような暖かいものを食べたい気持ちになるの使い古した土鍋にね濃いめのおだしが似合うでしょう白菜 ネギに 人参をエビ天なんかもあればいい仕上げにポトンと卵を落としグツグツ煮込んで鍋焼きうどんきっと ほかほかの夜になるでしょう今のうちに支度してあなたと食べたい鍋焼きうどんおかえりなさいと笑顔をかわしさぁ 美味しく召し上がれ...全文を読む

いつか

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.20 (Fri)

 シンと静まった夜に スニーカーを履いて月に誘われるまま フラリと出かけてみよう遠く離れていても空はつながっているって あなたと話した同じ月 見えていますか?冴えてる光綺麗だと思えるこの空を写し取ることはできないけれど心にそのまま刻んで想い出のフレームに変えてしまいたいこんな日が来るなんて 考えてもみなかったそう思う瞬間ってたくさんあるから出会えただけで幸せだと思う遠い未来 二人なら今よりも 美しい...全文を読む

怖くなる

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.22 (Sun)

 声を出すのがねときどき 怖くなるんだ言葉を選んで気持ちを出しても伝わらない気がして声が喉の奥に張り付いてしまうんだちゃんと聞いてる?そんな禁句が先に言葉になって出ていこうとするんだ特別な話をするつもりはないけど伝わらないことを予想して怯えてしまうぐらい 君が好き...全文を読む

お兄ちゃん大好き

短編集 ふんわりと

2015.11.23 (Mon)

 「ちょっと待て、それはなんだ?」 え? と不思議そうに里香は振り返って俺を見る。 なにを言われているかわからないって顔だ。 手元なんて少しも注意していないので、わーっと思わず俺は声をあげてしまった。「こら! 包丁! 包丁!!」 俺の声に里香は手元に目を落とし「キャァ!」と叫んで、左手に持っていたジャガイモを投げ捨てた。 右手にした包丁の柄は握りしめたままだったので空は飛ばなかったけれど、プルプル震えて...全文を読む

大好きなお兄ちゃん

短編集 恋の卵

2015.11.24 (Tue)

  自転車がパンクした。 部活が終わって暗くなる前に帰ろうと思っていたのに、本当についていない。 黄昏時間で徐々に日が沈む中、街灯も少ないのに歩くしかないなんて。 人通りがあるから怖くはないけれど、でもいい人ばかりだとも限らない。 ヤダな、と思ったときに、ふと思い出す。 修理できる人が身近にいる。 仕事中でも帰宅中でも、お兄ちゃんはこういうことのプロだ。 お兄ちゃん、もう仕事は終わったかな? しばら...全文を読む

オレンジ

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.25 (Wed)

 ピュアな香りにふわっと気持ちが軽くなった常夏の国のような鮮やかな印象が太陽の光をつれて心に射しこんでくる香り甘酸っぱくて好きなのよって あなたにあげたい...全文を読む

まいどおーきに

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.26 (Thu)

 タコ焼きを買ったらねまいどおーきにってパキパキした声で渡され思わず笑い返してしまったよ関西人でもないのにまいどおーきにってとても大きな声だったからありがとうっていつも通り返す自分が変でおもしろおかしくて暖かい気持ちになったよ早く帰って アツアツのタコ焼きを 君と食べよう...全文を読む

愛の言葉

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

2015.11.29 (Sun)

 唇に紅をさし飛びきりの笑顔で「おはよう」って届ければ声まで甘く色づいてただの挨拶が 愛の言葉に変わるでしょうか?そんな訳ないさと肩をすくめながらもあなたと会う前は そっと新たに紅をさす...全文を読む

前月     2015年11月       翌月

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました