更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 051234567891011121314151617181920212223242526272829302014 07

【  2014年06月  】 

紫陽花

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.01 (Sun)

 しとやかに降る雨は世界をやわらかく濡らし絹の細さで世界を染めるまどろむような優しい色のやわらかな花びらたちを集めて咲いた虹色紫陽花クルクルと色を変え面差しに憂いを秘めてもにじみ出るのは微笑みの色移り気ではないの投げかけられた言葉の一つ一つに揺らめいて惑い うつろいながら素直すぎる心は 儚く揺れている幻に似た幸せを探すなら花影でおやすみなさい目を閉じても瞳の奥に紫陽花の群れが浮き上がるあなた 七色の...全文を読む

そっと・・・

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.06 (Fri)

  眠れない夜が来ると 窓辺に白い花を飾り 忍び込む月明かりに「さみしいのは嫌いです」と 小さくつぶやきながら 夜に吹くそよ風が 涼やかな歌を奏でているのを レースのカーテン越しに 耳をすませてみるのです ひとりでいるさみしさは 悲しみに どこか似ていて 背中あわせに よりそうから 静かに身を任せられるけど 二人でいるさみしさは とがった言葉を受けて とりとめのない気持ちを 持て余してしまい ひとり...全文を読む

朝まで独り占め

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.10 (Tue)

 聞かせておくれよいくつの海を越えていくつの大地を横断したの?僕の家に たどり付くまでのその時間は 長かった?それとも 短かった?不思議で ワクワクする君がその目で見てきた色鮮やかな冒険の世界その楽しい時間と 積み重ねた経験を優しい君の声で 僕に教えてよ緑の飴の森や水色ゼリーの湖やオレンジピールのマフィンの馬車や甘い甘いお菓子の国のことも全部がほら話だったなんて嘘は通用しないからね君が鳩に託して届け...全文を読む

君に贈る僕からの物語

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.11 (Wed)

 真白な帆を張って大海原を旅してきた君は甘く優しい言葉でしょっぱい愛の冒険譚を語ったよここはフルーツとアルコールの国まぶしい昼にシエスタを眠らない夜におしゃべりをそっと楽しむ場所だから今夜は僕から贈る物語を届けよう今は違う部屋にいるけど隣同士のベランダで鼈甲飴の月を見上げながら夜明けまで語り合おうよ金平糖の降る夜は眠り蚕が吐いた夢色の絹でつながる糸電話が似合うだろう?君から僕へのお土産は魔女にもらっ...全文を読む

試すわけではないけれど

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.22 (Sun)

 優しい言葉をもらったのそっとささやくように何気ない調子で誰もが当たり前に 使っている言葉を唇から放たれた声が揺らすのは薄く震える鼓膜だけではなくてやわらかな心なのかもしれない試すわけではないけど響く場所を知りたくてありふれた言葉を返したくなる「ありがとう」ねぇあなたにも響きますか?ちゃんと響きましたか?...全文を読む

紫陽花

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2014.06.23 (Mon)

 移り変わる季節の中七色の花が咲くころ降りしきる雨は絹糸に似て傘を叩く音もやわらかにそっとそっと花びらを淡い虹色に染めていくキラキラと転がる水滴が涙のように零れ落ちしっとりと大地を濡らす紫陽花の花首は明日は晴れを願って顔を上げ淡く長い雨に濡れ花も鳥も風も青い空に焦がれている...全文を読む

前月     2014年06月       翌月

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました