虹猫椿

まったり恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。お気軽にどうぞ♪

かば焼きジューシー 

腹ペコのその時に

 照りつける太陽。
 ジリジリと焦げるような日差し。
 すっかり夏である。
 当たり前と言えば当たり前だけれど、あまりに暑すぎるので脳みそまでとろけそうだ。
 気温三十度までは耐えられるけれど、それ以上は「神様、あんまりだ」とごねたくなる。
 だってさ……だって屋外はさ、アスファルトが日光でフライパン並みに熱せられているから、体温より気温が高いんだもーん!

 と、いうことで。
 すっかりエアコンの虜でいる今日この頃♪
 すごいね、文明!
 誰が発明したか知らないけれど、おかげで生きていける♪

 少し冷静さを取り戻すと、巷にはかば焼きがあふれていた。
 スーパーに行ってもコンビニに行っても、土用の丑の日にウナギを! と美味しそうな写真付きの注文用紙が貼られている。
 こんがり焼かれた肉厚のウナギに、たっぷりのタレかからみ、山椒の香りがふわんとしたら、夏のお疲れも逃げていくだろうか?

 でも、ウナギ。お財布には優しくない。
 むしろ厳しい。お財布に冷気を呼び込むような値段。
 一年に一度だから思いきろうか、それともぐっと我慢をして……なんてグダグダと悩んでいたけれど。

 電波の海を越えてやってきたのはタレ丼情報!
 ええやん、炊き立てご飯とタレのコラボ♪
 味の基本は同じだし、ウナギはなくてもタレがからんだご飯って美味しいよね♪
 これに刻みのりや小口切りのネギを乗っけて、ちょっと山椒でも振れば贅沢じゃね?
 思いたったらスーパーにゴー!

 かば焼きのタレって作れるけど買います。こんなに暑い気温の中で煮詰める作業なんかしたくないから、お財布に多少ダメージを与えても自分に優しく過ごします。
 僕の行きつけのスーパーには、かば焼きのタレが魚コーナーに置いてあります。
 今日のお勧めの魚の上に、タレはたいてい並べてあります。

 最近暑いのでお勧めコーナーには、ちゃんとウナギが鎮座していました。
 その隣にはイワシ。
 あ、これ、作戦だなって思いましたね。
 ウナギは高いけど、かば焼きは夏にピッタリよね~と思う奥様方のハートを、イワシならお財布に優しいわねって、持っていくなんてやっぱり商売上手だ。
 こういうときは、まんまとのせられるのが賢いのだと思う。(え?
 だって、目玉商品は値段がいつもよりやすいし。
 素直にかば焼きのタレとイワシをゲット♪

 イワシのかば焼きって、作るの簡単なんだよ!
 お魚は処理が大変~って敬遠されがちだけど、イワシは手だけで簡単に開けるからお勧めです。
 指を背骨に這わせながら、ミチミチッとはがしていく感覚ははまります。
 開いて骨を取った後で、小麦粉か片栗粉をまぶします。
(僕はタレを煮詰める際の時短を狙って片栗粉を使います)

 フライパンに入れて皮から焼き、焼き色がついたら裏返します。
 八割がた火が通ったら、タレを入れてに詰めながら加熱。
 あっという間にでき上がり~♪

 ご飯にのせてもいいし、レタスやトマトのサラダとお皿に盛り付けてもいいし、イワシのかば焼きもジューシー♪
 美味しく食べて疲れやバテを吹き飛ばし、夏を乗り切るのだー!
スポンサーサイト

PageTop▲

コトコト・紅茶煮 

腹ペコのその時に

 すっかり夏ですね。
 毎日暑いですね。蒸し暑さが半端ないので、ぐったり時間が増えてます。
 台所での調理は炎との戦いに思えるぐらい、過酷な時間になってしまいますね。
 なんとかして、炎との対決を短くしたいものだ!
 と、思いながらも、たまに炎と戦ってもいいから食べたくなるものがあるんだな。

 その代表が紅茶煮。
 紅茶でお肉を煮るだけなので、あっさりさっぱりしているしとても食べやすい。
 豚さんの出番が多いけれど鶏肉もおいしいです。

 まず、肉に塩・胡椒で下味をつけ、お鍋にたっぷりのお湯を沸かします。
(ゆでるときに肉が隠れるぐらいの量を目安に)
 沸騰したら紅茶のティーパックを放り込んで、二~三分蒸らします。

 ティーパックを取り出し、肉を入れて塩で味を調え火にかけます。
 沸騰したら弱火にして、アクを取りながらじっくり煮ます。
 肉と一緒にしょうがスライスやローリエを入れるのもいいですね。
 煮る時間の大体の目安ですが、豚の塊肉だと四〇分ぐらい。鳥の胸肉だと十五分ぐらいかなぁ。
 芯まで火が通ったら火を止めて、煮汁の中で冷まします。
 僕はこの時ゆで卵を入れて、ついでに紅茶卵も作ります。
 そして、食べる前に薄くカットして盛りつけて完成♪

 砂糖・酢・みりんでソースを作る事もありますが、面倒くさい(あ!)ときはポン酢で食べます。

 弱火で煮込むので暑いですが、食べるときは冷めてるし紅茶の香りや風味がふわっとして、もてなし料理にも良いかもしれませんね♪
 そうそう、一度火を止めて紅茶を蒸らしたりしない人もいますよ。
 沸騰したお湯にお肉とティーパックをそのまま入れて、再沸騰したらとりだすだけ。
 ちょっとした手間なので、そこは人それぞれかなぁ。
 そして、紅茶で煮る事が多いけれど、ウーロン茶でも美味しいと思う。
(まだ未挑戦)

 さっぱりしているので、肉料理でも年齢は選ばないですね。
 ちなみに、僕のパパや甥っ子たちははこれを見た時。
 めちゃくちゃ喜んで「チャーシュー!」の叫びをあげたけど、食べて不思議―な表情になってました(笑)
 くっくっくw こってりじゃなくてごめんね♪

 レタスやトマトのサラダの上に乗っけて、ドレッシングで食べてもいいかもなーなんて思ってます。
 バランス良く食べながら、夏バテ知らずで夏を乗り切りたいな。

PageTop▲

ボタンのこと 

短編集 ふんわりと

「珍しいボタンが手に入ったんよ、帰ってきんしゃい」
 なまりのある祖母の電話に誘われて、休暇を取った私は新幹線に飛び乗った。

 何年振りだろう?
 父に勘当されて以来の帰省になる。
 行くのは祖母の家だから、実家を素通りにする後ろめたさはあるものの、ケンカ覚悟で乗り込む勇気もない。
 本当なら、こうして帰省することそのものが親不幸かもしれないけれど。
 ファッションデザイナーとして採用された私は次の企画の目玉をと尋ねられた時、幼いころからなじみのある木彫りを思い出した。
 私の故郷は木工の里として有名なのだ。
 冬物の提案に木彫りのボタンは魅力だ。
 職人の手彫り細工なら大きな売りになるだろう。

 だけど祖母の家にたどりつき引き戸を開けたとたん、自分の思い違いに気付いた。
 酒と味噌の美味しそうな匂いが鼻孔をくすぐってくる。
 ほのかにニンニクの匂いもするから、これは間違いなくボタン違いだ。

「遅かったんね」
 奥から出てきた祖母の手には白菜がある。
「ばあちゃん、ボタンってボタン鍋?」
 夏なのに、と思いながら確認すると、祖母は「他に何があるね?」と笑った。
「氷室開きやったんよ。はよ、手を洗いんしゃい」

 やられた。とはいえ、勘違いしていたからサヨナラって、すぐ帰るわけにはいかない。
 家の奥からは、ばあちゃん以外の声も響いてくるから、柄にもなく緊張しそうだった。
 家族に会うだけなのに、このいたたまれなさはどうしてだろう?

 ため息をつきながら覚悟を決めて中に入ると、母や弟たちがいた。顔を合わせるのも、私がデザイン学校に入学したくて家を飛び出して以来だから、本当に久しぶりだ。
 かける言葉に迷うし、何年ぶりだろう? なんて考える暇もなく、上座に座らされる。

 気まずい。
 私が入ったとたん、黙りこむのはやめてほしい。
 そして父の姿はない。
 ポツンとあいたガランドウみたいな空席が、啖呵を切って飛び出したことを思い出させた。
 当たり前なんだけど、実際目にすると当たり前にするには重くてしかたない。
 にぎやかなのは食卓の真ん中でグツグツと音をたてる土鍋だけだ。

「ちょうど食べ頃やねぇ」
 ソワソワと腰が浮いて逃げたくなったけれど、ちんまりと座った祖母が土鍋の蓋を取る。
「ほらほら、みんな食べんしゃい」
 銘々皿に取り分けて配る祖母があんまり普通だから、フッと肩から力が抜けていく。
「ほんま、ばあちゃんには敵わんなぁ」
 パクリと大きな口を開けて肉をほおばる。
 やわらかい。肉の甘みとともに、ニンニクの利いた味噌の風味が口の中に広がっていく。

「美味しい!」
 思わずこぼれた言葉に、漂っていた気まずい空気が溶けていく。
 うだるような暑さにたまっていた夏の疲れも一緒に薄らいだ。

 ほんまやと笑いあいながら、弟たちは自分の事を話しだした。
 高校生だったはずの弟たちが就職を決めたと報告するので、私だけタイムワープしてしまったみたいな不思議な気分だ。
 そうかそうかと話を聞いて、ほんで姉ちゃんは? と振られ、テヘヘと笑うしかない。

「今回はばあちゃんにしてやられたよ。冬物企画だからボタン鍋は景気付けにちょうどいいけどね」
 木彫りのボタンをポイントにしたコートやポンチョを提案しようと思っていた事を話すと、弟たちは顔を見合わせた。

「それなら、父ちゃんに頼めばいいのに」
 弟が「あの人、職人やん」と簡単に言うので、私は肩をすくめた。
「二度とうちの敷居をまたぐなって湯呑み投げた人やもん。洋装の話はするなって」
 柘植や桜で櫛を作る職人だから、和装にこだわるのもわかるんだけどね。それに地元の公務員として勤めてほしくて、それなりのレールを作っていたのもわかっているけど。
 洋服デザイナーとしての私は、父の思い描いた「理想の娘」ではない。娘とはいえ頼みごとをしないだけの分別は持ち合わせていた。

「父ちゃんとあんたのことはどーでもいいけど、ばあちゃんにしか連絡せんていかんよ」
 急に割り込んできた母が「さみしいわ」と言って、プッとむくれた。
 再び濁りかけた空気がそれで遠くに飛んでしまったけれど、子供みたいな拗ねかたをしている。
 親子の断絶がどうでもいいんか? とあきれたところで、ガラリと玄関の引き戸があく音がする。

 ドスドスと荒い足音が近づいてくる。
 もしかして、と思うよりも早く父が現れた。
 ドカリと空いていた席に座り、目も合わさない。
 だけど、ホレ! とばかりに勢いよく、小箱を私に差し出した。

 父はずっと無言だったけれど、その中身がなにか予感めいたものがあって、私は震える手で受け取った。
 そっと蓋を開けると、やわらかな彫りたての木の匂いがした。
 大小さまざまな花を模した手彫りのボタンが、箱の中であでやかに花開いていた。
 中でも特に見事なのが大きな牡丹の花。
 ああ、やっぱり。なんて流す事も出来ない美しい細工物。

 言葉もなく見入っていたら、横を向いたまま父が言った。
「変な気を回すんじゃねぇ。こんくらいいつでも作っちゃる。お前も職人の一人になるんやけ、半端な仕事をしたらわしが許さんぞ」
 そして思い切ったように顔を上げると、ヒタと私を見すえた。 

「いつでも帰ってこい。お前の部屋はそのままにしとる。待っとるけん」

 父は不器用に横を向いたけれど、私は胸が詰まってしまって言葉が出てこない。
 父の頭をなでながら「ええ子や」と見守っていた祖母が笑った。
 ヨシヨシとまるで幼い子供のような扱いだ。
「この歳になってまで、子供あつかいか」
「いくつになっても、お前の母ちゃんやけん」
 朗らかに笑う祖母につられたのか、ふてくされ気味だった父も声を出して笑いだす。
 つられたのか、ふふふと母が笑いはじめ、弟までコロコロと笑いだした。

 凍っていた家族の時間が、ゆるゆると溶けていく。
 心の氷室も開くように、熱い鍋をほおばった。

「ありがとう」の言葉しか浮かばなくて、私もいつのまにか笑っていた。
 酒と味噌で煮込んだやわらかなボタンが、私たち家族の新たなスタートボタンになる。

PageTop▲

キスまでのカウントダウン 

短編集 恋の卵

「誕生日プレゼント、何がいい?」
 ヒロ君の優しい声にうながされた時、思わず口から出そうになった言葉が唐突すぎて、自分自身が驚いてしまった。
 だって、キスしたい、なんて。
 下校時間の教室に同級生がいる中で言い出せるはずもなく、思考ごとフリーズし口ごもったままうつむいてしまう。
 どうしよう……声には出していないけど、無意識に浮かんだお願いが恥ずかしすぎる。

 キス、なんて。
 お付き合いをしているから別におかしくはないけど、まだ早い気がする。
 ヒロ君と私は付き合い始めたばかりで、告白してOKの返事をもらってから、まだ二週間しかたっていないのだ。
 それとも、もう二週間もたっているのに、手をつないだ事もないって、進展が遅すぎるのだろうか?

 なにより。
 私から「好き」って言ったけど、ヒロ君から「好き」って言われた事もない。
 ストレートに、私の事ってどう思ってる? なんて問いかけられるわけもなく、ずっと魚の小骨みたいに喉の奥で引っ掛かったままだ。
 自分一人で温めながらふくらんでいく好きと、ふたりでゆっくり育てていく好きって、同じ「好き」のはずなのに「好き」の向かう方向が違いすぎて困る。

 ちょっぴり不安だから、キスしたいとか。
 もっとヒロ君に近づきたいから、キスしたいとか。
 言葉よりも「好き」が伝わりそうだから、キスしたいとか。
 触れることでわかる事もありそうな気がするから、キスしたいとか。
 理由はいろいろあるけど、いきなり「キスしたい」なんて言えるはずもなくて。

 ずっと遠くから見つめていた人がすぐ側にいるなんて、それだけで嬉しいけどどうしていいかわからない。
 うまく話そうとか、ちゃんと笑わなきゃと思えば思うほど、手のひらにじっとり汗をかいて何も言えなくなってしまう。
 このままじゃ、つまらない子だって思われてしまうかもしれない。

 不自然にモジモジして挙動不審になっていたら、ヒロ君がスッと身をかがめてきた。
「どした?」
 顔をのぞかれて、ひゃぅ! と変な声が出てしまった。
 冷や汗が出てくるし、心臓が異様に早くなるし、目の前が真っ白になりそうで、どうしていいかわからない。
 絶対、変な子だとだと思われた。

「あの! また、明日までに考えとく!」
 じゃぁね、と走り去ろうとしたんだけど、足がもつれてからまってしまう。
 床に転がりそうになったところで、二の腕をつかまれた。
 ひょいっと軽々とヒロ君は私を引き寄せて立たせると、プッと遠慮なく吹き出す。
「ほんと、理沙ちゃんって面白いよな」
 あははって楽しそうな笑い声が、ザクザクと私の気持ちを突き刺していくのが悲しい。
 恋の相手から、いつの間にかお笑い担当になっているのかもしれない。
 思いきり肩を落としていたら、ひとしきり笑った後でヒロ君はポンポンと私の頭を軽く叩いた。

「慌てなくていいよ。そういうとこ、好きだから」

 思わず見上げたら、ヒロ君は真顔だった。
 今まで見た事もないような真面目な表情から目が離せない。
 私のこと好きって初めて言われた事に気がついて、自然に息が詰まる。
 反応の仕方がわからなくてドギマギしていたら、伸びてきたヒロ君の手が私の頬に触れた。
 壊れ物を触るような優しい動きに、ドクドクと激しく動きすぎて心臓が壊れそうになる。

「今度、恋人らしい事しようか?」
 恋人らしい事って? なんて聞き返す前に、ヒロ君の人差し指が私の唇に触れた。
 長い人差し指がゆっくりと唇の輪郭をなぞるから、背筋がゾクゾクして気が遠くなる。
 今日はお預けって少し残念そうにつぶやいて、名残惜しそうな動きでヒロ君の指が離れていく。

「だからね、リサちゃんが思ってるよりもずっと、俺は君の事が好きだから」

 当たり前のように言うと、フッと悪戯っぽくヒロ君は笑った。
 わざわざ私の目の前でチュッと音をたてながら、唇で自分の人差し指に触れた。

「間接キスだね」

 心臓が、止まるかと思った。
 そんなのひどい、と言っていいのか。
 そんなのずるい、と言っていいのか。
 恥ずかしすぎて、自分の気持ちがわからない。
 だけど、ハッキリしてる事もちゃんとあって。

「私も、ヒロ君の事、好きだから」

 一緒に帰ろうねと言って歩き出したヒロ君の服の裾を、キュッとつかんで引き止める。
 ちょっとビックリした顔をして、それから嬉しそうにヒロ君は笑った。
 目元や頬がほんのり赤くて、照れてるんだなってわかる。
 あのね、と続けようとして、ふと気がついた。
 チクチクと刺さるような視線を感じる。
 ソロリとその方向に視線をやると、教室に残っていた同級生たちがわざとらしく横を向いた。
 不自然な沈黙が痛い。

 いたたまれない気持ちで一人焦っていたら、帰ろ、と言ってヒロ君は私のカバンも持ってさっさと歩き出した。
 急いでその背中を追いかける。
 靴を履いて、玄関を抜けると、それまで急ぎ足だったテル君が振り向いて、ふわっと笑った。

「今度、ふたりきりの時に恋人らしい事しようね」
 その声があまりに優しくて、声が出なくなる。
 恋人らしいことって? って聞き返したいけどうまく言えなくてモジモジしていたら、ハハッとヒロ君は声を出して笑った。

「大丈夫、俺、我慢強いほうだから、ステップ踏むのも急がない」
 ゆっくりじっくり教えてあげるね、なんて艶のある表情のまま。
 思わせぶりに微笑んでくるから、私は赤くなることしかできない。
 どこまでも、ヒロ君にはかなわない気がする。

 たぶん、きっと。
 こうして交わす言葉のひ2とつひとつが、キスまでのカウントダウン。

PageTop▲

ニンニン・にんにく♪ 

腹ペコのその時に

とうとう来たね、この時期が♪
実家から届いた野菜の中に、大量のニンニクがありました。
皮付き・茎付きの丸ごとニンニクなので、玉ねぎと同じように風通しの良い日陰につるしておいてもいいんだけどね。
僕の住んでいる場所はタオルハンガーが根元からへし折れるぐらい風通しがいいけど、住宅街だし気温が高くて保存に向かないんだよね。
と、いうことで。
冬眠前の動物さんのように保存食加工を推敲しました♪
保存食と言っても、ニンニクを醤油に漬け込むだけなんだけどね。

作り方はいたって単純。
熱湯消毒したガラス瓶に、皮をむいたニンニク(洗った後でしっかりと水気を切る)と醤油をいれて1カ月ぐらい待つだけ。
冷蔵庫で保管すれば一年ぐらいもつので、食べきった頃に次の旬がやってくる。
ニンニク醤油って作り方は簡単なくせに、利用レシピは幅広くあるので好きだ。
特ににんにく醤油で味付けしたチャーハンは香ばしくて美味しい♪
醤油だけ使えば香りと風味の濃い調味料だし、醤油ニンニクを刻んで肉と一緒に調理すれば夏のモリモリ・レシピになるのだ。
これね、スーパーで一玉だけ買って、ジャムの空きびんで少量だけ作る事も出来るから、食べきれる量で作れるのもいい。

そうそう、醤油でなくてオリーブオイルに漬け込んだガーリックオイルは、漬け込んだ翌日から使用できるそうですよ。
作ってる最中に思い出せば、ペペロンチーノも簡単にできたのに!
醤油漬けにしちゃったので今回は見送りだけど、今度はガーリックオイルを作るのだ☆

ニンニク醤油、漬け込んだばかりなので食べ始めは8月になるけれど、完成が楽しみ~♪

PageTop▲

ゴーヤでハッピー♪ 

腹ペコのその時に

夏です。毎日暑いです。
まだ梅雨の最中のはずだけど、雨も少なく気温は高く。
今年の夏は灼熱温度の予感で、暑い以外の言葉がでなくなってしまいます。
アスファルトの照り返しがうだるような午後に、食べたくなるのはアレです。
ぐったりした身体にほろ苦さで渇を入れるような南国の味。
ゴーヤ。とにかくゴーヤ。こんなときはゴーヤに限る。

ゴーヤって、夏の暑さ疲れに対抗する栄養素が豊富らしいですね。
加熱しても壊れにくいビタミンCに、体内の余分な塩分を排出するカリウム、所十持つ繊維も豊富で腸の働きを活発化させるみたい。
それにプラスして、苦味成分の中に血圧や血糖値の上昇を抑える成分があったり、老化や動脈硬化を防ぐ酵素も併せ持っているらしい。
そういった難しい事はちょいと横に置いて、夏の定番にすれば元気維持できるぞーってそういう野菜がゴーヤなのだ。(と思っている)

そして、ゴーヤの苦味に慣れてくると。
ゴーヤが食べたいな、と思った日に天気予報を見れば、気温が30度を超えています。
カレンダーでは夏まっただ中でも、気温が30度以下だと欲しいとは思わないんだよね。
うん、食べたいもので気温がわかるって、身体は正直だ。
汗びっしょりになった暑い日はゴーヤの炒め物が食べたい!!

ゴーヤ料理は色々あるけど、出番が多いのは炒め物。
チャンプルーとして具だくさんもいいけど、シンプルに炒めるのも好きです。

作り方もとっても簡単。
材料は豚肉の細切れ肉と、ゴーヤ。それと鰹節。

ゴーヤを半分に切って白いワタを綺麗に取りのぞき、お好みの幅に切る。
(苦いのが苦手な人は1~2ミリ、苦味と歯ごたえを残したいなら人は5ミリくらい)

塩をまぶしてしばらく置いておき、水でさっと余分な塩分を流す
(した味もつくし、苦味も軽減するよ)

ごま油で豚肉をこんがりと炒め、ゴーヤを投入。

炒めてしんなりしてきたら、酒をふって塩・コショウで味を調える。
軽く醤油で香りづけしてもいいよ。
仕上げに鰹節をドバーっとかけて、それで出来上がり。

鰹節が多ければ多いほど、塩分は上がるけど風味も上がって美味しいと思う。
コツみたいなものは特にないけれど、ゴマ油が決め手かもしれない。
ゴマ油以外で炒めると、それほどウキウキしないんだよなーなぜだろう?

とにかく、夏はゴーヤ。
それにビールでもあったら、それだけでハッピー♪

PageTop▲

ちゃちゃっとお茶漬け 

腹ペコのその時に

ホカホカご飯にかけるだけ。
お弁当にもおにぎりにもお役立ち♪
そんなお手軽さでふりかけの出番は多いのだけど
お茶漬けの素って自分から買うことが少ないので、このところとんと御無沙汰でした。
が、現在、手もとに大量にあります。
葬儀用と初七日の籠盛りに入っていました~僕の住んでいる地域では果物がポピュラーだけど、今回はオリーブオイルや鰹節などもありまして。
ウキウキ盛りだくさんの中に、お茶漬けの素も入っていました。

鮭でしょ♪ シラスでしょ♪ 野沢菜に海苔~と盛りだくさん♪
保存もきくから毎日は食べませんが、それでもなんだか嬉しい~☆
ふふふん♪ お茶漬けってたまに食べるとすごくおいしいと思うのです。

子供のころはね、買ったお茶漬けの素ってわりと御馳走で。
9人家族の頃は一人一袋ないから、ドンブリか何かで作った味の薄―いお茶漬け(2人分)を子供三人でわけたりなんかして。
細っこいアラレのカリカリがふにゃってなるのが面白かったですね。
曽祖母が作ったほうじ茶か煎茶の香りがブワーッて香る中、淹れたてのお茶は熱いけどご飯粒がふやける前に食べていたのが懐かしい。

と、まぁ。ここまでは懐かしい話なんだけど。
成人してから「正しいお茶漬けの素」の食べ方を知りました。
お茶漬けの袋に丁寧に記載されています。

「お茶碗に軽く一杯のご飯(80g)に本品をかけ、熱いお湯(120ml)を注いでお召し上がりください」

注ぐのは「熱いお湯」に指定されている。
お湯以外は間違いなのだ……今までお茶漬けの味だと信じていたものは、企業が提供している味を裏切っていた現実。
いや、別に驚く事じゃないけどさ。
数年前に気がついたとき、嘘ぉ! と思ったのだよ。
お茶漬けって言うから、何の疑いもなく子供の頃からお茶を注いでいたのに、お湯が正しかったのか……知らなかったとはいえ、なんてことだw
うん、疑いを持ってちゃんと「お召し上がり方」を見てさえいれば、とっくに気付いていた事なんだよね。
思い込みって怖いな~まぁ、ほうじ茶や煎茶でも美味しいけどさ。
成人してしばらくも「お召し上がり方」がある事に気がついてなかったのは内緒(笑

今まで間違えていた事がなんとなく悔しいので、今、正しくお湯を注いだ後でちょい足しを楽しんでいます。
海苔とか、ワサビとか、ネギとか。
足しすぎちゃうと別のものになっちゃうので、ほどほどにしながら。
お茶漬けライフも良きものなのだ~♪

PageTop▲

ザクザクしたアレ 

腹ペコのその時に

 夏が来れば思い出す。
 曽祖母が良く作ってくれた、名前のない料理。
 ひねりも何もなく、僕の家では「ザクザクしたアレ」と呼んでいた。

 作り方はとっても簡単。
 良く冷やした夏野菜を、五ミリ角ぐらいに荒みじん切りにして、醤油・酒・みりん・ごま油と混ぜ合わせ、コーヒーの空き瓶につめて冷蔵庫の中に一晩ぐらい置いておく。
 それで完成。

 夏野菜の種類は特に決まっていないけれど、刻んですぐに食べられる野菜だった。
 多かったのは、キュウリとトマト、ミョウガや青紫蘇が入ってもおいしい。
 新玉ねぎもいい感じで、人参は好みがあった気がする。
 味付けも適当で、2~3倍の麺つゆで代用する日もあれば、醤油を薄めにして塩コンブが入っているときもあった。

 そのまま食べてもいいけれど、冷奴の上にのせたり、そうめんなどの上にのせたり、ご飯の上にのせてもさらっとヒンヤリした食感が、夏のうだるような暑さでばてた身体にも優しい。
 ヒンヤリ感と、しょっぱさと、ゴマ油の芳ばしい香りが、夏バテにはちょうどいいんだよね。
 朝ご飯の後に仕込んでおいて晩御飯にちょいと出すだけなので、毎週食卓にその姿があった気がする。

 しょっちゅう食べていたのだけれど名前が「ザクザクしたアレ」という適当さで、他の家でも食べているのかしら~? なんて思っていたのですが。
 なんと! 山形の郷土料理に似たお料理がありました~すごい!
 僕の家は西日本なのに!!

 その名も「山形のだし」
 ゴマ油は入ってないし、ナスを使った事もないから全く同じではないけどね。
 即席の漬物に分類されるのか~なんて感動しつつ、遠く離れた場所で似た感じの食文化ができ上がっていると思うと、そこはかとなく感動したのである。
 それに「ザクザクしたアレ」と呼ぶより、山形のだしって通りが良い気がする。
 あ、でもゴマ油のあるなしは食べ物としての差が大きいかなぁ……これからは「ひいばあちゃんのだし」とでも呼ぼうかな♪

PageTop▲

すっぱレモン 

腹ペコのその時に

私事で更新ができないうちに、あっという間に夏が来てしまった。
今、何月だ?
な~んて思っても仕方ないぐらい、今年の梅雨は暑いー!
僕はもう夏が苦手で、ほんとにダメなんだー!!
梅雨なのに、梅雨入り宣言してから雨が降った日はたった一日……身体がばてる。
急に暑くなると汗をかきにくい冬しようの身体のままで、熱体制ができる前に熱中症になりそうで怖い。
かといって、スポーツドリンク系は飲みすぎると太るし。←そこ?
(塩分や糖分過多になるんだよな~カロリーオーバーは当然だし)
お茶や水を飲みすぎると体内の成分が放出されすぎるし、水中毒も怖い……胃酸が薄まって胃がもたもたするのも苦手。

ということで。
レモン水ならぬ、レモン茶を良く飲みます。
麦茶やハーブティーにレモン果汁を適当に入れるだけ。
ほんとはレモンの輪切りを入れたらおシャレなんだけど、そこまではしない。
スーパーに行くと確実に置いてあるポッカ○モンをチューッと投入♪
これ、意外と身体の中からスッキリします。
レモンティーがあるぐらいだから、麦茶もいけるんじゃね? と思って入れてみたら、それほど変じゃなかった。

真夏の暑い日。
曽祖母は淹れたてのほうじ茶に梅干しを入れて出してくれた記憶があるなぁ~なんて思いつつ。
梅は酸っぱさの調整が難しい……丸ごと一個投入するしかない!
梅干しは酸っぱいよー思い出しただけでも口の中が酸っぱいよー好きだけど(笑

良いよ、レモン。夏の疲れに最適♪
それに柑橘系はもともと好きなのだ(笑
レモン味は自分のお好みにスッパ調整できてお勧めです♪

PageTop▲

消しゴム(その2) 

短編集 ふんわりと

 木炭で描きだした草原。
 黒一色の世界を切り裂く白は、パクリとあいた心の傷に似ている。
 一年前、消しゴムで僕自身が白く傷つけた。
 長い間放置していた傷と、僕は向かい合う。 
 ひと筆ひと筆、手当てするように僕の一番得意な油絵で、キャンパスに色をのせていく。
 無言のまま筆をすすめる僕の横に、シオンもまた無言で立っていた。
 それが最初は気に障って仕方なかった。
 シオンと初めて会ったのは一年前。
 突然、祖父の遺言を携えて現れたのだ。
 両親が早くに亡くなってしまってから、僕はずっと天涯孤独だと思っていた。
 駆け落ちした両親は親族すべてと縁を切って暮らしていたから、肉親が存在するなんて僕自身思いもよらなかった。
 突然のように祖父の存在を知らされ驚いたし、すでに亡くなったと聞かされて戸惑う僕にシオンから渡されたのは相続の書類だった。
 僕は条件を了承することだけを求められた。
「祖父が指定した場所の絵をすべて僕自身の手で描き、シオンの所有を引き継ぐこと」
 そんな条件を示され、初めて目の前にいる女性は支援アンドロイドだと知った。
 実際に目にする機会は少ないけれど、富裕層では所持者も多く、秘書的作業や介護、家事の切り盛りまで能力は多彩である。
 面倒なのは指定された場所が十か所以上あったことだろうか。祖父の裕福な暮らしを示すように、世界を巡るに等しい土地ばかり。
 何カ月かかるかわからない旅程も、企業に勤めていない僕には難しい相談ではなかった。
 そもそも僕は売れない絵描きなのだ。
 遺産という先払いで、旅費も代金も保障されている、絵を描く旅が始まった。
 シオンは優秀だった。通訳も手続きもシオンがいれば事足りる。
 だけど次第に、僕の心はささくれていった。
 どんな絵を描いても、シオンには心がない。
 木炭だけのただのデッサンでも、やわらかな色彩のパステルでも、重厚な油絵でも、シオンにとっては一枚の絵にカウントされる。
 三十分で書きあげた作品も、一カ月かけた作品も、全く同じただの絵だった。
 消しゴムの一閃で台無しにしても、完成した一枚の絵として数えられてしまう。
 どれほど時間をかけ心をこめて描いても、意味がない。独りの現実に激情が吹き出した。
「受け取る相手のいない絵を描くしかない、僕の気持ちをどうしろというんだ!」
 返って来たのは、「相続放棄の手続きをされますか?」の冷たい一言だったけれど。
 僕が欲しい言葉は永遠に手に入らない。
 僕にはシオンがわからない。
 シオンを遺した祖父は、もっとわからない。
 血が繋がっていたとしても他人と同じだ。
 祖母の姿にカスタマイズされていると知ってからは、孤独感が上乗せされた。
 けれど。半年もすればわかることがある。
 祖父の事を聞けば、無機質に教えてくれた。
 好んだ食べ物。ソックスを嫌い足袋をはいていたこと。こだわりの綿の肌着があって、いつも取り寄せていたこと。
 語られるすべてはありのままで、シオンの感情が削られているから、祖父が近くなる。
 胸の胸ポケットにいれた携帯ポートレートには、生まれたばかりの母を抱く祖父母と、僕を抱く両親の写真をいつもいれていたこと。
 見たいと言えば、あっさり僕にくれた。
 望むまで渡すなと言われていたそうだ。
 泣きたくなるぐらい、写真は色あせている。
 何度も何度も開いていたのだろう。ずいぶん携帯ポートレートはくたびれていた。
 僕らを探しだすくらい、簡単だったろうに。
 ほんの少しだけ、依怙地で素直になれなかった祖父のことがわかった気がした。祖父も僕等と「家族の時間」を共有したかったのだ。
 僕は描く。祖父が夢見た家族のいる風景を。
 笑っている母。照れくさそうな父。
 微笑んでいる祖母。厳めしい顔の祖父。
 もういない家族を前に、僕は「動かないように」と注文をつける難しい顔で、家族の肖像をキャンパスの中でも描いていた。
「シオン、頼みがある」
 僕はキャンパスに色をのせながら、かたわらのシオンに声をかける。
 人の死は二度あると聞く。
「いつか僕がこの世をおさらばしても、僕の家族の事を覚えておいてほしい」
 ハイとシオンはうなずいた。
「私の機能が停止するまで、今日までの事も、明日からの事も、記録し続けます」
 記憶ではなく記録なのが彼女らしかった。
「ありがとう」
 キャンパスの中でイーゼルに向かう僕の横に、ひっそりと立つシオンの姿も描いた。
 草原の緑。向日葵の黄。立葵の赤。雲の白は、消しゴムの白よりもはるかにまぶしい。
 なによりも美しく広がるのは、夏の青い空。

PageTop▲

Menu

プロフィール

猫乃あお

Author:猫乃あお
はじめまして!
基本はほっこりで、自分ペースで楽しんでいます♪
恋愛・日常・友情などをテーマにした、オリジナル小説や詩も掲載しています。
著作権は放棄していません。
※無断転載・無断引用を固く禁じます。

最新記事

つぶやきブログ

詩・小説部門で参加中

お気に入りの作品がありましたらポチッとお願いします♪

FC2Blog Ranking

FC2掲示板

にほんブログ村に参加しています

気に入った作品があればポチッと押してくださいね♪

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルファポリスに登録しました