虹猫椿

まったり恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。お気軽にどうぞ♪

イチゴミルク 

お題からのツイノベ風のSS集

 まだ来ない。
 チョコバナナのクレープをかじりながら逃げた日からずっと、鬼瓦さんが私の勤めるクレープ屋さんに顔を見せない。
 最初は仕事が忙しいのだと思っていた。
 だけど一週間が過ぎるようになると、さすがにため息がこぼれ落ちてしまう。
 どうしたんだろう? 鬼瓦さんの事が気になって仕方ない。
 あんなやり取りをした後に顔を見せなくなるなんて、なんだかひどいって思うし。

「鬼瓦さん、最近みないわねぇ」
 なんて同僚の言葉にも、そうですねぇと乾いた返事を返すしかない。
「陽菜ちゃん目当てだと思っていたのに」

 なんの気なしにつけたされた言葉に、ドキンとした。
 そんなまさか、とも、違ったみたいですね~とも、返す言葉が浮かばない。
 私の妄想が勝手に膨らんでいるだけじゃなくて、他の誰かの目からも鬼瓦さんの行動はそんな風に見えていたんだと思うと、嬉しいような面映ゆいようなくすぐったさがわいてくる。
 だけどそのぶん顔も見ることができない今の不安が、大きく育つもどかしい感じが胸を塞いでしまう。

 だって私は、鬼瓦さんの本当の名前も知らないのだ。
 もし、どこかで見かけたって「鬼瓦さん!」なんて、勝手につけた失礼なあだ名では呼びかけることもできない。
 モゴモゴと口の中でまとまらない言葉を転がすしかない私に、同僚は気がつかないのかトッピングのイチゴを手際よくカットしていく。
 さすがはベテラン。飾り切りも鮮やかな手並み。
 私は横で、おっかなびっくりペティナイフをあつかっている。

 そう、今日から季節の限定メニューが切り替わるのだ。
 コロンとした可愛いフォルムを半分にし、切りこみを入れるとハートの形になる。
 家でも練習してるけど、慣れるまでもう少し時間がかかりそうだ。
 大粒の甘いイチゴを惜しげもなく使って、特製のミルククリームもたっぷりとクレープで包み込み、春だけの季節限定バージョンは包み方が違うらしい。
 可愛いハートを見せつけるようにと説明しながら、店長は「青春時代の恋の味~♪」なんて鼻歌交じりに見本を作ってくれた。
 新米だから上手にできませんって、買いに来てくれるお客様には関係のないことだもの。

 手もとに意識は集中させていても、やっぱり鬼瓦さんの事は気になった。
 季節限定のイチゴクレープの発売に合わせて、エプロンの色が今日から変わる。
 白のブラウスに、イチゴ色のフリル・エプロン。
 可愛いデザインに違いはなかったけれど……制服の変更はただの偶然なのだけどタイミングがタイミングなだけに、もう二度と鬼瓦さんには会えないような気がしてしまう。

 今日から私は、鬼瓦さんの好きなチョコバナナにはなれない。

 ふぅっと何度目かのため息を落とした。
 まぁ、もともとお客様とクレープ屋の店員で、それ以上でもそれ以下でもなかったのだけど。
 真っ赤に熟した甘酸っぱいイチゴの香りがちょっぴり切ない。

「あ、鬼瓦さん」

 なんの気なしに放たれた同僚の声に、肩が跳ねてしまう。
 必要以上に驚いてぺティーナイフを取り落としたことに、私自身が動揺してしまった。
 会いたかったはずなのに、今すぐどこかに逃げだしたい。
 オロオロしているうちに、フードコーナーに現れた鬼瓦さんはズンズンとわき目もふらずクレープ屋にやってきた。
 その目はカウンターに立った同僚を通り越して私を見ていた。

「ほんと、わかりやすい人ねぇ」
 振り向いた同僚が、私を見て「あらま」ともらす。
「ほんと、わかりやすい人たちねぇ」

 うふふと笑って私の肩を押すので、カァッと頭に血がのぼるのがわかる。
 どうしていいかわからないから、こういう気づかいにはなれない。
 鬼瓦さんはカウンターの前に立つと私の顔を見た。
 不思議そうに何度もまばたきするので、内心パニックになっていたけれど逃げ出すことはできない。

「あの! チョッチョ、チョコバナナですか?」
 すぐに作ります―とテンパッテいたら、まじまじと私を観察していた鬼瓦さんは、フッとはにかむように笑った。

「あんた、イチゴみたいだな」

 今日は季節のお勧めで、と付け足されて、頭の中が真っ白になった。
 いつものチョコバナナからイチゴミルクに変わるのは、私の制服が変わったから……なんて、一度思ってしまうと必要以上に意識してしまう自分が恥ずかしい。
 ううん、恥ずかしいのは挙動不審の私を見て、鬼瓦さんが嬉しそうにしているからよけいになんだけど。

 思わせぶりな行動するなんて、鬼瓦さんのバカ。
 ちょっぴり拗ねた八つ当たり気味な気分で、慣れない季節限定クレープを作って、ぎくしゃくした動きでクレープを渡す。
 鬼瓦さんから返ってきたのは、クレープの代金と一枚のカード。
 それには連絡先と名前が書いてあった。

 姫川 雅。
 ひめかわ まさ、とルビもふってある。
 鬼瓦さん、本名は姫川なんだ。
 なんだか茫然としてしまう。
 似合わない、なんて言ってはいけないけれど、名前まで顔とのギャップが大きい。
 どんな顔で本名を呼べばいいか、頭を悩ませてしまった。

「修羅場、昨日で終わったから」
 それは仕事のことだとすぐにわかった。
「今度、飯でも一緒に……連絡、待ってる」

 珍しく歯切れの悪い台詞。
 顔をあげると鬼瓦さんは背中を向けて、いつもよりも足早に去っていた。
 早い。あっという間に見えなくなった。
 競歩競技に出場できそうなスピードに、同僚がクスクスと笑いだした。

「見かけによらず、可愛らしい人ねぇ」
 そして、コツン、と肘で小突かれる。
「陽菜ちゃんも、可愛らしい人ねぇ」

 からかわれても、返す言葉が思い浮かばない。
 心臓がおかしいぐらいバクバクしていた。
 今は通りすがりのお客様とただの店員だけど、ほんの少し勇気を出せば近づける。
 それは簡単なようで、ものすごく難しいことだから。
 私は休憩時間に、季節のイチゴミルク・クレープを買った。

 鬼瓦さんの連絡先は、手の中にある。
 ひとつ、ひとつ、コミュニケーションアプリのトークにメッセージを打ちこんでいく。
 選ぶ言葉に迷ったら、一口クレープをかじった。

 ふんわり甘いミルククリームに隠れた、甘酸っぱい果実。
 一粒だけ顔を出す、真っ赤なハートは色鮮やかで。
 イチゴミルクのクレープは、恋の味がする。
スポンサーサイト

PageTop▲

ハッピー・ニャンコ 

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

桜の花も ほころびはじめ
僕は気ままなハッピー・ニャンコ

おはようのかわりに
ニャァと鳴いて 見送るよ

コロリころころ ひだまりで
あったかいねと 身体を伸ばす

おひさまはこんなに優しいのに
通り過ぎるのは 慌てたような駆け足ばかり

折り目のついた真新しい服
ツヤツヤと輝いているカバン
はずむ足取りが向かうのは 初めての場所

借りてきたような よそ行き顔も
これからゆっくり馴染んでいくんだね

いってらっしゃい 新しい門出を迎えたアナタ

おめでとう おめでとう 恐れと期待を胸に
踏み出す一歩の 大きさを知るのはアナタだけ

くるりクルクル 狂おしいほど
桜の花もほころびはじめ ひたすら春は忙しいけど

僕は気ままな ハッピー・ニャンコ
おかえりのかわりに ニャァと鳴いて迎えるだけさ

それほど願いは多くないけど 少なくもなくて
僕の上にもアナタの上にも おひさまの祝福があたたかにふりそそぎますように

PageTop▲

幽霊のチェス盤 

お題からのツイノベ風のSS集

 最近、隣のおじさんがおかしい。
 いつも早起きだったのに正午近くになって欠伸まじりに起き出すと、のそのそと洗濯物を干している。
 気まじめすぎるほど生真面目なのに、ゴミステーションの掃除当番も遅刻したので体調でも悪いのか心配になって聞いてみると、夜が楽しくて仕方ないという。
 友達ができたのでついつい夜更かししてしまうんだ~ととても嬉しそうに語ってくれた。
 でも、おじさんが寝坊し出してから、夜になって隣の家に出入りしている人は見たことがない。
 不思議に思って尋ねてみると、骨董屋でチェスを買ったら勝負相手も憑いて来たらしい。
 いい勝負なんだと、おじさんはものすごく嬉しそうだけどさ。
 気にしてないみたいだけど、その友達って幽霊だよね?
 普通に考えて怖いんだけど……チェス盤に塩を盛ってもいいかな?

PageTop▲

週末の君 

お題からのツイノベ風のSS集

ひとつにまとめた長い髪。
かっちりした服装を更に真面目に見せる眼鏡をかけた君。
冗談を言っても冷静に仕事の話をすすめられ、どこか近寄りがたい。
でも、僕は知っている。
甘いものが大好きで、とろけるような微笑みでケーキをほおばる君を。
ほんの偶然だったんだ。
時間をつぶすために入ったコーヒーショップで、新製品を前にして幸せそうにしていたから。
見慣れている姿と違いすぎて、僕だって驚いたよ。
声はかけなかったけれど、ケーキを前にした笑顔があんまり可愛いから、君に興味を持ったなんておかしいかな?
週末は近所にあるデザートバイキングに誘おう。

PageTop▲

明日も君と 

お題からのツイノベ風のSS集

「お疲れさま」
 後は僕がやるから、と道具を持って歩きかけたら、ツン、と君は服の裾を引っ張る。うつむいているけど真っ赤な顔なのがわかる。
「一緒に帰りませんか?」
 震える声に、僕まで頭に血が上りそうだ。
「よ、喜んで」
 気の利いた返事は浮かばないけれど、明日も君と並んで歩きたい。

PageTop▲

ツンツンつくし 

腹ペコのその時に

 春ですね。
 そろそろつくしが顔を出す頃でしょうか?
 つくしのビジュアルって可愛いと思うのです。
 雑草の中からもニョキニョキ伸びて、こんにちは―って感じで顔を出してるし。
 
 春の山菜ってアクが強いものや苦味のあるものが多いけど、つくしはあっさりしてます。
 それがどうしたって感じかもしれないけど、下ゆでやゆでこぼし入らないし、苦手な人はいないって強みだと思う。
 つくしつみは子供でも間違えないし、簡単に料理できるのもいいよね♪

 つくしを採ってきたら、ハカマを取り除いて、洗います。
 下準備はそれだけ!
 それだけなんだけど、ハカマを取るのってチマチマしてるから、まるで内職作業みたいです。

 天ぷらにしたらサクサクして、塩をふってポッキーみたいに食べるのが好き。
 佃煮にして、ご飯にのせて食べるのも、卵焼きの芯にして巻くのも好き。
 やったことはないのだけど、シロップで煮て砂糖をまぶすと和菓子になるそうです。お茶うけに美味しそう♪

 季節を感じやすいのも、春の特徴かもしれませんね♪

PageTop▲

チョコバナナ 

お題からのツイノベ風のSS集

 また来た。
 なんて言ってはいけないけれど、彼が現れると一瞬で空気が変わる。

 通称、鬼瓦さん。
 名付け親はショッピングモールのフードコーナーに努めているパートのおばちゃんたちだ。
 本当の名前は知らない。

 任侠映画に出てきそうな鋭い眼光。
 グリっとした太い眉に、えらの張った厳めしい顔つき。
 格闘技かラグビーの選手を想わせるがっちりとした体格。
 鬼瓦さんの太い腕は、私がぶら下がっても、きっと平気。

 そんな彼が真っ直ぐに向かってくるのは、私が勤めているクレープ屋さんだ。
 はじめて会ったときから顔色一つ変えず、淡々と告げてくる注文はいつもチョコバナナ。
 季節のお勧めを伝えてみても、一寸のぶれもなく淡々と告げられるのは「チョコバナナ」の台詞ひとつだけ。

 ハッキリ言って、鬼瓦さんにスイーツは似合わないけれど。
 私がこのショッピングモールのフードコーナーにあるクレープ屋さんに勤め出してから、週に二度は顔を見かけるので相当甘いものが好きらしい。
 毎度のようにチョコバナナを頼んでいくので、他人の好みって本当にわからないものだなーと思う。
 あきれてはいけないけれど、どんだけ好きなの?

 淡々とチョコバナナを注文して、持ち帰りで受け取って、スタスタと去っていくので、鬼瓦さんとまともに会話をしたことはない。
 だけど、やけに気になる人だった。
 周りの視線もものともせず、いつもスーツで、当たり前のようにチョコバナナを買って、ただそれだけなんだけど。

 クレープを受け取る一瞬に、フッと笑うのだ。
 本当に一瞬だけ目を合わせて、とても嬉しそうに。
 うん、まぁ、顔つきは鬼瓦で怖い感じだけど、表情ひとつで印象が変わる。

 どこまでも一途で。
 頑固なまでにわき目もふらず。
 好みは、いつまでも変わらない。
 大事そうに受け取るチョコバナナは、日常で関わる人に対する態度と同じに見える。
 そんな鬼瓦さんに、惹かれない訳がなくて。

 いつか店員とお客以外の立ち位置で話してみたいなーと思っていたら、なんとその機会は意外と早く訪れた。

 昼休憩にお弁当を食べようと思ってショッピングモールの中庭に出たら、鬼瓦さんが一人で本を読んでいたのだ。
 ふと思いついてクレープ屋に取って返し、チョコバナナを二つ買って中庭に行く。

「こんにちは」
 思い切って鬼瓦さんに声をかけてみた。
「よかったらこれどうぞ」
 クレープを差し出すとちょっと驚いた顔をしたけれど、私の手にしたお弁当箱に気がついたみたいだった。

 鬼瓦さんは無骨な顔立ちに似合わず気の回る人なので、あっさり「座れば」と言われたので素直に従う。
 ありがとう、と言って座ったものの、沈黙が落ちてしまう。

 なんという不覚。
 突撃して同じテーブルに着いたものの、まともな会話が思い浮かばない。

「クレープ、お好きですよね?」
 場を取り繕うように質問をふって見ると、ハハッと鬼瓦さんは軽く笑った。
「いつも同じ物しか頼まないしな」
 こだわりに突っ込んで気を悪くしたらどうしようと内心びくびくしていたので、明るい声になんだか救われた気がした。

「いつもチョコバナナですよね」
「いつもチョコバナナだよな」
「注文を選ぶのが苦手とか?」
「そういうあんたは、苦手そうだよな」

 いきなり振られて、うっと言葉に詰まってしまう。
 確かに季節の限定品に弱いし、好きなものがありすぎると目移りして選べなくなる。
「質問に、質問で返すのはずるいです」
 拗ねて横を向くしかない。
 だけど、やっぱり鬼瓦さんと話す機会は貴重なので、まっすぐに向き直った。

「甘い物、好きなんですね」
「いや、嫌い」

 即答だった。
 すっぱりと、きっぱりと、これ以上はないぐらいハッキリとした宣言に、私は戸惑った。
 だって、鬼瓦さんの頼むチョコバナナは、甘いデザートの代表になれると思う。

「嫌いなんですか?」
 うん、とうなずいた後、なにかモゴモゴと口の中で言いかけてごまかそうとしていた鬼瓦さんだけど、私に向けたのは真顔だった。

「チョコバナナってさ。ふりふりのブラウスに、チョコブラウンのエプロンって感じだろ? そっくりだ」
 私の勤めるクレープ屋さんの制服は、白のふりふりブラウスに、チョコブラウンのカフェエプロンだけど。
 鬼瓦さんの視線が痛いぐらい真っ直ぐだから、私の思考はついていかないけれど、一気に顔がほてり始めた。

「好きな子を食べたいなんて変なこと言う奴が多いって思ってたんだけど、確かに似てるって思ったからな。こういうことかーって思ったんだよ」
 甘すぎるぐらい甘いのも女の子みたいだ、なんて。
 言うだけ言うと私の返事も待たずに、照れくさそうに横を向いてしまう。
 鬼瓦さんはガブリと勢いよくクレープにかぶりついているけれど、口に出している言葉と重なると、妙に艶やかな想像をかきたてられてしまう。

「好きな子は、チョコバナナみたいな人なんですか?」
「あ~う~ん……まぁ、俺はそう思ってるけど、女の子がバナナってわけはないか。いや、アレだ。なんというか……好きな子と違ってクレープは食べても問題ないし……いや、食べちゃいたいってのは言葉のあやで……俺、なにを言ってんだかわからなくなってきた」
 恥ずかしいじゃないか、と言って鬼瓦さんはしゃべらない言い訳をつくるみたいに、一気にクレープの残りを口の中に押し込んだ。

「悪い、今は勘弁してくれ」
 言い残すと、ものすごい勢いで逃げて行った。

 去り際に追加の台詞をごまかすため、白く唇を汚したクリームをそっと舌先で見えるようになめとったのは、わざとですか?
 真っ赤になった横顔なんてギャップがありすぎるから、ときめいてしまうじゃないですか。
 ほんとの名前も聞きそびれてしまったのに、ドキドキが止まらなくなる。

 食べちゃいたいぐらい好きな人って、甘い甘いデザートみたいな言葉だから。
 もしかして……なんて勘違いしたくなる。
 跳ねあがる鼓動を抑えつけようとしても、一度速度を増した心臓は簡単には収まらない。

 チョコと生クリームに甘く包まれたバナナは、私?
 それとも……?

 今度、あなたに尋ねてみたい。
 不器用な私だけれど、いつかはあなたのチョコバナナ。

PageTop▲

好きすぎる君 

お題からのツイノベ風のSS集

プリントを渡す瞬間、指先が触れた。
跳ねるように顔を上げる。
思いがけず視線が合った。
条件反射みたいに、君が笑う。

だめだ、感情を見せたくない。
君を避けるように、私から目をそらす。
声をかけられる前に、逃げるように背を向けた。
そんな些細なルーティンに、鼓動がはねる。

冷たい対応だと、誤解されたかもしれないけど。
足早に立ち去るのは、いつものこと。

残していく君の表情はわからない。

平静さが保てなくなるなんて。
全部全部、好きすぎる君の笑顔が悪いんだ。

PageTop▲

境界線 

詩集 ヤマアラシのジレンマ5

空が好きで
花が好きで
風の中 歩くのが好きで
とてもよく似ている 君と僕

朝と夜のように
境界線がわからない

だけど
年齢とか性別とか
暮らしている場所さえも
まるで違う ひとりと ひとりで

つないだ指先も
溶けあうことなく
形が似ていることすら ただの幻想

君と僕は
大きさも温もりも
まるで違う存在だから

それが さみしくて
そこが いとしくて
それも 言葉にならなくて

きっと 君と僕では
同じ時間を過ごしても
交わした言葉すら 受け取る意味が違って
同じ場所にいても 全く違う風景を見ているのだろう

君と僕のかたわらにあるのが
溶けあうような沈黙だったとしても
穏やかに 寄りそいながら笑っていたい

せめて 声を出せる日は
ささやくような 優しい挨拶を君に贈ろう

PageTop▲

昼寝 

お題からのツイノベ風のSS集

 ポカポカした春の陽気。
 日差しも気温も昼寝にちょうどいい。
 ゴロ寝座布団を持ち出して、昼寝時間としゃれこんだ。
 日焼けが嫌で、縁側にうつ伏せに転がる。
 差し込んでくる日差しが、ほどよいぬくもりをくれるから、あっという間にウトウトし始める。
 と、その時。
 ポカポカ気持ち良くなったのを見計らったように、肩甲骨の上にズシリとした重み。
 のしっとのしかかられて、目が覚めてしまった。
 忍び足で来たから背中に乗られるまで気がつかなかったけれど、俺の背中はベッドじゃない。
「どけよ」
 邪険に身体を揺らしたけれど、にゃ~と鳴く傍若無人なそいつは気にしない。
 悠々と毛繕いを始め、ついでのように俺の耳をなめた。
 はふ~んと生ぬるい欠伸をしてそのまま丸くなり、すぴすぴと規則的な寝息をたてはじめる。
 いかん、振り落とせるけど、良心が邪魔をする。
 耳にかかる寝息と、ふわふわした毛がくすぐったい。
 おのれ、猫め。
 体重は軽いけど、安心しきって眠っている猫の信頼が重い。
 日なたの昼寝は動けない。

PageTop▲

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました