更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 101234567891011121314151617181920212223242526272829302013 12

【  2013年11月  】 

夜に溶かそう

泣き虫テディベアへのメール

2013.11.01 (Fri)

 こんばんは。意地っ張りなテディ・ベア。お別れの挨拶だなんて、また何かあったみたいだね。いつも君には驚かされてばかりだけど、今日は素直だからと力が入っている日ほど、無理をしているのが透けて見えるよ。それほど突っ張らなくてもいいと思うんだ。僕は、君が生きている日常を知らないんだから、取り繕う必要は何一つないんだよ。それにね。君は、君が思っているよりもずいぶんと素直だから、何かあったってことがすぐにわか...全文を読む

もどかしいね

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.02 (Sat)

 グルグルと思い悩んで私の気持ちをすべて言葉に変えたいと思ったけれどたくさんの感情がマーブル模様みたいに混ざり合って結局は形にならないままなの見えない心を届けるなんてできる訳がなくて溜息にかわってこぼれ落ち行き場をなくしてしまうたあいのないことかもしれないけど嬉しかったり 喜んだり迷ったり 悩んだりそんな小さなことでもあなたが教えてくれたって伝えたいだけなのに意気地無しの心が言葉に変わることを拒んで...全文を読む

こんなにも強い不思議 No.2

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.03 (Sun)

 あなたを想うようになるとささやかなことで心が震え嬉しくても哀しくても涙があふれてくるのです泣き虫だって笑わないでください心はいつもやわらかくてためらうほどもろいから着飾った言葉は何もいらないありふれた挨拶だとしてもあなたから贈られるとそれだけで特別あなたのくれた何気ない一言が胸の奥で膨らんで私の中を満たしています壊れそうな自分を抱え癒すすべもなく当たり前のことすらやり過ごせない私だけどあなたに向か...全文を読む

饒舌な指先

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.05 (Tue)

 それはいつも身の内にあり唇はこんなにも固く閉じ溜息すら閉じ込めるのに絶え間なく動きだすおしゃべりな指先私には心があるシンと静まった誰もいない部屋の中でほの光る四角い画面に向かいながら止まらない言葉気の向くまま想いのままに心のまま遊ぶ贅沢な時間そっと紡ぐ言葉も書き綴る物語も湧き出すこの想いも私だけの密かな楽しみそれでも時に他の誰かを慈しみ喜びを引き寄せ楽しませるものであればと傲慢にも願うのだあれもこ...全文を読む

ただいま

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.05 (Tue)

 ただいま今日も一日が終わったよ変わり映えのしない一日だけど昨日とはほんの少し違う今日が終わるんだよともすれば惰性にも似た疲れを抱え靴裏に引き摺りながら重苦しい足取りで家路をたどっていると長くのびた影がいつのまにか闇に溶け道と僕が溶けあって夜と僕が同化してなんだか不確かな気分で夜空を見上げたんだやっぱり想像よりずっと早い速度で今日が僕を追い越して過ぎ去っていく闇に惑っていたらおかえりとその一言で今日...全文を読む

花の種をまきましょう 【テーマ:贈り物】

短編集 ふんわりと

2013.11.06 (Wed)

  トランク一つだけを手にして、私はスタスタと丘を登ります。 引越しにしては小さな荷物ですが、これが私の全てなのです。 その家は、丘の上にありました。 白い壁に赤い屋根で、まるでおとぎ話に出てくるような、可愛らしい家です。 人が住まなくなって久しいと聞いていたのに、管理していた人の手入れがよかったのでしょう。 小さくて可愛らしい家だけではなく、家の周りを囲む腰の高さ程度の木の柵もそれほど痛んではいま...全文を読む

満ちていく

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.07 (Thu)

 風に揺れるコスモスもほのかに色づく楓も頬に触れた北風も運ばれてくる金木犀の香りも手を差し伸べてしまう空の高さも秋だと感じて身をすくませる私がいるさみしいのは景色ではなくそう感じる自分自身の心だと爪を噛むほど知っているのにさみしいとそう感じさせる風景を痛いほど心に刻んでしまうこんなとき行き場のない気持ちにまかせ泣いたりしない顔も知らないあなたへありふれた挨拶を贈ってみる奇跡など欠片も信じていないけど...全文を読む

ありふれた挨拶だけど

泣き虫テディベアへのメール

2013.11.07 (Thu)

 こんばんは。君らしい便りだね、テディベア。泣き虫な君が強くなりたいだなんて、何かあったんだとすぐに想像がついてしまう。強くなれと誰かに言われたのかい?それとも、強くならねばと思う出来事を、君は体験しているのかもしれない。だけど、今の君が求めようとしている強さは、本当の強さなんだろうか?闘うことや、立ち向かうことや、抗うことだけが強さだとしたら、それはとても生きにくい強さだと僕は思う。それにね、君は...全文を読む

夢の昇る丘に

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.12 (Tue)

 夢が昇る丘に宝物があるってさ星の便りが届いたの遠くにいるあなたが宝物と愛を探しに旅立ったと知って今はどの辺りにいるのかとそっと空を見上げてみた綴られている旅の様子とランタンの灯りを供にしたおとぎ話を思わせる旅路はなんだか永遠の夜に似ている夢が昇る丘はね地図には記載されてるのに簡単にはたどりつけない場所昼と夜が交差する時不意に現れる不思議な場所夢が昇る丘にねあなたが行きたいと願うなら私も行ってみたい...全文を読む

約束を君に

泣き虫テディベアへのメール

2013.11.17 (Sun)

 こんばんは。今日も君らしい便りだね、テディベア。力強い言葉の日にはなぜか涙の匂いがするし、言葉が泣いている日にはなぜか明日を感じるんだ。もちろん、勝手な僕の印象だけどね。笑っていても泣いていても、寄り添う誰かを君が求めていることに変わりはないけど。そんなことないって強がっても無駄だよ、君は添い寝が仕事のテディベアなんだから。独りでいることは不自然だって、そろそろ自分を認めたほうがいい。優しく「わか...全文を読む

夜に歌えば

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.20 (Wed)

 夜に歌えばまどろみを連れてこぼれ落ちた涙が一つ理由なんてないけれどほんのり満ちた悲しみにすぐ側にはいないけど優しいあなたを思い出す甘えるには遠いけど安らぐほど近いからお疲れさまとつぶやいて丸くなって猫を抱きゆっくりと旅に出る冬の星空はどこまでも澄み渡り凍えた風が夢を運ぶきらめく天の川はじける雫に棹差して三日月を背に進む星屑のゴンドラ夜に歌えば涙も消えてゆらりゆらりと夢の旅暁に輝く星に辿り着いたら願...全文を読む

微笑みのレシピ

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.22 (Fri)

 時を重ねるように右に左にチクタクと積み重なる想いの振子は忙しく日常に忙殺される自分みたいと嗤ってみる微笑みに 悲しみに揺れて 揺れて行ったり来たりの毎日だけどあなたは変わらず そこにいるからありがとうが止まらないどんなに言葉をつくしても心づくしには足りなくてせめて私は手を尽くし微笑みのレシピを形にする熱い昼には冷たいものを寒い夜には暖かいものをわけもなく眠れないなら優しい甘さのホットミルクをどこに...全文を読む

空恋

ショートショート 恋重ね

2013.11.23 (Sat)

 恋の始まりはいつもどちらかの片想いなんだよ、なんて訳知り顔で語るからなんだか意地悪な気持ちになって恋が終わった後にあるのもどちらかの片想いなのよ、と訳知り顔で返してみるあなたはとても驚いた表情で何度もまばたきをしてからふぅん、と意味ありげにうなずいたやっぱり君は面白いな、なんて一つ謎が解けたように笑うから面白くないわよ、なんて答えたら大きな手が伸びてきて大丈夫だよってクシャリと髪をなでるのです大丈...全文を読む

永久別離

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.27 (Wed)

 光よいつだって暗い道の先道標として輝いている人のささやく声よ時の彼方から一条の光となり私を照らす記憶の淵から蘇り優しい息吹を連れ強く響き 消えることなく幾度となく倒れ涙の海に沈み別離の道に迷い込み巡り合うことすらないのに特別な言葉ではないのに特別な意味を持つのはあなたの言葉だったからだと私は知っている悲しみと苦しみも教えたその声を忘れたくとも救いとなる言葉は永久に変わることなく光として蘇り慈しみへ...全文を読む

小さな歌

詩集 ヤマアラシのジレンマ 3

2013.11.27 (Wed)

 夜明けは遠く涙は海となり星を渡る船も見えず新月の闇は深く一寸先すら見えないそれでも 心は満ちてあふれて こぼれ落ちる微笑みの歌私の唇から旅立ち遠いあなたの元へ祈りと共に風に乗り 響き届け 想いの歌小さな歌と笑われてもいい風に旅する種のようにたどりついた大地に深く 深く根をおろし伸びやかな幹が天に向かい輝く太陽に葉を茂らせ色鮮やかな花を咲かせるいつも いつも透きとおった悲しみを慈しみにかえて命を輝か...全文を読む

前月     2013年11月       翌月

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました